■2013-10_HGAB ダンバイン (for AB祭)

2013年12月30日 (月)

HGAB DUNBINE (for AB祭) [Finish]

長かった(というか、長いだけでグダグダやった)ダンバインも今回で最終投稿です。

Hgab_dunbine_00_bustup 実家に戻ってきて写真撮りましたが、余りの汚さ
に吐きそうです(;´Д`)。
まずはバストアップから。








Hgab_dunbine_01_leftfront 左前面
■工作
①オーラコンバーターを大型化
②腕の袖口や脚部の裾口の形状変更
③脚部のくびれを太く
④肩口、脚付け根のイボイボの角取り
⑤鳥脚をエポパテで作り直し
⑥脹脛背面のダルダルなビラビラをプラ板
 で作り直し・・ましたが自作パーツの精度
 も五十歩百歩っつうね・・・(;´Д`)
小改造でできるだけアニメ設定画に寄せようとしましたが、
キットがスレンダーなので、根本的に寄せるには全体的に
背を縮めないといけないですね・・・







Hgab_dunbine_02_rightrear 右背面
■塗装、仕上げ
凡例:(G)ガイアノーツさん、(C)クレオスさん、
(T)タミヤさん

今回はじめて「大理石塗装」という技法に挑戦しました。

下地1:(C)Mr.サーフェイサー1000
 +(G)サーフェイサーEVO黒
下地2:(C)ヘンプBS4800/10B21で全面塗装後、
(G)マスキングコートRで部分マスキングし、上から
(G)ニュートラルグレーⅠ、Ⅲ、Ⅳをランダムに吹付け後、
マスキングコートをはがしました。







Hgab_dunbine_03_leftrear 左背面
■塗装、仕上げ(続き)
上地:(C)明灰白色を吹いてはクシャクシャにまるめた
ラップで塗面をトントン叩くのを、大理石にみえるように
なるまで繰り返しました。

仕上げ:(G)EXクリア(光沢)













Hgab_dunbine_04_rightfront 右前面
■塗装、仕上げ(続き)
白:(G)ニュートラルグレーⅠ
グリーン:(G)暗緑色に(C)ブラックを適用混色
金:(T)アクリルとエナメルのゴールドリーフを使い分け
羽根:節はプライマーZそのまま。
羽根部分は(C)クリスタルカラーのムーンストーンパール。













Hgab_dunbine_05_bustup2 締切のあるコンペであるにも関わらず、途中でキットは
変更するわ、締切は破るわで、主催のかずをさんや
参加者の皆様、大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m。

また、最初はあれだけ作りたいと思っていたABでしたが、
途中一向にモチベが上がらない状態で、工作、塗装とも
に「雑」の一言に尽きる作品となり、お恥ずかしい限りです。




年末~年始にかけて、もう1作グダグダのが上がる予定ですが、次からは頑張ります(反省なしw

| | コメント (3)

2013年12月26日 (木)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (21)

日が変わって昨晩の作業です。結果的には「完成」となりました
・・・といいますのも・・・

2013122501_hgab_dunbine_wing1 羽根ですが、何も考えずプライマーZを吹いた後、
太い節の部分にマスキングコートRを塗布。
羽根はMr.クリスタルカラーのムーンストーン
パールで塗装しました。
これがデスクライトを灯したときです。よく観ると
微かにキラキラ感がありますが、塗装直後ほど
のキラキラ感がないんですよね。
これで5度程度塗り重ねてます。


2013122502_hgab_dunbine_wing2 そしてデスクライトを消したとき。ちょっと透けてる
黒って感じで、キラキラ感全くなし(;´Д` )。
プランではこの上からいろんな色のクリアカラーを
吹くつもりだったのですが、キラキラ感がないまま
吹いても「昆虫の羽根」感がでないと思い、これで
やめることにしました。
本体のカラースキーム的にはこれでもおかしくは
ないと思ったことも理由の一つです。


2013122503_hgab_dunbine_front 今日はゴム関節部分もつや消しクリアを吹き
終わったので、数時間乾燥を待った後で
組み上げました。
クリアランスを考えていなかったので、剣の鞘を
コンバーターサイドのラックに納めるときに、
塗装がはげないかヒヤヒヤもんでしたが、無事
はげませんでした(-o-;)。

最後の最後で大ポカをやっていたのが、胴体と
コンバータの接続部分。延長のためにサイドと
中央を分割したのが災いし、ヤスリで削った分
中央の板の幅が目減り、胴体との接続
アーム間の幅<胴体の受けダボ穴となって
しまっておりました。アホや・・・




苦肉の策として、アーム側のダボを切り、ピンバイスで開口後、1.5mmのアルミ
線を立てました。
アルミ線間の幅≒胴体の受けダボ穴となるよう、ハの字にすることで、無理やり
コンバーターを接続するような形になっています。
横からじーーーーーーーーーっと覗くと、コンバーターのアームが浮いてるのが
みっともねぇ・・('A`)。

後は投稿写真を撮って、主催のかずをさんに送ることになりますが、フォトラを
使いたいので、年末の帰省時に撮影したいと思います。
もう少しだけお付き合い頂けましたら幸いです。

| | コメント (0)

2013年12月25日 (水)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (20)

この週末から昨日にかけて、プラモ関係のイベントが多かったのですが、
ちゃんとこいつの塗装も進めていましたよん♪

12/20金:脚の爪をガイアさんのニュートラルグレーⅠで塗装。それと
ゴム製の手や関節を光沢クリアでコートしました。

12/21土:オフ会にて、掌、脚の節、コクピットのふた、肘関節をガイア
さんの暗緑色で塗装したのですが、思った以上に明るかったので、
ブラックを追加して再塗装。いい感じになったと思います。

12/22日:体の各部にある少し太めの凹モールドをタミヤさんのエナメル
のオリーブドラブで塗装。また、肩や太ももにあるイボイボ、眼をアクリル
のゴールドリーフで塗装しました。

今回罠だったのがアクリルのゴールドリーフ。「ラッカーの上からの塗装
やから薄め液で拭き取れるやろ」とたかをくくっていたのですが・・・
マスキングせずに吹いた頭部のV字マークのはみ出し部分をなんぼ
吹いても除去できるどころか、どんどんラメが広がる始末(;´Д` )。
おまけにラッカー部分が溶け出したように見受けられたので、ドボンして
大理石塗装からやり直しました('A`)。

光沢クリアでコートしていたにもかかわらずラメが残ったのが平滑性の
問題なのか、それともアクリルの侵食力の影響なのか、正直よく分かり
ませんが、今後アクリル塗装する際は気をつけようと思います。

12/23月:凸凹さんのクリパ前にベランダ塗装。ソードの刃をガイアさんの
スターブライトシルバーで塗装。暗緑色+黒で塗装したゴム手を光沢
クリアでコートしました。シルバーの塗装はほんま毎度苦戦しますわ。
それとゴム関節にエナメルのレッドブラウンでスミ入れ。

2013122401_hgab_dunbine_painted ほんでもって昨晩の成果。
ヨドから到着したエナメルのゴールドリーフ
でエングレを筆塗装し、薄め液で拭き取り。
ハゲなくてよかった(-o-;)。
それとソードの基部のマスキングもれを
筆でリタッチ。暗緑色+黒はストックを作って
いなかったので、目分量で調色しました。



しかし最近は老眼になったのか、近くが見えにくくなってきました。
メガネはずして眼を凝らして面相筆でチマチマ塗ってたので、眼がめっちゃ
疲れました(*o*)。筆塗り名人のたまさんの気持ちがすげぇよく分かりますた。

---
今日はまた夜にゴム関節と脚の節・爪をつや消しコートしたいのですが、
果たして時間がとれるかなぁ・・・

そして問題の羽根。まだどんな色にするかのアイデアがねぇ・・・年末まで
にはなんとか仕上げたいのにぃ('A`)。

| | コメント (0)

2013年12月16日 (月)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (19)

いよいよ大詰め、土曜~日曜の成果です。

2013121401_hgab_dunbine_painted ゾルでマスキングしたヘンプの上から、ガイア
カラーのニュートラルグレーⅠ、Ⅲ、Ⅳをランダム
吹きつけ後、ゾルを剥がしました。

ゾルは剥がしにくく、ピンセットでつかもうとして
下地までモロだしになってしまう始末(;´Д` )。
セロテープなどを使うとはがし易いらしいとのこと
で、次回から気をつけよう・・・


2013121501_hgab_dunbine_painted この上からMr.カラーの明灰白色を吹き、乾く前に
ラップで塗装面をトントンしますと、ランダムな
模様になります。
おまけに乾燥前の塗料に含まれた溶剤分が
下地を溶かすので、更にランダムさに拍車をかけ、
大理石っぽい質感になるんです。




自分が考えたように書きましたが、ツイッターのフォロワーさんの技法そのまま
なんですw 考えた方はほんまにすごいですよね。

はじめてにしてはまあまあの出来かと思いますが、反省点も多数。
・さきほども書いた通り、ゾルはがしの際にプラ地肌までむき出しに・・・
・トントン具合が分からず、プラ地肌を出してしまうこと多数回。
・トントン具合によっては破れたラップがそのままついてしまったり、
余計なゴミまで塗装面につく始末('A`)。
・明灰白色の吹き重ねが足りなかったのか、下地のヘンプが結構
見えている。しかし吹きすぎるとただの明灰白色で塗装したのと
変わらない。塩梅がまだモノにできてない。

フォロワーさんの塗装面なんて、どこからみても「石」!ってくらい
すばらしいものなので、自分のは「なんちゃって安物大理石」ですねw

さて、いよいよ終わりが見えてきました♪細かい塗り分けをやって
来週末には完成・・・させたいなぁ(*´∀`*)。

| | コメント (0)

2013年12月12日 (木)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (18)

ダンバインの塗装、平日でも進められるところはドンドン進めたいと思います。
昨晩の作業です。

2013121103_masking_coat_r 日曜に買ってきた新兵器、ガイアノーツさんの
マスキングコートRです。

本当はグッスマさんのゾルが欲しかったのですが、
品切れだったため、ネットで評判を検索した上で
こちらをチョイス。
ちなみに某有名マテリアルメーカのゾルは色移り
が起こるそうです(;´Д` )。










2013121104_hgab_dunbine_masking 昨日塗装したヘンプの上からゾルをランダムに
塗り塗り。だからといって迷彩塗装をするわけ
では・・・といいつつ、これからやることは、広義
には迷彩に分類されるかもw






今日の夕方はジムでトレーニング、明日は会社の忘年会の予定ですので、
2日間プラモはお休み。週末が勝負です(`・ω・´)シャキーン

---
さてさて、最近購入した新兵器は他にも。

2013121105_citadel_newitem 先月ゲームズ・ワークショップさんから発売となった
シタデルのエフェクト用塗料三種。
左から地表のひび割れを表現できるアグレラン・アース、
経年劣化表現用のティファウス・コロージョン、
さび表現用のライザ・ラストです。






それぞれの活用例はゲームズ・ワークショップさんがYouTubeに動画をうpされています。
<アグレラン・アース>

<ティファウス・コロージョン>

<ライザ・ラスト>


どの塗料もおもしろい効果がでていますよね♪

特にライザ・ラストについては、モデスポ2013で荒木さんやあにさんに教わった
アクリルでの表現とどんな差異がでるのか楽しみにしています。

| | コメント (0)

2013年12月11日 (水)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (17)

日は変わって昨日の出来事・・・

2013121101_off ツヨさんの音頭で、夜に凸凹さんに参集しての
製作オフが開催されました。
ツヨさんのブログ友達で、関西に単身赴任
されていますあばさんにも合流頂きました♪

自分は製作ゾーンのほうにはチョコチョコ顔を
出しつつ、チャンスとばかりダンバインの塗装
の続きをさせて頂きました。


2013121102_hgab_dunbine_painted サフの上からMr.カラーのヘンプBS4800/10B21
を塗装。
こいつはまだ下地ですので、結構乱雑に塗り
ました。
さて、まだまだ下地塗装は続きますが、まずは
週末に向けて更なる仕掛けをほどこさねば。




22:00過ぎに製作会は終了。ちょうどお店にこられていたたけさんも一緒に
近所の炭火焼きの店でめし。やっぱオフ会はこれがないとね♪

自分はチャリで戻れるところに住んでいますが、皆さんは電車の時間もある
ので、23:00過ぎにはお開き。今日も楽しかったです。

| | コメント (0)

2013年12月 8日 (日)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (16)

午前中は梅ヨドへ。瞬着パテやダンバイン用の塗料など、マテリアルを購入。
午後からは凸凹さんで昨日の続き。

2013120801_hgab_dunbine_surfacer 昨日吹いた捨てサフのチェック。
結構傷残ってたり、みっともない箇所多数(;´Д` )。
オーラコンバータの再接着部分、脹脛とびらびら
境界、瞬着で埋めた部分など、工作した部分が
酷かったです。





ひたすら磨いては吹き、磨いては吹きの繰り返し。
最後まで手こずったのはビラビラ境界。昨日時点ではポン付けだったので、
それが目立つ目立つ('A`)。
昨日の夜に境界にエポパテ盛ったのですが、それがまた平滑でないという・・
なんとかマシにはなりましたが、精度低すぎますわ。

やっぱりやりたいものをやらないとモチベが上がらないですね。
やる前はABに興味津々だったのですが、ガンプラと勝手が違うことでこんな
にも苦痛になるとは・・・これ終わったらしばらくABはやらないと思います。

もう少し進めたかったのですが、今日は凸凹さんは造形製作会で19:00閉店。
無理をせずサフ吹いたとこで引き上げました。
今週も次の仕事が始まらないようなら、ツヨさんの号令に乗っかって火曜も
凸凹さんにお邪魔しようと思ってます。

| | コメント (0)

2013年12月 4日 (水)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (15)

コンバーターの表面処理の続きです。

2013120401_hgab_dunbine_extension コンバーターは1.5mmのプラ板を積層して
延長していますが、プラ板の積層部分に
微かな段差が残っているんですよね・・・


プラセメントで接着したにも関わらず、
溶け残ったからかもと思い、上からプラ
セメント塗りたくってやりましたw






2013120402_hgab_dunbine_converter そんでもってスポンジヤスリで磨いて捨てサフ
2回目。まあまあマシにはなりました。

但し、写真でご覧になっても分かる通り、左側
の内側を磨きすぎて、コンバーターの外観ライン
がグネってしまっているので、これは修正したい
と思います。


週末仕上げサフ吹けんのか・・・(;´Д` )。

| | コメント (0)

2013年12月 2日 (月)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (14)

週末まで待ちきれず・・・というか、出来るなら今日からでもやろうと、
今回一番切り刻んでいるオーラコンバーターに捨てサフ吹きました。

2013120301_hgab_dunbine_converter 案の定酷い出来(;´Д` )。なんで目視で
気がつかないの・・・

表も裏も隙間・段差だらけで萎えた('A`)。
気合入れて表面処理せなあかんようです・・・

| | コメント (0)

2013年12月 1日 (日)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (13)

午前中に実家から大阪に帰還。家で作業しようかとも思いましたが、
ダラダラした挙句に居眠りしてしまいそうな気がしたので、凸凹さん
にお邪魔して作業することにしました。

2013120101_hgab_dunbine_engraving エングレ作りに着手。
ダンバインの雰囲気とは違う感じなのですが、
お手軽にアルミ線から作成することにしました。

0.3mmのアルミ線を2mm、3mmのプラ棒に巻きつけ、
開いてカットした写真のようなS字状の部品を
複数作りました。




2013120101_hgab_dunbine_front 各部に貼り付けた状態がこれ。
手数はかかりましたが、エポパテを盛って
作るよりは圧倒的に早いと思います。

少しは雰囲気出たかなぁ。
来週末は捨てサフ吹こう。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

■2013-01_旧キット 1/144 MS-06D ザクデザートタイプ | ■2013-02_HGUCmix RGC-80 ジム・キャノン | ■2013-03_HGUC MSM-04 アッガイ -DAS BLAUE MEER- | ■2013-04_旧キット 1/144 RGM-79 ジム | ■2013-05_HGUC MS-06F-2 ザクII F2 (冬季迷彩) | ■2013-06_HGUC RGM-79N ジム・カスタム | ■2013-07_旧キット 1/144 YMS-09 プロトタイプドム | ■2013-08_HGUC RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ | ■2013-09_HGUCmix MS-06JK ザク・ハーフキャノン | ■2013-10_HGAB ダンバイン (for AB祭) | ■2014-01_旧キット 1/144 RX-78-1 プロトタイプガンダム | ■2014-02_HGBF RX-178B ビルドガンダムMk-Ⅱ | ■2014-03_HGUC MS-06F ザクⅡ F型 マツナガ小隊2番機(後期カラー) | ■2014-04_HGUC AMX-003 ガザC [袖付き仕様] | ■2014-05_旧キット 1/100 MS-09 ドム - MS-10 ペズンドワッジ - | ■2014-06_HG Reconguista in G グリモア | ■2015-01_HGUC RGM-89J ジェガン ノーマルタイプ [F91Ver.] | ■2015xx01_旧キット 1/144 MS-06K ザクキャノン | ■2015xx02_HGUC MSN-03 ヤクト・ドーガ[袖付き仕様] | ■2015xx03_HGUC AMX-129 ギラ・ズール [親衛隊仕様] | ■2015xx04_旧キット 1/100 MS-05B ザクⅠ | ■2015xx05_HG Reconguista in G 宇宙用ジャハナム(量産型) | ■2015xx06_HGBF ハイモック | ■2015xx07_HG Reconguista in G エルフ・ブルック(マスク専用機) | アニメ・コミック | ガンダム | ガンプラ | ギター | グルメ・クッキング | ゲーム | サッカー | テレビ | デジタル家電 | ファンタジー | プラモデル | ランニング | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 完成品トイ | 家電 | 小説 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 模型 | 漫画 | 関西仮組/オフ会 | 音楽