小説

2007年11月 2日 (金)

小説∀ガンダム 月に繭 地には果実(上)

映像としての初見は劇場版の2部作。ストーリーがさっぱり
分からず。その後CSで放映のはじまったTV版を見ようとした矢先
に東京転勤で25話くらいまでしか見れず。肝心の月光蝶システム
の謎やターンXとの関係等、この作品の肝となる部分を全く知らない
まま、TV版放映から7年目を迎えてしまいました。今回、出版社を
替えての小説版再リリースは、MG100を記念して?いずれにしろ、
手に取れる機会が再びめぐってきたのはうれしいことです。

「福井さんの小説は状況描写や解説にページを割きすぎ」なんて
ネット書き込みも見たりしますが、僕の性分には合ってます。
絵が見えてくるんですよね。∀は映像版が存在しているので、
やりにくい面もあったのかもしれませんが、富野監督が描いていた
牧歌的な雰囲気が出ています。キャラクターについても、絶妙な
バランスで富野ワールドの雰囲気を纏った人物達が、ページ狭しと
大活躍しています。下巻の発売が楽しみです。

20071102_turna_gundam_01

| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

装甲騎兵ボトムズ コマンドフォークト ~群狼邂逅~

ノベルジャパン連載中の同名小説の単行本化第1弾。HJ掲載の
ジオラマストーリーのほうが先行して連載開始されたが、エピソード
はこちらのほうが前史的内容となっている。

地元では放映されていなかったため、ボトムズはリアルタイムでは
見てないんです。しかもアストラギウス銀河には邪道から入った
(アニメのボトムズファンには悪名高い青騎士^_^;)し。スコタコ模型
も作ったことは一度もなし。数年前のアニマックスでの放映を流し見
した程度で、今回も近年のボトムズの盛り上がりに興味を惹かれた
というミーハーな理由から小説を手にとってみました。

レーン、ボルク、ゼトラ個人のエピソード、及びフォークト隊設立の
きっかけになった奇襲作戦という4つのエピソードの中で、やはり
最後の奇襲作戦のエピソードが胸を打つものがありました。軍の
トップから一兵卒に至るまで、人間味に溢れた登場人物が物語を
盛り上げてくれます。

HJのジオラマストーリーの未読分も溜まってきているので、ここらで
一気読みしてみようかな。

20070505_command_vorct1

| | コメント (0)

2006年12月26日 (火)

アルスラーン戦記 (12) 暗黒神殿

大学の頃に読み始めた本シリーズ。もう20年近く経つのに今だ
完結せず。第1部の頃の刊行ペースが信じられへん状態になって
久しいが,カッパノベルズに移ってからの新刊が順調に年1冊
ペースで出続けていることは喜ばしいかぎりです。

さて本巻やけど,第2部になってからは登場人物たちが散り散り
で物語を紡ぎ出すため,エピソードが断片的になりなかなか進捗
しないのと同時に,前巻のストーリーを全く覚えていないので,
新たに出てきた登場人物など「誰これ?」状態。今回もご多分に
もれず,ペシャワール城,ミスル国(ヒルメス),バダフシャーン,
王都,ルージ・キリセ(ルシタニア人ご一行)と全くバラバラに
ちょびっとだけストーリーが進んだだけで終わってしもた。

やはりアルスラーン戦記の見所は,国と国との大規模な戦いの
中で見せる軍師ヒルメスの奇策の数々なので,是非とも刊行
ペースを上げて,蛇王の軍勢との戦を予想もしない展開で
描いて欲しいです。

20061226_record_of_arslan_12

暗黒神殿 アルスラーン戦記12 Book 暗黒神殿 アルスラーン戦記12

著者:田中 芳樹
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

2006年12月 2日 (土)

永遠の戦士エルリック (4) ストームブリンガー

メルニボネのエルリックの冒険譚も本巻で一旦の終局を向かえた。
旧版の5巻と6巻を収録した4巻は,第1期の作品のみで構成
されており,自分が思う「エルリックサーガ」の世界観や雰囲気
から外れることなくストーリーが展開されたので,安心して読むこと
ができた。

旧版「黒き剣の呪い」収録のエピソードはいずれも短編であるが,
ついに仇敵セレブ・カーナとの争いに決着をつけ,新たな伴侶
ザロジニアと結ばれることで,つかの間の平和を手に入れる。
しかし引き続き展開される,旧版「ストームブリンガー」収録の
長編で,エルリックとその仲間は世界を未曾有の危機に陥れる
混沌の勢力との最終決戦に突入する。

ストームブリンガーが生み出された真の理由,エルリックの存在
意義,次々と明らかにされていく謎の答えは,第1期と第2期の
作品群の中で,最も自分を惹きつけてやまないものばかりで,
訳者あとがきで「シンプルなヒロイックファンタジー」という一見
揶揄された表現で結論づけるにはもったいないと個人的には
感じている。

世界観を掘り下げることで,己の考えを作品に出していくことに
反対しているわけではないが,ヒロイックファンタジーの名を
借りて描くという手法を用いている限り,凡人に分からない/凡人
の興味を削ぐような文体で長編小説を展開することは少なくとも
誤っていると痛感している(凡人に理解されなくてもいいと思って
いるのなら,直接的な表現の思想書でも書けばいいんです。)。
続巻の第3期・3部作がそのような作品となっていないことを
心より祈っています。

20061202_stormbringer

ストームブリンガー―永遠の戦士エルリック〈4〉 Book ストームブリンガー―永遠の戦士エルリック〈4〉

著者:マイクル ムアコック
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

小説版 DESTINY ASTRAY (2)

これまた昨日読了。旧ASTRAYもそうだったんだが,2巻で
完結すんのはあまりに惜しい。ザ・スニーカーが2ヶ月毎刊行
なのと,SEEDシリーズのリニューアル周期を考えると仕方が
ないのかもしれないけど,全エピソードを小説版で扱うくらいの
勢いが欲しかった。⊿はコミック版だけなんで,小説版もデス種
ASTRAYで終わりかと思うと少々寂しい。

さて内容はというと,ユニウス条約編が描かれていた1巻から,
一気にテスタメント編の総集編にワープ!そのまま「一族」編
とそのエピローグで終了という感じ。コミック版では描かれて
いなかったイルドとの決着も一応はついた感じ。

本編とは関係ない感想だが,各エディションそれぞれに「厚く」
描くエピソード,「薄く」触れるだけのエピソードと切り分けてる
ところは,いろんなメディアで展開する作品を「売る(下世話な
こと書いて千葉さんすんません。)」お手本になるんではと。
通常は全エピソード平等に描いて,ちょっとづつマイナーチェンジ
するってのがこれまでの常道やからなあ。

いつかまた小説版が復活することに期待しつつ・・・

20060712_destiny_astray_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

■2013-01_旧キット 1/144 MS-06D ザクデザートタイプ | ■2013-02_HGUCmix RGC-80 ジム・キャノン | ■2013-03_HGUC MSM-04 アッガイ -DAS BLAUE MEER- | ■2013-04_旧キット 1/144 RGM-79 ジム | ■2013-05_HGUC MS-06F-2 ザクII F2 (冬季迷彩) | ■2013-06_HGUC RGM-79N ジム・カスタム | ■2013-07_旧キット 1/144 YMS-09 プロトタイプドム | ■2013-08_HGUC RGM-79SP ジム・スナイパーⅡ | ■2013-09_HGUCmix MS-06JK ザク・ハーフキャノン | ■2013-10_HGAB ダンバイン (for AB祭) | ■2014-01_旧キット 1/144 RX-78-1 プロトタイプガンダム | ■2014-02_HGBF RX-178B ビルドガンダムMk-Ⅱ | ■2014-03_HGUC MS-06F ザクⅡ F型 マツナガ小隊2番機(後期カラー) | ■2014-04_HGUC AMX-003 ガザC [袖付き仕様] | ■2014-05_旧キット 1/100 MS-09 ドム - MS-10 ペズンドワッジ - | ■2014-06_HG Reconguista in G グリモア | ■2015-01_HGUC RGM-89J ジェガン ノーマルタイプ [F91Ver.] | ■2015xx01_旧キット 1/144 MS-06K ザクキャノン | ■2015xx02_HGUC MSN-03 ヤクト・ドーガ[袖付き仕様] | ■2015xx03_HGUC AMX-129 ギラ・ズール [親衛隊仕様] | ■2015xx04_旧キット 1/100 MS-05B ザクⅠ | ■2015xx05_HG Reconguista in G 宇宙用ジャハナム(量産型) | ■2015xx06_HGBF ハイモック | ■2015xx07_HG Reconguista in G エルフ・ブルック(マスク専用機) | アニメ・コミック | ガンダム | ガンプラ | ギター | グルメ・クッキング | ゲーム | サッカー | テレビ | デジタル家電 | ファンタジー | プラモデル | ランニング | 宇宙戦艦ヤマト2199 | 完成品トイ | 家電 | 小説 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 模型 | 漫画 | 関西仮組/オフ会 | 音楽