« X-MEN : Days of Future Past (X-MEN:フューチャー&パスト) | トップページ | 旧キット 1/100 MS-09 ドム (6) »

2014年6月16日 (月)

旧キット 1/100 MS-09 ドム (5)

今日~明日と山口出張です。今週は朝から移動して、今日の午後と明日終日、
ガッツリ打ち合わせ予定。

宿泊させていただく寮の部屋に机がないので、どんだけ模活ががんばれるか・・・
作業しづらい状態なのでドムは持っていかず、軽く作業できるHGUCを旅のお供に
したいと思います。

そんなこんなで朝更新。ドムの土曜の作業成果の紹介です。
ガンプラにおける胴と肩の接続方式は大きく2種に大別できます。
・肩アーマに軸が生えていて、胴体の軸受けと接続
・肩の内部ブロックに軸受けがあり、胴体から生える軸と接続

前者は、少なくとも肩アーマの軸が生えている壁面の厚みの分を詰めることが
できないため、その分だけ脇が甘くなります。

このキットも前者の接続方式なので、後者に変更するために加工しました。

2014061402_1100_ms09_shoulder1 汚い作業環境うpしてすんませんm(_ _)m。
写真中央が肩アーマー。ボルトの頭みたいな
部分を胴体で挟みこむ方式です。








写真下が肩内部ブロックです。以下の加工をしました。
・胴側から生える軸を受けるため、接触面を切り欠き。
・中央のダボを開口し、WAVEさんのPCプラサポ04用の受けパーツでポリキャップ
を挟んで設置。このポリで軸を受けます。
・二の腕から生える軸を受けるため、下面にホビーベースのヘキサパイプ設置。

2014061403_1100_ms09_shoulder2 これが接着した状態。
左:切り欠いた部分から軸受けポリが見えています。
右:ダボ部分にプラサポのエッジが見えています。
  下面にはヘキサパイプがチラ見えしてます。






可動化を重視しているわけではないのですが、1/100だと細いアルミ線接続での
保持力に不安があるので、ポリ+プラ軸での接続方式にしていきたいと思います。

ではでは行ってきます(=゚ω゚)ノ

|

« X-MEN : Days of Future Past (X-MEN:フューチャー&パスト) | トップページ | 旧キット 1/100 MS-09 ドム (6) »

■2014-05_旧キット 1/100 MS-09 ドム - MS-10 ペズンドワッジ -」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« X-MEN : Days of Future Past (X-MEN:フューチャー&パスト) | トップページ | 旧キット 1/100 MS-09 ドム (6) »