« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

機動戦士ガンダムUC episode 7 [虹の彼方に] 劇場観賞 & 関西仮組二人オフ会

長く濃密な1日が終わって帰ってきました(=゚ω゚)ノ
ブログの内容はネタバレを多分に含みますので、未見でストーリーを知りたくない
方は読むのをお控えくださいm(_ _)m。

劇場公開開始後2週間、静岡HS、ホビー誌、ネットなどからのネタバレをひたすら
回避し続け、 ようやくこの日を迎えました\(^o^)/。

2014053101_gundam_uc_ep7_poster 関西仮組の行かず後家二人、盟友のぼさんと
一緒に初回の観賞をすべく9:00過ぎには大阪
ステーションシティシネマに到着♪

役者さんのサイン入りポスターがお出迎えです。













2014053102_gundam_uc_ep7_gift 第三週目からの入場特典の原画、自分はこれ。
のぼさんはバンシィでした。
後から知ったのですが、全3種とのこと。残り1種
はどんな画なのでしょうね。







自分たちは9:45の回を観賞。昼前までの約2時間、怒涛の如く時間が流れ、
観終わった後には3エピソード分くらいの熱量を受けたかのような錯覚に陥る
ほどの圧倒感。ガンダムの映像作品としては現時点で最高峰のクオリティで
自らの完結に華を添えましたね。

さて、劇場公開版ではep7本編に先立ち、episode EX「百年の孤独」という、
宇宙世紀ガンダムシリーズの総集編的フィルムが先に流されました。
自分は「逆襲のシャア」のラストシーン、サイコフィールドの力でアクシズが
地球落下軌道から離れていくシーンが大好きで、観るたびいつも泣けて
くるんですが、今回もご他聞にもれず( ´;ω;`)状態w まだ本編始まって
ないYo!

そして本編。冒頭7分はネットやアニマックスなどで何度も観ていたので、
その流れのまま、穴が開くほどの眼力でMS戦をガン観。
設定画で公開されているMSは概ね確認できたのですが、ゲルググだけ
はどこで出たのか分からずじまい。

設定画未公開のMSでは、ザクⅢがしつこいくらいに口ビーム打ちまくって
ましたねw それと何者か判別できない速度であっという間に画面から流れた
謎MSが・・・観終わった後でのぼさんに話したところ、「(MS-Xの)ギガン」
とのこと。ネットでググったら画像がありました。自分が観たのはおそらく
これだと思います。
しかしMS-Xまで出すか・・・ってか、既にep5でスキウレの大砲部分が
出てたし、今回はそのものも出てましたね。MSでは初かな。でも自分が
これから作ろうと思ってたネタと若干被ってるやんw
ともかく、MS戦には終始圧倒されながら観賞しました。

一方ストーリーですが、小説版を端折っているために、自分としては
残したほうがよかったのではと思えるプロットがカットされていたり、
「各人のペースで反芻できない」という映像作品の弱点を補うために、
より理解しやすい簡単な流れ、というか若干「安い」感動ドラマに変更
していた感が強かったですね。

前者の例はアンジェロの過去。ep3のバナージ×マリーダの際、サイコ
フレームの共鳴により、お互いの過去が伝わってしまうという現象が発生
しましたが、アンジェロのそれはマリーダのよりも18禁なので、映像化する
のは難しいという判断でカットされたのかもしれません。

今回はこのシーンがカットされてしまったため、フロンタルの心を射止めて
いる(?)ことで憎悪の対象になっているバナージに、自分の一番知られたく
ない部分を知られてしまい、それを止めるために自分で自分を攻撃した
ということの説明が劇中で足りなかったように思えたのです。

それともう一つは、サイコフィールドでコロニーレーザーを止めた後、
ユニコーンが変質している状態におけるバナージについて。
小説版では明確には語られていませんが、あのシーンでは「逆襲のシャア」
のアムロやシャアと同じく、サイコフレームが人々の思惟を吸って未知の力
を発揮した際に、そのトリガーとなった人間、つまりバナージの思念をサイコ
フレームが「吸って」しまい、人でなくなっていたという状況だと思います。

しかしながら劇中でそれが語られることはなく、リディの台詞「そんな身体で
ミネバを抱けるのかよ!」だけでは、小説未読の方はピンと来ていないのでは
と思いました。
ネェル・アーガマのクルーの呼びかけに一向に応答しない、という積み重ねが
あってはじめてリディの台詞も生きてきますよね。

この辺りは自分の見逃しもあるかもしれませんので、BDが来たら再度確認
してみたいと思います。

後者の例はフロンタル。劇中でははっきりと彼の正体について言及する
台詞はなかったですが、小説版ではシャア・アズナブルに似せて造られた
強化人間と語られています。
そして終始一貫、シャアに似ているが決してシャアではない、「器」として
描かれ続け、最後まで「会心」に相当するシーンもなく退場しています。

一方映像版の退場シーンでは、因縁浅からぬ女性に説得されるような形
で退場するという、人間臭いラストに変更されておりました。
原作者自ら映像化に関わっていたので、これも一つの答えなのかも
しれませんが、キャラクター変わってますやん・・・と感じた次第です(´・ω・`)。

以上、原作厨の文句に聴こえる感想が続いてしまいましてすみません。
作品としてはめちゃめちゃ好きなんですよ。ガンダムエースでの連載開始から
実に7年、長かった祭りが終わってしまい、寂しい気持ちでいっぱいなんです。

次に宇宙世紀を舞台にし、かつ外伝ではない新規の映像作品をやる方は
相当なプレッシャーだと思います。ガンダムUCを超えられない作品なら
むしろやって欲しくないですし、超えたものを観たいという思いもあります。
今後もじっくりと作り込んだ作品を観たいですね。

2014053103_hguc_rx0_package そして観賞終了後、扇動されるように物販コーナへ。
サイコフレームがシルバーメッキされたバージョンの
HGUCユニコ買いました。2600円高ぇwww
そしてパケ画のマーサの若作り詐欺ワロタw
















2014053104_umeyodo 2014053105_neozeong そしてモデラー2人は
当然のように梅ヨドへw

ネオジオングのサンプル
が展示されておりました。
実にデカい。
ネタでも買う人いなさそう・・












2014053106_lunch そして劇場でプラモを買っていたので、何も買わずに
レストラン街で昼食。ハラミ焼肉定食うまかったです。










めし食い終わってからは、予定通り凸凹さんへ移動。二人製作会と相成りました。

2014053107_gb99 ちょうど先日届いたばかりのガビコ店長のGBF祭り
参戦作品、「サイサリス・グラップル」です。

このヘビー級格闘家的な威圧感と、凶悪さをかもし
出す赤×黒のカラースキームがいいっすね♪
さすが店長、何作ってもうまいです。














2014053108_hguc_rx0_fullarmor_1 2014053109_hguc_rx0_fullarmor_2




















のぼさんはFAユニコDMの仮組み開始。武器からやりはじめて片脚まで終わって
ました。これだけで6時間弱かかるので、かなり手ごわいキットですね(;´Д` )。


2014053110_hguc_msn03_parts そんでもって自分はガザCの撮影。
自宅でフォトラ出すのがめんどくさかったという
のは秘密w
そしてヤクト・ドーガのペーパーがけ。
ヒケ取り・面出ししながらなので進捗はチョビっと
だけ。明日はこれやらずにガミラス艦塗るかもw



19:00にはお暇し、晩めしいきました。お昼に肉食ったのにまたまた鉄板焼き屋w
「いい肉使って原価ギリギリの値段でやってます」というだけあって、うまかったです。

Img_4542 Img_4543













Img_4544 Img_4545













Img_4546 Img_4547












Img_4548 Img_4549











ep7の感想、模型のこと、サークルのことなど、21:30頃まで食って話して笑って
めっちゃ楽しかったです。

サークルで月イチ集まれることももちろんなのですが、定例の活動以外でも、
こうやって少人数で集まって遊んでもらえる仲になれたことがほんまにうれしい
ですね。模型やっててほんまによかったです♪

| | コメント (4)

2014年5月30日 (金)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (19)

実家での用向きは午後過ぎに終え、ひたすら何もせず昼寝しまくった1日が
オワタ(;´Д` )。夜には大阪に戻ってきますた。

ガザCの仕上げもなんとか終了。
昨日の朝、動力パイプに色をつけ、今日戻ってきてからつや消しクリアでコート。
先日の撮影時にやっちまった色剥げのリカバも行ってから組立てました。

2014053001_hguc_amx003_leftfront 動力パイプのライン、もうちょっとかっこよくしたい
のですが、曲げがいい塩梅にならないっすねぇ。

明日はまた用事があるので、ちゃんとした撮影は
日曜になると思います。

ではでは(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (18)

私用で明日休みをもらい、実家に戻ってきました。
明日夜には大阪に戻るので、非常に短い滞在です。模活アイテムもほとんど持って
帰ってきていません・・・ってちょっとは持って帰ってきてんのかよw

さて、袖着きガザCのリベンジということで、昨日の朝模は胸中央パーツの塗装の
やり直し。同じ画になるので写真うpはやめときますが、つや消しトップコートまで
吹き終わって乾燥待ってる状況です。

そして夜の作業。キット付属の動力パイプを捨て、別の素材で作ることにしました。

2014052801_thermal_contraction_tube 一昨日GPARTSさんから届いた「熱収縮チューブ」
の3mm径。こいつを使います。











2014052802_hguc_amx003_leg まずはキットの動力パイプのラインをトレースする
形に1.5mmのアルミ線を曲げます。
精度低いんですよこれが・・・(;´Д` )

こういうラインをキレイにトレースして曲げる方法
ってないもんですかね・・・















2014052803_thermal_contraction_tube アルミ線に熱収縮チューブを被せます。












2014052804_thermal_contraction_tube そしてチャッカマンの炎であぶるとこの通り。
3mm径のチューブが収縮し、1.5mm径のアルミ線
に貼りつきました♪








2014052805_thermal_contraction_tube こんな感じで全てのゴム製動力パイプを置換。
GPARTS店長さん曰く、
・ラッカーで塗料で塗装可能
・しかし塗装後に曲げたりひねったりすると
塗料が剥げるので要注意
とのことでした。




曲げに対する留意事項については、自分はグリグリ動かしたりしない人なので、
問題ないかなと思っています。
ま、何事もチャレンジ。これでまた満足いかない出来になれば、モビルパイプ系
の表現に替えればいいんです(自分に言い聴かせるようにw)。

ここまできたらゆっくりいきます(=゚ω゚)ノ。

| | コメント (0)

2014年5月28日 (水)

第53回静岡ホビーショー その4 -バンダイさんブース編-

今日は仕事で非常に残念なことがありました。
「勝負に勝ったが試合に負けた」的な?なんのこっちゃですね。
またこのままやと「江戸にこいや(゚Д゚)ゴルァ!!」ってなる可能性が高くなる
ので、巻き返さねば。

そしてどうでもいいお知らせ。ブログトップとメンバリンクのところに、大将から
頂いた「関西仮組」のロゴを貼りました♪
あわせて、モデスポのバナーも2014版に更新。盛り上がって参りました(*´∀`*)。

さて静岡HSレポ、他のサークルさん編とか、ツイッターで実況した「青空展示会編」
も考えていたのですが、写真のピンボケ度合いが半端ない状態で、せっかくの
すごい作品に申し訳がないのと、現地に行った人間の役得wという2点から
未公開としますw 
で、今回で最終回、バンダイさんブース編です。

今回は企業ブースで拝見したのはバンダイさんだけです。それも目的は
新製品発表ではなく、シュンさんとめいちゃんのGBWC作品を拝見する
ためだけw
去年のGUNPLA EXPOに行けなかったので、やっと、やっと拝見できました♪

またネタバレ防止のために、新製品はUC以外の新製品の写真だけですw
ではどぞ~(=゚ω゚)つ

Img_4392 まずはGBWC2013日本代表作品「人の心の光」。
畑めいちゃんの作品です。
皆さんご存知の通り、モチーフは「逆襲のシャア」
のアクシズ破片落下の阻止シーンです。















Img_4393 Img_4394













この作品にも「物語」がありますよね。決死の覚悟で落下を阻止するνガンダム、
「地球寒冷化を阻止する」この1点で人の心がつながり、軍の垣根を越えて
つながるジェガンとギラ・ドーガ。届かない手と手が涙を誘います( TДT )。

今年のGBWCに参戦されるかどうかは存じ上げていないですが、もし参戦される
のなら、今年も日本、そして世界を震わせる作品の発表を期待しています♪

そして、次は世界チャンピオン作品、シュンさんの「宇宙世紀最強の機体」です。

Img_4395 Img_4396




















ネットで拝見していた以上に驚いたのが各パーツの精度。
平滑性、、厚みの薄さ、スジ彫りの繊細さ、全てが高い次元で、
とても人間業とは思えません(;´Д` )。


Img_4398 Img_4399













アップの写真を拝見していると、スケール感が分からなくなりますよね。
バックグラウンド情報なしで拝見したら、「あれ、1/60でνって発売してたっけ?」
と思うくらいの密度感です。


Img_4397 オリジナルの台座もめっちゃかっこえぇ(´Д`;)。
作品との統一感も考えたアクセサリ作りも
重要なポイントであることを勉強させて頂きました。

あるフォロワーさんがおっしゃっていましたが、
「模型作りに対する価値観が変わる」
まさにその通りだと思います。
"build"ではなく"create"ですよね。



2011、2012の世界チャンプは海外の方でしたが、いずれの方も自分にとっては
しっくりきてなかったんですよね・・・すごい作品ですし、自分では決して作れない
とは思うのですが、やたらゴテゴテしていて「それ、ガンプラでやる必要あんの?」
という点がそう思わせていたのです。

そんな中、超正統派のシュンさんの作品が、圧倒的な熱量で世界のてっぺんを
取ってくださったのは、拝見していて実にスッキリとしたのとともに、
「日本にガンプラが戻ってきた」という思いで自分の腹の内がいっぱいになりました。
遅まきながらあらためて「おめでとうございました。」m(_ _)m。


展示スペースの前の仕切りの鎖から乗り上げるかのような姿勢で、2作品の写真
を撮りまくった後は、UCのネタバレを回避しつつ、その他の新製品の撮影。
まずはビルドファイターズの発売予定からです。

Img_4440 Img_4441


















左:フェニーチェリナーシタ 右:アメイジングエクシア
エクシアは素体をRGベースにする方がたくさん出そうですねw


Img_4442 Img_4443



















グフR35。これはいいグフ♪これもノーマルに改造する人が多発しそうw
ノーマル発売はよ!


Img_4444 ヴァリュウアブルポッドを装着したギャン。
つまり~、ギャンバルカンだ~~~!
一緒に巡ってたピクさん喜んでました♪
















Img_4445 Img_4446


















MGターンX。自分、作りもしないのに予約済みですw


Img_4447 MG Hi-ν Ver.Ka。本来のプロポーションに
戻りましたね。
既発のバージョンがそもそもカトキさんが描きそうな
感じで、今回のバージョンが本来のブチさん画準拠。
あべこべ感が漂ってますw














Img_4448 Img_4449


















前日バレ写真がネットに流れた新シリーズ"REBORN ONE-HUNDRED"の
ナイチンゲール。パーツ分割の紹介もされていました。
今まで発売を熱望されていたアイテムがラインナップされていますが、
正直自分はあまり食指が伸びないかな・・・


Img_4450 Img_4451



















現時点で他に発表されているのは、Mk-Ⅲとガーベラ。個人的にはMk-Ⅴとか、
ゼク・アインとか、ゼク・ツヴァイとか、ネロとかがくると小躍りしますw


Img_4452 Img_4453


















そしてラピッドプロトで日本中のモデラーの度肝を抜いたRGズゴック。
テストショットを観て安心された方も多かったのではないでしょうか。

ショーケースの前に立たれていたバンダイ社員の方が、デモ用のキットを
お持ちになっていましたので、無理を言って素立ちを撮らせて頂きました。

先月のホビー誌に載ったラピッドプロトは、頭からパンツまで含めた
胴体の大きさに対して、四肢のボリュームが異常なまでに過多にみえた
のですが、テストショットは随分印象が変わりましたね。

ただ、個人的な所感では、爪を含んだ肘から下腕の部分のボリューム
がありすぎるように思えます。

実物があったと仮定しての各部の形状や可動の理由付けなど、深い
考察がなされたすごいキットだとは思いますが、最近は「高い技術の
押し付け」的な感じが強いので、1/144でもプレーンで組み易く、
並べて楽しいキットが再び台頭することを期待したいです。


以上、断続的でしたが静岡HSのレポートを今回で終えたいと思います。
ではでは(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月27日 (火)

ヤマト2199版メカコレNo.3 大ガミラス帝国航宙艦隊 ガミラス艦(デストリア級) (1)

無事三重は亀山から帰ってきました(-o-;)。
2日間の作業でしたが、終始問題なく済んでよかったです。
今回の訪問で、少しでも顧客満足度が上がってたらええなぁ。

帰ってきてからなんも出来てないので、数日前からツイッターに上げて
いる写真をネタにお茶を濁しますw

2014052402_2199mc_03_gbs01_parts 掲題のキット、待ってました!ということで、
先週末の土曜に2個買って早速仮組開始。

特にこのパーツのエッジにヒケが目立った
ので、念入りに磨きました。







2014052403_2199mc_03_gbs01_00_leftf そして1個目の仮組完了。
目玉部分は挟み込みですが、船体の上から
見るなら合わせ目の目立たない分割になって
いるのでここままで行こうと思います。

問題は船尾。豪快に合わせ目が出ます。
船首を後はめできれば・・・・





2014052503_2199mc_03_gbs01_atohame そこで、左の写真のような加工をして後はめ
可能にしました。
簡単なのでお奨めです♪









2014052601_2199mc_03_gbs01_leftfron そして昨日は宿泊先で2個目の仮組。
振り返ると、1個目のヒケ取りが甘いと思える
ので、再度磨きたいと思います。

最初は2個ともノーマルカラーで塗装しようと
思っていたのですが、twitterフォロワーの
たまさんによると、親衛隊カラーや迷彩カラー
があるとのことで、色替えしてみよっかな・・・



そして!相互(になる予定のw)リンクの紹介です。
先日の静岡HSではじめてお会いし、作品を前にそのノウハウを惜しげもなく
教えてくださったDAITENさんにコメントを頂き、ブログリンクをご快諾頂きました。
やったぜ!!(*´∀`*)

Daitensblogその名も 「DAITENの好き勝手モデリング」です♪

DAIさん曰く、「前からリンク貼らせてもらおうとしてた
けど、クニオさんとこだけうまくいかないんです。」との
こと・・・超うれしすぎて泣けた( TДT)

僕みたいな末席ヘタクソモデラーのブログにリンク
を貼ってくださるなんて感激の極みです♪






もちろんDAIさんだけでなく、サークルメンバ、東京でのオフ会きっかけでリンクを
貼ってくださった方々、ツイッターでのつながりをきっかけにリンクを貼ってくださった
方々・・・皆さんのおかげで、自分の模型ライフがどんどんよい方向に向かっている
ことが実感できている今日この頃です。ありがとうございますm(_ _)m。

そんな自分の作品に少しでも興味を持って下さる方々の期待をいい意味で裏切る
ためにも、そろそろ息抜きモデリングの頻度を下げ、いっちょ気合を入れた模型作り
もやっていかねばと思った次第です。ではでは(=゚ω゚)ノ

| | コメント (2)

2014年5月26日 (月)

第53回静岡ホビーショー その3 -FRAMEOUT MODELSさん編-

今日~明日と保守作業三重は亀山出張ですが、またまた見事に雨です(;´Д` )。

そしてガザCのうp・・・といきたかったんですが、トラブル2件でやり直し

その1:撮影中にフォトラをガザCに向かって倒してしまい、塗装はげた('A`)。
その2:撮ってた写真を観ると、筆塗りしたエングレパーツや動力パイプの
    塗装が汚すぎて萎えた(´・ω・`)

いくらお気楽モデリングでも手抜きしすぎはあかんわな。ちょい手直ししまっす!

そして気づけば1週間経ちましたが、それでも「あの感動をもう一度!」ということで、
静岡HSレポ第三弾、いきます。

まずはVer.Kaモデルが勢ぞろいのFRAMEOUT MODELSさんの作品紹介です。

Img_4347 Img_4350




















DOOVAさんのメガンロールカラーとMH風のデルタガンダム。
ホワイトとシルバーのツートン、美しい・・・(´Д`;)ハアハア
一方、永野メカの遠縁という共通項で、MH風にアレンジしても
違和感ないですねぇ > デルタ

Img_4348 Img_4349










次もDOOVAさん。大理石塗装が施されたシリトラキュベレイ。
前からブログで拝見しており、過去作のダンバインはこの作品の
技法を真似させて頂いたものですm(_ _)m。
はじめて直で拝見しましたが、石にしか見えませんでした(;´Д` )。
自分のなんちゃって大理石とは比べ物にならないくらいの美麗さでした。


Img_4351 Img_4353


















RRMに掲載されていましたよね?MGザクVer.2.0。
スカートや膝下のサイドのライン、ソールの形状など、大河原画稿への
こだわりを盛り込みつつも、古さを感じさせない見事な作品だと思います。


Img_4354 Img_4357


















うにさんのZとすえぞさんのメガンVer.Ka。うにさんはあまり存じ上げていないの
ですが、ツイッターでリツイートされてくる作品はいつも見事な仕上がり。
この作品もご他聞にもれずすばらしい出来っすね。

すえぞさんのメガン、ここまで形にされたこと自体が驚きですが、本人曰く、
「展示会のために色乗せたので、帰ったら塗装剥がします」とのこと。
これはがすだけでも大変そう・・・(;´Д` )


Img_4355 Img_4356


















ツイッターのリツイートを拝見して衝撃を受けたmi@waさんのZ Ver.1.0。
なんと!10年間弄り続けた力作とのことで、めっちゃかっこいいっす♪
とくに胸の形状がすごく好みですね。

Img_4388 ずえぞさんのイフリート・ナハトと、2tonさんの
イフリート。こんな揃い踏み観れるなんて
感激♪










Img_4389 Img_4390


















そして2tonさんのEWACネロ!去年も展示されていたノーマルネロの複製パーツ
を基に、EWACユニットなどを新規造形されています。

今回2tonさんにご挨拶させて頂いて、いろいろとお話を伺ったのですが、
FAガンダムの中の人の加工など、自分にとってはものすごいハードルの高い
工作をサラリと「〇〇やりました」と淡々とおっしゃられたことに驚愕(((( ;゚Д゚))))。

「好き」という気持ちと情熱のなせる技ですね。見習わねば。

では出張行ってきます(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月25日 (日)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (17)

朝から大阪に帰還。昼めし食ってからガザCのつや消しクリアコート開始。
以前、ビルドMk-Ⅱで使ったEXフラットクリアにフラットベース(なめらか・スムース)
を1瓶加えたものに、更にもう1瓶加えたものを吹きました。

以前のものよりつやの消え度合いが強く、かつスーパークリアつや消しと比べて
ざらつき感の低い、上品なつやになりました(*´∀`*)。

そして組立・・・ケアしていたのですが、強い力をかけてはめたパーツのうち、
袖付き意匠の関係でエナメルブラックを吹いていた胴体中央ブロックのエッジ
が剥げた(;´Д` )。エナメル塗面を溶かさないよう、上記のつや消しクリアを
軽めに何度かに分けて吹いたのですが、吹き足りなかったようです・・・

再度ブラシ塗装('A`)マンドクセ状態やったので、エナメルブラックを筆塗り後、
今度は水性トップコートの缶スプレーをたっぷり吹きつけ、ドライヤーで強制乾燥。

2014052501_hguc_amx003_leftfront 2014052502_hguc_amx003_rightfront




















こんな感じです。厳密にはUC版の色味と違いますが、濃淡2色のグリーンで
塗れば袖付き仕様でしょうw
ちゃんとした写真は今晩撮ろうと思います(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月24日 (土)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (16)

連日、静岡HSのレポを楽しみに当ブログにお越しくださった方々、本日も自分のクソ作品うp
だけで申し訳ございませんm(_ _)m。
レポ書くのに結構時間がかかるのですが、今日はいろいろと用事があるのと、ガザCの仕上げ
もやりたかったので、ガザの進捗だけうpします。(いらねって?)

2014052401_hguc_amx003_painted 昨晩から実家に帰ってきてまして、帰省のおともにこいつを
持って帰ってきました。

タミヤさんのエナメルのジャーマングレーでスミイレし、
バーニア内部やシュツルムファウストの弾頭部分に差し色
としてレッドを放り込みました。





今晩は地元友人とのめし会があるので模型はこの辺で・・・
明日帰阪後に艶消しクリア吹いて、完成させたいですね(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月23日 (金)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (15)

昨日は例月のプレバン購入品が着荷しとりました。

2014052201_rg_gn001re_package RGエクシアをリペアにするためのオプションパーツです。
箱のサイズは「月光蝶ユニット」と同じ。
開封すると・・・









2014052202_rg_gn001re_runner なんじゃこのランナーの少なさは・・・(;´Д` )
これで1620円+送料540円て・・・
本来ならキット同梱してもいい程度のパーツ数
ですよ。
別売するなら2セット入っててもいいくらいの価格で、
ボッタ極まってます。
消費者ナメるのもいい加減にしろーヽ(`Д´)ノ




そして今日は静岡HSレポのうpは中座。ここ数日のガザCの進捗うpをします。
超絶作品を観に来て下さった皆さま、せっかく来ていただいたのですが、
こんなクソみたいな作品の経過ですんませんm(_ _)m。

2014052203_hguc_amx003_sleeve 袖付きの意匠の塗装しました。
エナメルのセミフラットブラックをエアブラシで吹いた
後、溶剤でエングレ拭き取り。
そこそこキレイにできたかな・・・







2014052204_hguc_amx003_decar そしてデカールワークも終わりました。
センチネルっぽく派手めに貼り付けましたよ。

特に苦戦したのは盾。曲面のアールがきついので、
デカールが馴染んでくれず。ガンダムデカールの
ジオンマークが古すぎて、セッター塗って貼って
押さえると破れる破れる(;´Д` )。
ちょっとシルバリングも発生してますしおすし。

週末は実家に持って帰ってスミ入れします(=゚ω゚)ノ










Saiyan59sblog そして久々の相互リンク紹介です♪
今回の静岡HSでもお世話になった、東京時代の
オフ会仲間であります、
海賊サイヤ人さんのブログ「流浪なほろ酔い模型譚」
です。




静岡で展示されていたMGネモはもちろんのこと、旧キット1/48ビルバイン、
旧キット1/60ゲルググなど、奇をてらわない超正統派の作品の数々に
憧れます(*´∀`*)。今後ともよろしくお願いしますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2014年5月22日 (木)

第53回静岡ホビーショー その2 -ツイッターつながり編-

静岡HSレポの第二弾、今日はツイッターでフォローさせて頂いている方々
の作品を中心に紹介しまっす(=゚ω゚)ノ。

Img_4327 まずは学屋さんのガバメントジオラマから。
直前に「三河模型同好会COMKY」さんでの展示
が決まったという本作。

ツイッターでもその製作過程が投稿されて
きましたが、旧キットとは思えない精度・密度
が圧巻です。中でもミレニアム・ファルコンの
砲台を彷彿とさせる腹部の機銃座が素敵すぎ。

学屋さんの作品の魅力の一つに「ジャンクパーツ
の使い方の絶妙さ」があると思っていまして、
その裏づけの如く、当日ジャンク市で購入された
ビニール袋いっぱいのジャンクパーツを持って
会場を見て回られていました♪






Img_4329 Img_4330













Img_4381 Img_4387




















こちらも学屋さんのツイッターでお馴染みの作品。「Panzer Craft Edelweiss」さんに
展示されていた、クラブタイプの寒冷地ビネットです。

塗装過程ツイで、塗りに納得できずにやり直されている様子がみてとれましたが、
自分みたいなヘボモデラーにとっては、やり直し前の塗装でもめちゃめちゃリアル
に観えていまして、「えっ?なんでやり直すの・・・」と疑問に思った次第ですw


Img_4332 Img_4331












続きまして、TNCのぼぶさんの楽しい作品♪
妖怪ウォッチのジバニャンの真・妖怪化仕様と、SAFS・くまモンカラー&ふなっしー
カラーです。
ジバニャンはあまりにクオリティが高すぎて、観に来ていた小さなお友達が泣いた
とか泣かないとかw
個人的には、ふなっしーカラーのSAFSめっちゃ好きです♪


Img_4333 そして1/144で新・シャッフル同盟勢ぞろい!
実に壮観ですねぇ(*´∀`*)。

実は1/144だけでなく、1/100でも勢ぞろい
しているのです♪








Img_4336 Img_4337




















Img_4334 Img_4335




















Img_4338 旧キットでも発売されていないローズやボルトまで
1/100で立体化されています。すごすぎる・・・

一人でコンプするのが難しいテーマでも
こうやってメンバで実現できるのがサークルの
魅力ですよね♪















Img_4339 Img_4340


















そして、ガンプラブームを皮切りに始まった狂乱の80'sロボプラモブームの
落とし子たち・・・って左の「踏み切り戦士シャダーン」はちと違うかw
右側はジ・アニメージのバイソンですね。どちらもスタイリッシュ☆



Img_4341 Img_4342


















左は皆さんご存知のイデオン、右は・・・調べてみたら「Xボンバー」という特撮
人形劇のメカ「ビッグダイX」というメカだそうです。クオリティたけぇ♪


Img_4343 こちらもジ・アニメージの作品かな?
以上がTNCさんの作品。
王道のガンダムから、懐かしい80'sメカまで
バラエティに富んだサークルさんでした♪








続いては倶楽部ディフォルメ屋のtiさんの新作。個人的に大ファンで、
ツイッターでリツイートしまくっています。ネットストーカ状態ですんませんm(_ _)m

Img_4344 Img_4345


















SD作品は78とジオングの2作品。ディフォルメ屋さんのアプローチは
 SD頭部+HGの寸法詰め
で、去年はじめて拝見した際はあまりのかっこよさに衝撃を受けました。

ブログで製作過程を拝見しておりましたが、本作も終始プロポーションに
こだわられた工作を進められており、その情熱がこのかっこよさに
帰結したものと想像します。

Img_4346 そしてその「こだわり」の極みがこのビランビー。
あの吐きそうになるキットをよくぞここまでの
スタイルに仕上げられたものだと感心しきり。

自分、一番好きなMSであるザクでもここまで
のスタイリングの追及ができていないので、
取り組み姿勢を見習わなければと思いました。

他にも素晴らしいSD作品が数々あったの
ですが、じっくり拝見することができていません。
またモデスポ2014で拝見できるかなと期待
しております♪







そして続きましては、最近フォローさせていただきました、「アサヒ倶楽部」さんの
ひらりんさんの作品群。その「塗りの深み」にただただ圧倒されました。


Img_4366 Img_4367



















Img_4368 Img_4369












Img_4371 Img_4372



















Img_4370 Img_4373


















どうやったかこんなすごい塗りができるのか・・・弟子入りさせて頂きたいです(;´Д` )。


Img_4374 Img_4375


















こちらは同じアサヒ倶楽部さんに展示されていたFSSのバッシュ。
「先週モデギャラさんで1位になっていた作品では・・・」と思いパシャリ。
こちらも「塗り」がいいですね♪マットっぽいのにツヤ感がある・・・
絶妙な塩梅がすばらしいです。

この後、MASAKIさんが卓番をされていた「トライアングル」さんにお邪魔し
しばらく歓談。卓番を終えたMASAKIさんにご案内頂きまして、「模型酒団
バッカス」さんにお邪魔しました。

Img_4377 Img_4378


















モデスポ2013にも出展されていたSOLさんのハコビジョンジオラマ。
「大気圏突入」は新作、SWはモデスポ2013でも拝見しました。

TVを観ているようなビジュアル、光・動きと非常に楽しいジオラマで、まさに
SOLさんWORLD炸裂ですね♪

Img_4379 Img_4380












そしてMASAKIさんのご紹介でご挨拶させて頂いた逗逗(Doudou)さんの
魚市場ジオラマ。左の写真で大量に並んでいるマグロ?のキットが手に
入ったことがこのジオラマ製作のきっかけになったとのこと。
右側の写真で写せていないのですが、上には天井があり蛍光灯が点いて
いるんですよ♪
やっぱりこちらの作品にも「物語」がありますね。


そして学屋さんのクラブタイプを拝見しに「Panzer Craft Edelweiss」さんへ。
一緒に展示されていたランドシップやWM作品をたくさん拝見しました。

Img_4382 Img_4383












Img_4384 Img_4385











Img_4386 いずれの作品も、小物配置も含めた工作、塗り、
物語性と一級品ですね。
モチーフが大好きだからこそ出来る作品なのだろう
と思います。








以上、「ツイッターつながり編」でした。実際はフォローさせて頂いていない方の
作品も多数含まれていますが、それだけツイッターのつながりの力が強いのだと
あらためて思った次第です。


| | コメント (2)

2014年5月21日 (水)

第53回静岡ホビーショー その1 -東京オフ会つながり編-

昨朝はまた不意に早く目が覚めてしまいましたが、これ幸いとばかりに朝模。
ガザCに光沢クリアを吹き終わることが出来ました\(^o^)/。

そして夜、デカール貼ろうとジオンマークを切り出してペタリ→押さえつけ→
デカール古すぎて破れる・・・というのが二度発生して萎えた(;´Д` )。
モチベーションだだ下がったので、静岡HSに関するブログを書くことに切り替え。

ツイもしましたが、今回は去年にも増して合同展示会の比重が高く、しかも作品
を拝見しながらモデラーさんとお話しすることに最重点を置いていたので、展示会
もほんの一部しか拝見できていませんw
そんな偏ったホビーショーレポですが、数回に分けてうpしていきますね。

そしてひとつお詫びを。戻ってからあらためて写真を観ると、手ブレによるピンボケが
酷すぎてガッカリ。すごい作品に申し訳ない状態なのですが、雰囲気だけでも味わって
頂けましたら幸いです。

まずは「東京オフ会つながり編」と題して、2012年に東京で仕事をしていた頃に
知り合った方々の展示作品から紹介していきます。

Img_4291 6:30前発の新幹線に乗ったので、9:00前には
ツインメッセに到着。大阪のキモヲタが模型の
世界首都に今年もやって参りましたw








東京に住んでいた頃にリアルで交流させて頂いていたメンバは、ニコ生中心に
活動されている模型サークル「プラギルド」さんの卓にゲスト参加されていました。
真っ先に卓に直行。かずをさん、MASAKIさん、Saiyanさん、akiさん、バタやん、
ピクさん・・・懐かしいご尊顔を拝見でき、すごくうれしかったです(*´∀`*)。

では皆さんの作品です。

Img_4293 Img_4300




















Img_4309 Img_4310













バタやんのMGザクキャノン(イアン・グレーデン機)。事前に、
「ブーメランパンツで会場を闊歩してる」だの、「回転するガトリングは乳首に
押し当てて楽しんでくれ」だの、ふざけたことばかり言ってましたがw、半端ない
模力がなせる作品でした♪
ツボったのは、装甲の間の密度感、シールドの梨地加工と色、そしてグレーデン
のパーソナルマークのデカール密着度。さすがGBWC2013ファイナリストです。


Img_4311 Img_4312



















そしてファイナリスト作品である「飾りじゃなかったです!」。
バタやん曰く、「この作品の主役は、シャアに言い訳しているジオン兵」とのこと。
今回、いろんなスゴイ作品を拝見して思ったことは、「一流の作品には
バックグラウンドがある」という点。バタやんのももちろんその「一流作品」です。

そんなバタやん、今年はモデスポ2014を観にきて下さるとのことで、非常に楽しみっす。



Img_4297 続いてはakiさんのMG EWACザック。写真では
分からないのですが、レドーム内部はゆっくりと
回転してるんですよ♪

安定の工作精度に加え、電飾+ギミックが新たに
追加されたakiさん作品はもう無敵ですな。

今回はあまり話せず残念でした(´・ω・`)。













Img_4306 ピクさんのギャン&サザキ!
ギャンもHGUCにかなり手を加えていて、可動領域が
広がっていますが、この展示形態だと伝わりにくいかなw

そしてサザキは造形、塗りともに絶妙で、下方から
照らしたライトのお陰で、サザキのいやらしさが全面
に出ていて怖いですw
コントローラもぼんやり光ってるんですよ。
ピクさん芸達者すぎやで♪











Img_4313 Img_4314


















Img_4315 Img_4317











MASAKIさんのジオラマ「少年の眼差し」。戦闘の余波で建物を半壊させた陸戦型
ガンダムの腕。そこに登って空を見上げる少年。心配する母親と付き添う兵士・・・
登場人物ひとりひとりに「物語」があります。MASAKIさんの作品の魅力全開です。


Img_4318 そして最新作のサンボルザク+ビックガンの
ジオラマ。
帰ってきてから気づいてすごく残念だったのですが、
自分のカメラと腕では、寄って撮った写真がピンボケ
の極みで、うpするに値しない画になってしまって
ました。いろんな画をうpできずにすんません。

まずもって構図がスゴイ。この配置で展示に耐えられる
作りになっていること自体が信じられないです。
そして作品のクオリティも一級。ザクのマッシブ化は
もちろん、ビッグガンの塗り分け、デブリの作り込み
など、感心しっぱなし。偉大なる同い年の方の
作られた作品。もっと覗き込んでいたかった・・・









Img_4376 そして「トライアングル」さんの卓に展示されていた
ずをコンthirdの砂ザクジオラマ。
東京在住中に、砂ザク単体では拝見していたの
ですが、ジオラマとしては今回初めての拝見でした。
やっと拝見できた!

同じ「砂ザク」でずをコンに参戦できたことは、自分
のいい思い出です。












Img_4325 Img_4324


















クオリティの高い工作と塗装でおなじみ、サイヤ人さんのMGネモと、オリジナルの
GBF作品であるビルドウィングゼロ。
一見では分からないかもしれませんが、ネモは無茶苦茶手が入っていて、キット
そのままとは別物の出来です。
自分は特に頭部がお気に入り。面長な印象が完全になくなっていてかっこいいっす。

そしてビルドウィングゼロ。違和感ないミキシングで、本編に出てきそうなデザインが
いいですね♪
サイヤ人さんは他にも多数出されていたのですが、ブースで話しているうちに、観客
でいっぱいになり、写真をとれる状況でなくなったのが残念です(;´Д` )。


Img_4303 そしてかずをさんのMGシナ・スタ。

美麗な白から覗く、セクシーチラミセメカのシルバーが
これまたキレイ。伺ったところ、メッキシルバーNEXT
だそうです。

安定の整面、デカール段差も皆無の素敵な作品。
「丁寧さ」・・自分が絶対できていない、見習うべき
取り組みです。

うpも撮ったのでどぞー つ

#フロンタルもおるよ♪










Img_4304 Img_4305











Img_4321 そしてGBF作品であるビルドFX KAI!
こちらもキレイかっこよく丁寧な作りのすごい
作品です♪

かずをさんは他にも戦国アストレイを出品されて
いましたが、教えて頂いた頃にはブース前の人ごみ
が半端なく、とても前で写真をとれる状況では
ありませんでした・・・

プラギルドさんの作品もすばらしいものばかり
だったのですが、モデラーさんと話すのに必死で、
ほとんど拝見できず、写真も撮れずで大変もったい
ないことをしました。
やっぱホビーショーは2日間いかんとあかんです。






ここまでがリアルでお会いしたことがあるメンバの作品なのですが、今回同じ卓に
出品されていた、これまた偉大なモデラーさんとリアルではじめてご挨拶させて
頂きました。その方々とは・・・オラザクチャンプのDAITENさんと盟友のGREEDさん
です♪

Img_4298 DAIさんの最新作であるスナイパーⅠ。
太ましくリファインしたプロポ、芸細な小物配置、
ライフルやランドセルのデザインアレンジ、そして
自分が一番好きな塗装術・・全てがツボです!!

今回、わざわざ作品をブースから取り出して
下さってガン観させて頂いただけでなく、塗装術に
関する根堀り歯堀りな質問にも親切に答えて
頂きました。ありがとうございます(*´∀`*)。
出来るかどうか分かりませんが、自分もチャレンジ
してみたくなりました。









Img_4307 Img_4308











そしてオラザクチャンプ作品であるラルザク!
全身にくまなく追加されたディテールはもちろん、DAIさんの作品の魅力は
切妙な小物配置による「戦闘兵器としての演出」。口についた筒状のパーツ、
スカートにぶら下がる暖簾状のパーツ、左肩からニョキっと伸びた四角い
パーツ・・・どういう役割をするのだろうと想像してニヤりとしてしまいます♪

この作品を拝見するころにはブース前がいっぱいになり、じっくりガン観
できる状況から程遠くなってしまっていました。もっと観たかった・・・

Img_4296 Img_4301




















Img_4295 Img_4302












そして、「MSVリベンジ」のワークスザクですっかりファンになってしまったGREEDさん
のギラ・ドーガ陸戦仕様。極太化したランゲ、発射の反動を支える補助脚と、この
作品にも「物語」が・・・

ジャンクパーツ+スクラッチパーツ取り混ぜての兵器演出、陸戦兵器であるがゆえ、
地味めなカラーをチョイスしつつも、スプリッタで差し色混入というニクい仕掛け・・
「華」のある作品だと感じました。

DAIさんにも、GREEDさんにも、はじめてにも関わらず気さくに接していただきまして、
その人となりも含め、あらためて大ファンになった次第です。
またお会いして作品を拝見したり、話せるといいなぁ。


以上が「東京オフ会つながり編」のすばらしい作品群でした♪
不定期になるかもしれませんが、また続きを書きます(=゚ω゚)ノ

| | コメント (10)

2014年5月20日 (火)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (14)

昨日は阿波おどり県に出張でした。大阪市交通局→JR→高速バス→JRと
乗り継ぎまくって片道3時間半強・・・

先週の宇都宮に比べればたいした時間ではない・・・と考えている時点で
長距離移動に麻痺していますねw

その上、この先も何度か行かないといけない感じ・・・完全に長距離担当です(;´Д` )。

2014051901_hguc_amx003_painted 帰ってきてからガザCの塗装続き。
昨日白で塗った動力パイプは、(C)ダークイエロー90%
+(C)イエロー10%の混色に塗り替え。かかとの動力
パイプモールドは筆塗りしました。
そしてMA機首、及びバーニアなどをシルバーで塗る
ための下地として、ガンダムカラー シャア専用ザク
Ver.2.0セットのブラック(1)で塗装。シルバーは(G)
スターブライトシルバーです。


今日も戻ってから塗装したいところなのですが、今晩~明日午前中は雨とのことで、
静岡HSのブログうpの準備に勤しみたいと思いますφ(.. )。

| | コメント (0)

2014年5月19日 (月)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (13)

おはようございます(`・ω・´)ゞ 静岡で拝見した超絶作品への興奮冷めやらぬ中、
休んで模型したい感満載wですが、あいにく今日は徳島へ出張です。

※静岡でたくさん撮らせて頂いた写真は後日うpする予定ですが、ちょっと
  整理する時間を頂ければと思います。

そしてそんな超絶作品と比較するに値しないクソみたいな出来のガザCをうp
し続ける罪をお許しください(;´Д` )。

昨日戻ってきてから「1色だけでも・・・」と白吹きました。VO-01ウォームホワイトです。
アホの一つ覚えの「白い動力パイプ」を今回もやりたかったので、吹いてみました。
食いつきを考えて、下地はプライマーZです。

2014051801_amx003_body 印象を確認するために組んでみました。

そもそもグリーンのツートンが量産型ザクスキーム
ということで、ただでさえ印象薄めなのに、パイプを
白にしたことであっさり塩味に磨きがかかってしまって
います(´・ω・`)

そこで動力パイプは設定色の黄色がかった
サンディイエローに塗りなおすことにしました。
合わせて、MA機首のニュートラルグレーⅢも、
黒味がかったグレーに塗りなおす予定です。

それにしてもきったねぇなぁ・・・白(;´Д` )。

| | コメント (0)

2014年5月18日 (日)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (12)

おはようございます♪ 今日は静岡ホビーショーにお邪魔します(*´∀`*)。

さて昨日は静岡ホビーショーの一般公開日初日と、ガンダムUC ep7のイベント上映
初日が重なり、ツイッターのTLも両方のトピックが乱れ飛ぶ状況になりました。

ep7についてはネタバレツイはなかったので一安心。静岡は合同展示会のすごい
作品のツイが連発で(´Д`;)ハアハア状態!拝見するのが楽しみです♪

さて、昨日は午後から終日塗装day。結果はこんな感じです。

2014051703_hguc_amx003_painted 薄いグリーン:(C)UG06 MSグリーン

関節:マツナガ小隊2番機用に作った、
(C)ダークアース+(C)GXクールホワイト(1:1)

シュツルムファウストやMAの機首:
(G)ニュートラルグレーⅢ




一昨日吹いた濃いグリーンのチェックをすると、まだ下地が透けてみえる部分が
あってリカバしたり、薄いグリーンも、ブラシ洗った後で濃いグリーンと同じ状況
に陥っているのを発見し、再度吹きなおすという効率の悪いことが起こったため、
実質3色しか吹けませんでした。
最低でももう1色吹ければよかったんですが・・・

さて、今から静岡行ってきます(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月17日 (土)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (11)

日が変わって昨日はさっさと定退したのに、模型やりはじめたのは22:00前。
それまで何やっとったのか・・・(;´Д` )

2014051701_hguc_amx003_deepgreen そして先ほどまでガザCの1色目塗装してました。
濃い緑部分は、マツナガ小隊2番機の候補色として
買ったまま使っていなかった、ガンダムカラーの
MSディープグリーンを使いました。







袖付き仕様って、本来はギラ・ドーガカラーなんですよねぇ・・・
でもジオンカラーはやっぱりザクのスキームでしょ?と後付けで調色をサボる理由を
考える根性なしですw

起きて用事済ませたら、塗装の続きやろっと(=゚ω゚)ノ




| | コメント (0)

2014年5月16日 (金)

宇都宮遠征と餃子と鉄板焼き

昨日は日帰り宇都宮出張だったので、プラモネタ一切なしですw

20140515_115917 8:00過ぎの東海道新幹線で一路東京へ。
東北新幹線に乗り換え、12:00前に宇都宮着。

9年ぶりの宇都宮東口は、その風景を大きく変えて
おりました。
以前は砂利を敷き詰めた更地だったのですが、
整備され駐車場になり、宇都宮餃子館の餃子
ストリートがお出迎え。

スタミナ健太の銅像www









打ち合わせは16:00前に終わり、宇都宮駅に戻ってきましたが、同行していた営業
から「餃子食って帰りましょう♪」の一言が!
( ̄_ ̄ )。o0○(今日は帰阪したら約束があるのではよ帰らんといかんのやけど・・・)

20140515_164503 と思いつつ12種食べ比べのセットを注文しましたw

以前食べたときは皮が分厚くて、「飲茶用のを
無理やり焼き餃子にした」という印象だったのですが、
今回はパリっとしておいしかったです♪






20140515_183428 17:30前の東北新幹線→東海道新幹線で大阪へ。

EXカードのポイントでグリーンに乗ることができました。
快適~♪
21:00過ぎにようやく大阪に戻ってきました。














20140515_213122 そして、泊まりで大阪まで遊びにきていた地元の友人
と合流し、鉄板焼き屋へ。

以前買い逃したこれらのキットを地元の模型店で
買ってくれており、それの引渡しにわざわざ寄って
くれました♪ あざまっす(*´∀`*)。













20140515_213903 20140515_222544




















とんぺい焼き、ピザお好み焼きなど、高カロリー炸裂w
いやぁ、腹いっぱいなので、今日の朝めしは抜きにしますw
今度は地元でめし行きましょう♪

| | コメント (2)

2014年5月15日 (木)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (10)

今日は日帰りで栃木出張。2~3時間の打ち合わせのために、往復10時間ぇ('A`)

そして第53回静岡ホビーショーの業者招待日の初日ですね♪
毎回、当日午前中にネットに上がる新作情報を楽しみにしているのですが、
残念ながら昨日の夕方にバンダイさんの新作リーク情報がツイッターに流れました。

楽しみにしていたモデラーさんの気持ち面での問題はもちろんなのですが、
自分はモラルの観点で「アホちゃうか」と言いたい気持ちでいっぱいです。

バンダイさんの関係者か、他社か、それとも設営に携わった人間か・・・
推測の域は超えませんが、やった人間は守秘義務やNDAという言葉を
知っているのでしょうか。

身元が判明すれば、懲戒などで本人が社会的に処罰されるのはもちろん
ですが、もし設営など、仕事を請け負う側の会社の人間なら、その会社自体
が今後、この手の仕事を請け負う機会を失うことになります。
会社経営に影響がでるでしょうし、、そのことで会社の他の人間にも多大なる
迷惑をかけることになります。

もうちょっと想像力を働かせたほうがいいんじゃないっすかね?
自戒も込めて書きましたm(_ _)m。

そして続・ウザい宣伝ですw

2014051400_10
マツナガ小隊2番機ザク、ようやく10位に入る
ことができました。ありがとうございますm(_ _)m。

今日で1週間。あとは落ちていくだけですし、
自分がめちゃめちゃファンのフクさんのデルタ
ガンダムが後ろからマッハの勢いで迫ってます
ので、ここにいるのも時間の問題ですw







2014051401_hguc_amx003_elbow そして昨日の夕方はジムに行っていたので、
朝模の成果。
っつっても、UC版の設定画でなくなっている
肘の動力パイプモールドをカットし、表面処理
しただけですwww

前置きのほうが長いっちゅうのw





さて、長旅にでるとしますかね・・・(´・ω・`)

| | コメント (0)

2014年5月14日 (水)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (9)

昨日は突発の保守作業で帰りが若干遅め。
めし→風呂済ませてから、ガザCちょこっとサフりました。

2014051301_hguc_amx003_surfacer 感覚的ですが、全パーツのうち3/5程度終わった
くらいでしょうか。

今回もサフEvo銀使いました。
直前まで、濃いグレーの混色サフにするか、銀サフ
にするか、黒サフにするか迷いましたが・・・





ネオジオンカラーならともかく、袖付きカラーに塗り替えているのだから、色はげは
発生していないはず
→チッピングで黒下地は出さないので、色を乗せるのがしんどい黒はやめ。また、
黒と同じく、色乗せがしんどい混色グレーサフもやめ。

というわけで銀サフにしました。
それもガッツリ吹くわけではなく、メインカラーの食いつきをよくするためだけに吹く
という目的なので、微かに銀に見える程度です。

吹いてみて分かったことですが、やはり袖の表面処理が少し甘かったですね。
磨いて再度吹こう。

今晩も続きをやりたいところだったのですが、出張がある木曜の代わりに今日ジム
に行こうと思っており、数日塩漬けになるかも・・・です(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (8)

昨日に続き、木曜の出張も雨の中だそうです。
度重なる嫌がらせ、ありがとうございます。ksg!(;´Д` )

さて枕はまたまたウザい承認要求な宣伝で恐縮ですm(_ _)m。

2014051200_12 先週モデギャラさんにうpしたマツナガ小隊2番機
ようやく12位まできました(-o- ;)

今年に入ってから投稿した作品は、100ptどころか
50ptすら届かずに1週間経ってしまうことが多く、
普通に作ってるだけじゃあ全然観て頂けないという
事実を痛感しています。





しかし去年よりも成長しているという自負があるので、少なくとも去年と同等の票を
獲得できると思うのですが、なんでやろ・・・と考えてみて気づいたことが1つ。
今年に入ってから投稿~トップページから流れてしまう迄の時間が早い気がします。

去年だと長いもので丸3日以上、短くても丸2日以上トップページにいたのが、
今年は丸1日半くらいでトップから流れてしまうことが多く、流れた途端にView数の
増加が鈍る→得票も鈍るということなのかなと邪推しています。

でもそんなことは言い訳にしかならないと思います。
オーソドックスな作りでも、作品の凄みであっという間に多くの票を獲得している方
がたくさんいらっしゃいますし、自分もそういう方向性が好きなので、もっと凄みを
出せるよう、知恵と技術を使っていきたいと思います(`・ω・´)。

2014051203_hguc_amx003_front さて、枕での決意とは裏腹の、凄みのない作品ですw
一昨日の続きで、残りパーツを磨いて組んでみました。

左手には地上戦セットのシュツルム・ファウストを携帯
させました。

やっぱモノアイ点灯させるとかっこいいっすね♪
今晩サフ吹けるかな・・・(=゚ω゚)ノ





| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

HGUC AMX-003 GAZA C [THE SLEEVES] (7)

久々の遠方出張・・・と思ったら雨て(;´Д` )。ほんま雨男ですわw

GW怒涛の製作がひと段落し、昨日は昼から掃除や日用品の買い物に
出かけはしましたが、模型的には夕方まで呆けた状態で過ごしてしまいました。

これではいかんと、一昨日パーツを切りだしたヤクト・ドーガを進めるのが
普通の流れなのですが・・・

あ・・・ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは ヤクト・ドーガを作ろうと思ったら いつのまにかガザCをいじってた」
な・・・ 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった・・・

頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

マジで自分でも何を考えているのか分かりませんwww
移り気にも程がありますね(´・ω・`)。

ブログを遡ってみると、2011年2月に合わせ目消しなどを終えて以降、丸3年
放置していたこのキット。
ガンダムUCに登場以来、袖付き仕様にしようと思っておりましたが、ようやく
今日その工作をやりました。が、その前に・・・

2014051101_hguc_amx003_head1 もともとこのキットは「モノアイを光らせるのに適した
構造でパーツ設計されている」と発売当初話題に
なりました。

そこで、最近流行りのミライトを仕込めるよう、胴体
フレームのいろんなところを切り欠きました。
こんな感じで光らせることができるようになりました♪




2014051102_hguc_amx003_head2 こんな感じで背中からミライトを脱着できるように
しています。









2014051103_hguc_amx003_body そして胸中央ブロックと両下腕に袖付きの意匠を
作成。0.3mmプラ板をペタペタ貼りました。

袖の部分は幅があまりないため、羽のような意匠
は辺毎にプラ板を切って貼っています。

従って、ラインの折れる部分はプラ板の境界に
なりますので、黒瞬垂らして磨きましたが、果たして
埋まっているでしょうか・・・
捨てサフでチェック要ですね。

さっさと表面処理してさっさと塗りたいです♪






| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

関西仮組オフ会(2014年5月度)

日が変わって深夜更新。日付的には「昨日」のお話ですね。

今月のオフ会は例月と異なり、中旬より前に開催。
ロクさんの帰省タイミングに合わせ、昨日凸凹さんに集まりました。

まずは皆さまの完成作品から紹介しまっす つ

Img_4257 ひでぞーさんはまずスケコン用のA-10撮影。
お家から三脚と一眼持ち込むという気合の入りよう。
なんでも器用に作らはるわ~(;´Д` )









Img_4258 のぼさんはGBF祭りとベアッガイⅢ祭りの作品、
僕はGW完成品をまとめて持ち込み。
あれ、左端のクマは・・・w








そうこうしてるうちにロクさんがお店に来られました。昨年のお盆以来ですね。
お久しぶりです♪

Img_4261 Img_4265



















ついに拝見できました\(^o^)/ 「ずをコン3.5 AB祭」用の作品であるズワースです。
原型留めてねぇYo!
中でも0.3mmプラ板で表現された羽は圧巻!東京のオフ会でアドバイスを受け、
血管の表現を追加されたそうです。

Img_4266 Img_4272




















そして製作中のサイコザク!ただでさえ密度感のあるキットに更なるディテール
を追加されており、細かい塗り分けでそれが非常に際立っています♪
十八番の電飾も健在!このキットを作られるだけでもすごいのに・・(´Д`;)

そして皆さんの製作作業は・・・

Img_4273 自分はパーツ切りだしだけで、ほとんど
しゃべってただけw
さて、何のキットでしょうか・・・w?









Img_4274 Img_4275



















大将は「ファンタスティック木村」として、GBF祭りの参戦作品「グフ・ファンタスティック」
を製作中。そしてクマは・・パイルダーオーン!! 両方とも6/8までに完成するのか?
「やるときはやる男」ひでぞーはきっとやってくれますw

Img_4276 マスターはU-10祭り用のダイビングビートル
の続き。
1/35のAT、自分も作ってみたいっすね。

















Img_4280 Img_4281




















師匠はベアッガイⅢ祭り用の「アカハナッガイさん」!!絵心ありすぎwww
そして高度な彫り技は健在。胸にタガネで「アカハナ」とフリーハンドで彫りこんでましたw

ちなみに前にも後ろにも顔があります。♪アーアアー、アーアーアーアーアアー
(後ろの顔の口からGN粒子がでますw)


Img_4279 のぼさんはクロボン魔王とヴィクトリーのデカール
を黙々と貼り貼り。来月は2体お目見えかな。











17:00には凸凹さんをお暇し居酒屋へ。2時間半くらい?飲んで食って楽しく歓談。
はじめるのが早かったので、お店をでないといけない時刻もかなり早め。

Img_20140510_203900 早かったので、酔ったひでぞーさんが「ヨドバシ行こう♪」
と言いだし全員で行って参りました。
※実は言いだしっぺが一番先に行きたくなくなって
いたという事実www

プロユースシンナーが欲しかったのですが、あいにく
品切れ(´・ω・`)。メタリックマスターだけ買って
帰ってきました。

今日の名言は「ツールクリーナーぶつけるぞ!」
ですw







今月も大変楽しかったです♪ 来月はGBF祭り&ベアッガイ祭りに合わせての
参集になるかな?よろしくお願いします(=゚ω゚)ノ

| | コメント (2)

2014年5月10日 (土)

ヤマト2199版メカコレNo.2 国連宇宙海軍 磯風型突撃宇宙駆逐艦 (3) -DDS-117 ユキカゼ- その2

今日の午前中は所用で朝から地元戻り、午後からはオフ会と
忙しく動きますので、いつも通りの目覚めです(ρo-;)。

さてGW怒涛のプラモ製作の成果、これにて最終作品。どぞー (ヽ´ω`)つ

メカコレ ユキカゼの2個目、名前の通り「ユキカゼ」として完成させました。
先日うpした「イソカゼ」とまとめて撮影したものをうpします♪

先日のブログにも書きましたが、写真うpに合わせ、どの作業に
どれだけ時間がかかったかも書いてみます。

2199mc_02_m21881_01_leftfront 5/7(水)
パーツ切りだし 20分
ゲート跡消し 30分
洗浄、もち手付け 30分
サフEvo銀吹き 30分
白、赤吹き 60分
マスキング+黄色吹き 30分




2199mc_02_m21881_02_rightfront 5/8(木)
光沢クリア吹き 30分
ウォッシング、エナメルメタリック塗り分け 50分









2199mc_02_m21881_03_rightrear 5/9(金)
つや消しクリア吹き 15分
合計 4時間55分→約5時間で完成ですね。

朝から作業すればその日中には終わります。
ほんと息抜きにお奨め♪





2199mc_02_m21881_04_leftrear カラーレシピ
(G)ガイアカラー、(C)Mr.カラー、(T)タミヤエナメル
白:(G)ウォームホワイト
赤:(C)シャインレッド
黄:(C)イエロー70%+(C)GXクールホワイト30%
ウォッシング:(T)ジャーマングレー+フラットブラウン混色
バーニアっぽい箇所:(T)フラットアルミ
艦橋の窓っぽい箇所:(T)メタリックブルー


最後に(C)スーパークリアつや消しを吹いて完成です。

この調子で白×赤カラーも作りたいですね♪
ガミラス艦発売も楽しみにしています(*´∀`*)。

| | コメント (0)

2014年5月 9日 (金)

HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE ~MATSUNAGA TEAM 02~ [Finish]

5/3には完成しておりましたが、写真撮るのが遅くなりました。
サクっと作ろうと着手し、それでも約1ヶ月弱かかってようやく完成したF型ザク。
完成記事うpです♪

Hguc_ms06f_w2_00_rightupperbody バストアップ(右から)
■設定(妄想)
「MSV-R ザク編」にF型マツナガ小隊機が登場
していますが、解説に「2番機はブルーで"W"、
3番機は赤で"W"が書かれている」とあります。






Hguc_ms06f_w2_01_rightbirdeye 俯瞰(右上から)
■設定(妄想続き)
またマツナガ小隊機は、マツナガがFS型に
搭乗していた頃から存在し、その頃のカラー
リングはノーマルのグリーンに白い識別帯。
そこで・・・






Hguc_ms06f_w2_02_leftbirdeye 俯瞰(左上から)
■設定(妄想続き)
「マツナガがR型に乗り換えた際に、共に実力を
買われた小隊メンバもパーソナルカラーが許可
されたことにしよう♪」ということで、名づけて
「後期カラー」!"W"のカラーを踏襲したブルー
を機体色としました。





と、いうことは・・・今後に期待して下さいw

Hguc_ms06f_w2_03_leftfront 左前面
■工作
ハーフキャノンでも実施した、自分の中の
「HGUCザク定番工作」をもう少し増やしました。
・頭部のモノアイガード部分の高さを1mm詰め。
・モノアイガードを開孔し、ハイキューさんのSP
 プレート1.5mm+クリアドームMの1.5mm埋め。
・太ももを3mm延長。











Hguc_ms06f_w2_04_leftrear 左背面
■工作(続き)
・WAVEさんのUバーニアフラット[1]で手首カバー
を作成
・足の甲を切り離し、中央で分割して1mm幅詰め。
 甲が斜めに傾けられるよう可動軸作成。
・スパイクをビルダーズパーツに換装。
  (MSスパイク01 1/144)
・手首をビルダーズパーツに換装
  (MSハンド02 1/144)









Hguc_ms06f_w2_05_rightside 右側面(やや後ろから)
■塗装・仕上げ
凡例:(G)ガイアノーツさん、(C)クレオスさん、
(T)タミヤさん、(H)ハイキューパーツさん、
(B)バンダイさん

下地:(C)Mr.サーフェイサー1000
 +(G)サーフェイサーEVOブラックの混色サフ
その上から、(G)スターブライトシルバーを吹き、
ケープ・スーパーハードを軽く塗布。










Hguc_ms06f_w2_06_rightfront 右前面
■塗装・仕上げ(続き)
・基本色(薄青):(C)RLM65ライトブルー
・基本色(濃青):(C)ミディアムブルー
・動力パイプ:(G)EXホワイト、(T)フラットアルミ
・関節色:(C)ダークアース+(C)GXクールホワイト(1:1)
・グレー:(C)ガンダムカラー ファントムグレー
・武器:(G)VO-15 フレームメタリック(2)











Hguc_ms06f_w2_07_front 正面
■塗装・仕上げ(続き)
・オーバーコート:(G)EXクリア(光沢)
・デザインナイフでチッピンク
・デカール:
 ジオンマーク・・(B)ガンダムデカール
   コーション:(G)NCデカール05 ホワイトワンカラー
 (G)TRデカール ナンバー ホワイト、シルバー
  (G)EXPデカール アルファベット01 ホワイト
・再度オーバーコート:(G)EXフラットクリア
 +(C)フラットベース(なめらかスムース)









Hguc_ms06f_w2_08_rear 背面
■塗装・仕上げ(続き)
・ウォッシング
 1回目:(T)ジャーマングレー+フラットブラウン
 →スポンジ拭き取り(溶剤なし)
 2回目:(T)オリーブドラブ
 →スポンジ拭き取り(溶剤付き)
・最終オーバーコート:(C)スーパークリア(つや消し)










今回このキットを作るのは三度目なんですが、つくづく自分はこのキット
が好きなんだと痛感しましたw
今となっては形状的にも大してかっこよくないと感じるのですが、少し
イジるだけでそこそこのかっこよさに化けてくれるのがいいですね。

Hguc_ms06f_w2_09_rightrear_leg Hguc_ms06f_w2_10_leftfront_leg














足回りの汚しうp。「自然な汚し」を目指しましたが、今回もわざとらしさ
全開で萎えました('A`)。上手い方に教わりたい・・・

Hguc_ms06f_w2_11_frontupperbody バストアップ(正面)











Hguc_ms06f_w2_12_leftupperbody 最後にバストアップ(左から)











モデギャラさんにもうp済みであります♪
http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=19966&cid=16

凄腕の皆さまに早速コメント頂け、すごくうれしいです(*´∀`*)。


完成品欠乏症になっていた自分にちょうどよい機会になりました・・・

が、その後怒涛の如く、フロッガイⅢやイゾカゼが完成したので
結構お腹いっぱいですw

また真面目に作りこむ作品もやらねば!です(=゚ω゚)ノ

| | コメント (2)

2014年5月 8日 (木)

ヤマト2199版メカコレNo.2 国連宇宙海軍 磯風型突撃宇宙駆逐艦 (2) -DDS-117 ユキカゼ- その1

さて、今日も朝更新。自分の中でのうれしいニュースを2つばかり紹介します。

ひとつめ。「今年は開催されるのかな・・・」とやきもきしていたモデスポ2014
ですが、昨日公式ブログに下記記事がうpされました♪

モデスポ2014始動します!
http://www.modelersexpo.com/archives/1180

今年も11月頭の2014年11月1日(土)~11月3日(祝)に開催されます(*´∀`*)。
うわぁ、今年もサポーターズエキシビジョンに出たいなぁ・・・続報待ちましょう♪

そして我がサークルの重鎮、iibaカワバタマスターの新しいプラモ教室の
募集が始まりました♪

俺たちのプラモデル教室 ~初級編~
http://www.kobe.coop.or.jp/kouza/search/result.php?t=101&a=201

「プラモデルをはじめてみたいけど、どうやっていいか分からない」といった悩みを
持たれている方にはお勧めの講座になると思います。

#マスタへ 
 自分の推測と異なる内容の講座ならご指摘ください。内容訂正します。


さて、昨日の模活の紹介。メカコレユキカゼの2個目を"ユキカゼ"として作り
はじめました。

今回はどれくらい時間がかかるか計測してみました。

<朝の部>
パーツ切りだし 08:10-08:30 20分

<夜の部>
ゲート跡消し 19:30-20:00 30分
洗浄、もち手付け 20:00-20:30 30分
サフEvo銀吹き 20:30-21:00 30分
白、赤吹き 21:00-22:00 60分
~風呂~
マスキング+黄色吹き 22:35-23:05 30分

ここまでで3時間20分ですね。

そして何の役にも立たない情報w
風呂を挟んだ際に、掃除したブラシからニードルを抜いていたことを忘れておりました。
そのまま黄色の塗料をブラシにぶち込んでしまい、ブラシの中が塗料まみれ(;´Д` )。
掃除に時間がかかってしまい、昨日はここまでで終了・・・

2014050701_m21881_dds117_painted 吹いた色のレシピは以下です。
白:(G)ウォームホワイト
赤:(C)シャインレッド
黄:(C)イエロー70%+(C)GXクールホワイト30%

せめて光沢クリアコートまで終わりたかったなぁ・・・
週末のオフに間に合うか!・・って今日は夕方
ジムでトレーニングです(´・ω・`)。

| | コメント (0)

2014年5月 7日 (水)

ヤマト2199版メカコレNo.1 国連宇宙海軍 恒星間航行用超弩級 宇宙戦艦ヤマト

今日からまた仕事・・・もっと休みたいw
仕事はトップスピードを出さずに慣らし運転といきたいところです。
さて、今日もネタがあるうちの朝更新です♪

昨日書いた通り、午後からひでぞーさんと凸凹さんに行ってきました。

2014050600_hidezo ひでぞーさんはベアッガ・・・あぁやってない(;´Д` )
スケコン用のA-10という航空機のウォッシング
とデカール貼ってました。
「やるときはやる!」とおっしゃっていたので、
ベアッガイもきっと締め切りに間に合うでしょう
(白目











2199mc_01_bby01_00_pachi 自分はヤマトの1dayモデリング。
凸凹さんに行く前にパチってみました。
昨日自分で切り出したくせに、ユキカゼ組んだ
ときの手ごたえで「楽勝♪」と高をくくってしまって
ました・・パーツ数多いわぁ(;´Д` )。






このキット自体は赤字では・・・ユキカゼなどの他のメカコレも含めて黒字化
を目指して作ったのではと思えるくらい、細かいパーツ分割です。
これ、設計担当者がんばりすぎでしょw

まず艦首の「三日月部分」はサイドが開孔されていないので、ピンバイス
で開孔。
続いてユキカゼと同じくサフEvo銀塗布。これまたキットのよい面なのですが、
モールドが細かく入っていまして、危うくサフで埋めそうになりました(-o-;)。
サフは軽めで終了。

午後から凸凹さんで塗装し無事完成。以下、ギャラリーです。


2199mc_01_bby01_01_left 左側面
■塗装・仕上げ
凡例:(G)ガイアノーツさん、(C)クレオスさん、
(T)タミヤさん
・本体色:(G)ブルーグレー50%+(C)ミディアム
 ブルー50%+(G)ニュートラルグレーⅤ少量
 (色味の調整に使用)





2199mc_01_bby01_02_leftfront 左前面
■塗装・仕上げ(続き)
・艦底色:(C)あずき色90%+(C)GXクールホワイト
 5%+(G)ニュートラルグレーⅢ5%+(G)ニュートラル
 グレーⅤ少量(色味の調整に使用)
・オーバーコート:(G)EXクリア






2199mc_01_bby01_03_front 正面
■塗装・仕上げ(続き)
・ウォッシング
本体色部分:(T)ライトグレイ+(T)セミグロス
ブラックの適当調色
艦底色部分:(T)フラットブラウン






2199mc_01_bby01_04_rightfront 右前面
■塗装・仕上げ(続き)
つや消しコート:
 (G)EXフラットクリア
  +(C)フラットベース(なめらかスムース)
で終了っす。







2199mc_01_bby01_05_rightrear 2199mc_01_bby01_06_leftrear 右背面と左背面












2199mc_01_bby01_07_rear 背面











2199mc_01_bby01_08_birdeyefront 2199mc_01_bby01_09_birdeyerear 前面からの俯瞰
背面からの俯瞰















ユキカゼほどではないですが、これもめちゃめちゃ作りやすい良キットです♪
今月はガミラス艦(デストリア級かな?)が発売されますので、そちらも
期待大ですね(*´∀`*)。

| | コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

HGBF KUMA-03 ベアッガイⅢ(さん) ~ KERO-03 フロッガイⅢ(さん) ~ [Finish]

明日からまた仕事なので、体を朝型に戻すために無理やり起きました。
クソ眠いですが、ブログ書いたりプラモ作ったりして耐えますw

あ、それと昨日ひでぞーさんからお誘いがありまして、午後から凸凹さん
にお邪魔する予定。実は昨夜も仕事上がりのひでぞーさんのお誘いで
1ヶ月振りに行ってきました。
これだけ空いたのは久々だったので、楽さんにご心配頂いていた様子。
↓これのネタバレしないために篭ってました。すんませんm(_ _)m。

で、やっと、やっと、やっと出来ました♪
工作、塗装ともグダグダですが、どうぞ観てやってください (ヽ´ω`)つ

Hgbf_kero03_00_bustup 正面アップ
■工作
初見で耳がカエルの眼に見えてしまい、
「もうカエルにするしかない」と思いました。
もっとかわいくなると思っていたのですが、
超絶にキモいですw





Hgbf_kero03_01_front 正面
■工作(続き)
眼はコトブキヤさんのマイナスモールドⅢ
の9mm径の下をカットして貼り付け。
たれ目でかわいさを演出したつもりでしたが
・・・キモイw











Hgbf_kero03_02_rear 背面
■工作(続き)
「手をカエルっぽくせんとなぁ・・・」と思い、
コトブキヤさんの丸ノズル(L)の7mm径の中
にこれまたコトブキヤさんの丸モールドⅣの
5mmを仕込みました。
吸盤っぽく見えるでしょうか?(見えない!)










Hgbf_kero03_03_pose かわいいポーズを取らせてもやっぱりダメだーw
■塗装、仕上げ
凡例:(G)ガイアノーツさん、(C)クレオスさん、
(T)タミヤさん、(F)フィニッシャーズさん
今回はサフレスです。

黄:下地(F)ファウンデーションクリーム→
(C)みるきぃぱすてる グリーンVer.のカスタード
イエロー70%+(C)GXキアライエロー30%








Hgbf_kero03_04_leftbirdeyeview ■塗装、仕上げ(続き)
白:(G)VO-01ウォームホワイト
グレー:(C)ガンダムカラー・ファントムグレー
舌:(G)VO-13 コーラルピンク
スミ入れ:(T)フラットブラウン






Hgbf_kero03_05_rightbirdeyeview この角度から撮るとキモい理由が分かります。
目と口の間が空き過ぎてるんですw

この作品で、来る2014年6月8日にボークス
大阪SRで開催されます庵さん主宰の
 「ベアッガイⅢ祭り」
に参戦します♪



いつもの如く、モデギャラさんにもうpしています。
http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=19909&cid=48
応援よろしくお願い致しますm(_ _)m。


| | コメント (0)

2014年5月 5日 (月)

ヤマト2199版メカコレNo.2 国連宇宙海軍 磯風型突撃宇宙駆逐艦 (1) -DDS-101 イソカゼ-

夜更かしする→昼前まで寝る→プラモする時間減る→取り戻すために
夜更かしする→昼前まで(ry ・・・いかがお過ごしでしょうかw
今日はとうとう12:00前起きです(;´Д` )。では昼更新どぞー (ヽ´ω`)つ

自分がガキの頃に100円で買えたノンスケールのヤマト艦船シリーズ
"メカコレ"の2199版がリリース開始されました♪
その第一弾はヤマトとユキカゼ。もちろん両方とも買って、まずは
ユキカゼから組み始めたのは、先日のアメクラさん作業でも紹介した
通りです。

さて、一昨日には基本色を塗り終えていたのですが、細かい塗り分け
用の塗料が届いた昨日に仕上げまでして完成させました。
ツイッターでもたくさんの方に観て頂けてうれしかったです♪

2014050402_m21881_dds101 今回は"ユキカゼ"としては仕上げず、
ネームシップである"イソカゼ"として仕上げ
ました。

磯風型はこのカラー、ユキカゼのイエロー×
白×赤のカラー、そしてアヤセの白×赤の
カラーの3タイプ存在します。





2014050403_m21881_dds101 艦名シールがついているのは"ゆきかぜ"、
"あやなみ"、"いそかぜ"の3種で、ゆきかぜ
カラーといそかぜカラーだけなんですよね・・
自分としては3パターン分作りたかったので、
"あやなみ"ではなく"あやせ"にして欲しかった
のですが・・・デカール発売希望!






2014050404_m21881_dds101 工作はゲート跡消しただけ。合わせ目消す
なんてこのキットじゃ野暮ってもんですw

塗装 (G)ガイアノーツさん、(C)クレオスさん、
(T)タミヤさん
①下地:(G)サフEvo銀 ②赤:(C)シャインレッド
③(C)ファントムグレー (濃すぎた・・・)





2014050405_m21881_dds101 ④(G)EXクリアでオーバコート
⑤(T)フラットブラウンでウォッシング
⑥推進ノズル?:(T)フラットアルミ
⑦艦橋の窓?:(T)メタリックブルー
⑧艦Noと艦名貼った後で、以前作った
EXクリア(滑らかつや消し) 吹いて終わり。






2014050406_m21881_dds101 2014050407_m21881_dds101











いやあ、マジでこのキット組み易くて楽しいです♪
マスキングが必要な箇所は艦底の燃料タンク?っぽいパーツだけで、
ブラシでブファっと吹けばあっという間に基本色は塗れちゃいます。

思わず今回使ったメタリックブルーをポチッた際に、もう1個買って
しまいましたw
次は"ユキカゼ"カラーで仕上げたいと思います(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2014年5月 4日 (日)

HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (16)

昨日からGW後半戦開始ですね♪ 4連休は模型三昧中です。
(毎週末ですけどw)
休み明けまでは朝更新続くと思います。

さて、ザクの追い込みですが、遡って一昨日の朝から紹介。
5:00前に目が覚めたので、朝めしと出勤準備をさっさと済ませ、出勤
までの時間に朝模しました。

2014050211_ochiochiv ポンポン用スポンジを1/8サイズにカット。
テクスチャが細かくなるといいのですが・・・









2014050212_hguc_ms06f_painted 1色目のポンポン時はスポンジに溶剤は
含ませませんでしたが、オリーブドラブは
かなり目立つ色が着くため、溶剤付きで
ポンポンした後で、溶剤なしでランダムに
拭き取りました。
相変わらず違いの分からない写真で
恐縮ですm(_ _)m。





2014050301_hguc_ms06f_painted まる1.5日乾燥後、昨日の昼から最終仕上げ。
・動力パイプの節にエナメルのフラットアルミ
流し込み
・クレオスさんのスーパークリアつや消しで
オーバコート
・SPプレート1.5mm+クリアドームMの1.5mm
をモノアイにセット

自然な汚しを目指しましたが、今回もわざと
らしさ全開でがっかりな出来でおま(;´Д` )。







半面、自分としてはなかなかのスピードで製作できたのが本作での
よかった点ですね。
工作だけでなく塗装に入っても毎日ちょっとづつ進めたおかげで
約3週間で出来ました。

ちゃんとした写真は後日撮ります。

この他にも昨日は終日塗装。食事挟んで寝る前までやってたので、
頭が溶剤にやられてクラクラ(;@Д@ )。でも今日もやりますw

| | コメント (0)

2014年5月 3日 (土)

アメクラさんで製作会

帰ってきての勢いのままの深夜更新です♪

2014050201_amenitycraft 昨朝の予告通り、夕方から東三国の製作
スペース"アメニティクラフト"に集合して
ミニ製作会をやってきました♪

参加メンバはしゅうごろーさん、ツヨさん、
のぼさん、fixyさん、私の合計5名です。
他の皆さんは残念ながらお仕事でした。




さて、お店の構成なのですが・・・
自分の推測も入っているので恐縮ですが、以前は「模型の製作
スペース」という部分を推していたと思うのですが、現在はサバゲー
やミニ四駆をプッシュする店舗形態になっているようです。

1Fはサバゲーグッズの展示・販売と作業スペース、2Fはミニ四駆
コースと作業スペース(塗装ブース×2含む)という構成で、どちらか
というと作業スペースは「サバゲーやミニ四駆の整備用」という側面
が強いようでした。

ゆえに自分たちが入店したときは、5名がまとまって座れる作業スペース
が確保されていませんでしたが、親切な店員さんが自分たちのリクエスト
に合わせて机を配置してくれました。ありがとうございます。

2014050202_kit ツヨさんが仕事の都合で遅れてこられる前
に4名で製作開始。
持ち寄ったキットですが、
のぼさん:HGUC ドム/リックドム
しゅうごろーさん:RG エクシア
自分:2199メカコレ ヤマト、ゆきかぜ
です。



fixyさんはマスキングパターンの検討と、パターンの形にシール切り出し
作業をされていました。

2014050203_ma39_front 2014050204_ma39_rear











どん!fixyさんのケルベロスです。キラキラしているのは何を使っている
のか聴いたところ、なんと「マニキュア」だそうです。
一見模型用途には思えないマテリアルを作品に使う発想とチャレンジ
精神がfixyさんの持ち味ですね。自分のと並べたいです♪

約2時間ちょっと、いろいろしゃべりながら製作。遅れて合流したツヨさん
もベアッガイやミリ車の製作をしました。

そして皆さんの成果はこんな感じです。 #ツヨさんの写真撮り忘れた・・

2014050205_hguc_ms09r 2014050206_rg_gn001










2014050207_mechacolle2199_yukikaze 自分はゆきかぜのパチ組み。塗り分けしやすい
パーツ分割がありがたいですね。
GW中に塗装したいなぁ。

めしと帰りの電車も考慮して21:00過ぎには
お暇。自分の作業はヤマトの数パーツ切りだした
ところで終了しました。



めしは全員で安居酒屋へ。ひでぞーさんも22:00には仕事を上がりましたが、
また朝6:00から仕事だそうで、残念ながら合流ならず。また行きましょう。

今日も楽しい話が尽きませんでした。終わるのが惜しかった!(><)。
ツヨさん声出しありがとうございました。

次は来週土曜日、5/10にゲストを迎えて集まる予定です♪
たくさん集まる・・・かな?

| | コメント (2)

2014年5月 2日 (金)

HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (15)

5:00前というクソ早い時刻に目が覚めてしまいました。
最近また眠りに問題ありですね。なかなか寝付けないし、夜中に目が
覚めているような・・・

特定の心配事はないですが、ここ最近の会社のやることなすことに
ムカつきまくってることが、徐々にメンタルを削っているのではと自己
分析しています。
しょーもない政争は会社じゃなくて無人島かどっかでやっとけ!
それが無理ならこっちにかかわりのないとこでやってくれ!しょーもな・・

さて、楽しい模型ブログは3日連続朝更新です♪(変わり身

2014050100_mechacolle2199 ツヨさんが音頭をとってくれまして、今日夕方から
東三国の製作スペースアメニティクラフトさん
お邪魔する予定です。

ザクの続きをやりたいところですが、大荷物に
なりそうなので、最近発売したこの方々を
組んでみたいと思ってます♪

ネットでの評判は上々。塗装派のことも考慮
したパーツ構成になっているそうで、組むのが
楽しみです(*´∀`*)。








さて、ザクの続き。昨晩、ジム上がってからウォッシングやってました。

少し話題が変わりますが、昨日ツイッターに上がったDAITENさんの
ザクⅠスナイパーご覧になりました?めっちゃかっこいいですよね♪

自分はDAITENさんの作品のような、深みのある塗りが大好きです。
塗りがうまい方は、そのスキルもさることながら、観察眼や考察力が
ありますよね。

実際、ブログなどを拝見すると、「なぜここにその色を乗せているか」
「集中的に色を重ねる部分はここ」といった言及を多々おみかけします
ので、ちゃんと頭を使った塗りをされていることが窺い知れます。

それに引きかえ、自分はまだまだ頭を使った塗りができていない気
がしまして、今回ちょっとだけ使ってみましたw

今までなら、エナメル塗料吹きつけ→綿棒で拭き取りの一辺倒でしたが、
「宇宙空間で運用されている機体の汚れに流れなど発生しないのでは・・」
と考え、エナメルの拭き取り方法を変えてみました。


2014050101_ochiochiv スポンジヤスリ代わりに買ったっきり使って
いなかった立方体のメラミンスポンジです。

エナメル塗料を吹きつけ、すぐにこいつで
ポンポンと塗面を叩いてやることで、流れの
ないテクスチャをつけてみようと思った次第です。

エナメル塗料は何色か重ねようと思っており、
まず1色目はジャーマングレー+フラットブラウン
の混色を使いました。










2014050102_hguc_ms06f_washing ポンポン結果がこれ。
ひざ下パーツがピンボケしていて分かり
づらいですが、ただ汚いだけです。
どうもありがとうございました(;´Д` )。








ムラがでかくて不自然なんですよね。スポンジの大きさを1/4くらいに
したほうがええのかな・・・まだまだ試行錯誤が必要ですな。

この先何色か重ねる際にスポンジの大きさを変えてみてどうなるか
検証してみます。チャレンジあるのみです(`・ω・´)。

#でもこれって、単にテクスチャのつけ方を工夫するためにスポンジ
 使いましたってだけで、色の置き方や置き場所に関しては一切
 考えてないから、やっぱり頭使ってねぇんじゃね?w

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (14)

谷間がデカすぎてGW感が全くない日々、いかがお過ごしでしょうか。
マジ休みたい。でも月末・月初は休めない(;´Д` )。せめて金曜日・・・
往生際が悪いサラリーマンですねw 今日も朝更新、いきます♪

2014043001_converge 連休の谷間週で長期出張先から帰阪して
いたしゅうごろーさんから、調達をお願いして
いたコンバージのマゼラアタック&ドップを
無事受け取ることができました♪
しゅうごろーさん割引価格に感謝です(*´∀`*)。
ありがとうございます。





2014043002_metal_k そして懐かしい漫画!後輩から借りました。

さかのぼって2ヶ月前、山口に出張していた際、
後輩と漫画の話題になりました。
後輩は「ザ・グリーンアイズ」という漫画が鮮烈に
頭に残っているようで、それきっかけで巻来功士
先生の作品の話になりました。

後輩は結構年齢が離れているので、「ゴッド
サイダー」や「メタルK」を知りませんでした。
勧めてみたところ、ずっとオクや古本屋で
探していたようで、昨日「やっと見つけました♪」
と持ってきてくれた次第です。





いやぁ、すげぇ懐かしいですねぇ。
今のジャンプで後ろのほうに掲載されている作品と比べ物にならない
くらいおもしろく、とても打ち切り作品とは思えないです。
よく探してくれました。後輩偉い!

2014043003_hguc_ms06f_painted1 そして今日も本題は少ないw
ウォッシング前にツヤ消しクリア吹きました。
最終的にはカリカリにしますが、ここでやると
エナメル塗料がたくさん残ってしまうので、
ビルドMk-Ⅱのときに作ったなめらかつや消し
クリアを吹きました。





2014043004_hguc_ms06f_painted2 三度くらい重ね吹きしたツヤ感がこんな感じ。
まだテカリが残りつつも、表面はかすかに
ザラつきがあり、いい塩梅にエナメルが残って
くれそうな予感です♪

今晩ジム上がりでエナメル吹けるかな・・(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »