« HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (11) | トップページ | HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (13) »

2014年4月29日 (火)

HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (12)

まずはタイトルと違う話、しかも写真がほとんどない話が枕ですw

昨日は昼間ずっとベアッガイⅢのリカバー作業やってました。
「黒瞬部分隠蔽できない問題」対応です。

まず一昨日の夜からIPAにパーツ漬け込み。ハーフキャノンの
ときと同じ剥離度合いを期待したのですが・・・
塗料の食いつきがよすぎるのか、ABSパーツだと剥離度合い
がハーフキャノンほどではありませんでした。
塗料の表面がボコボコとだぶついた表皮のように浮いてくる
感じ・・というのでしょうか、それがほとんどないんですよね。

今回はPSパーツでも上記のような状況になっている部位が
すくなく、結局ペイントリムーバと溶剤使って拭き取りました。
それが裏目に出て、ABSの関節パーツにクラック発生。
パーツ請求とか2個目買ってまでリカバーする気になれないし、
再接着する時間もかけたくないのでこのままいくことに。

やっぱり作りたいものを作らないといかんですね。HGUCの
アッガイ系キットはもうしばらく見たくないですw
はよ終わらせることだけに力を投入していきます。

2014042802_vo13_coral_pink その後、下地から再塗装。今朝届いた
VOカラーのコーラルピンクを使った
のですが、こいつも隠ぺい力が期待値
ほどではありませんでした。
ねろさんは「発色のよさ」という点で
勧めて頂けたのだと理解しました。

また、ファウンデーションクリームを
下地にしたパーツと色味が変わってしまう
恐れがあるので、まずはGXクールホワイト
で黒瞬跡が見えにくくなるまで吹き、
その後、ファウンデーション→調色イエロー
を吹き重ねようと路線変更しました。






黒瞬跡が見えにくくなるまで何度吹き重ねたことでしょう・・・僕だけかも
しれませんが、GXクールホワイトってカビ臭く感じるんですよ。

もうクラクラしそうなくらい長い時間吹きましたが、それでもかすかに
跡が見えるんですよね。割りきってファウンデーションクリームに進もう
と思い、これにて打ち切り。13:00~21:00位まで、足掛け8時間くらい
吹き続けました(;´Д` )。

2014042901_hguc_ms06f_parts さていよいよ本題ですw
晩めし食ってからはGX吹き→乾燥待ちの
間にザクのデカール貼りを並行。
一通り貼りきりました。






今日は雨が強かったのですが、窓際までは吹き込んでこなかったので
またベランダ塗装決行。並行してこいつのチッピングもやりました。
さてさて続きはいかに・・・(=゚ω゚)ノ

|

« HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (11) | トップページ | HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (13) »

■2014-03_HGUC MS-06F ザクⅡ F型 マツナガ小隊2番機(後期カラー)」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (11) | トップページ | HGUC MS-06F ZAKUⅡ MASS PRODUCTIVE TYPE (13) »