« HGBF RX-178B BUILD GUNDAM Mk-Ⅱ (19) | トップページ | 旧キット 1/144 YMS-06K PROTOTYPE ZAKU CANNON (5) »

2014年2月 5日 (水)

HGBF RX-178B BUILD GUNDAM Mk-Ⅱ (20)

昨日は所用でお休みを頂いておりました。
だからといって夕方まで自由が利かない状況でして、休みなのに
休めてない・・・(;´Д` )。

帰ってきてからは洗濯と今日からの寒冷惑星への出張準備とか・・・
模型はじめたのは22:00前。1時間半くらいしか作業できへんかったです。

2014020401_hgbf_rx178b_recover 仕上げサフ吹いたつもりだったビルドMk-Ⅱ。
あらためてチェックしてみると、ギラついた
感じに見える傷や合わせ目が浮いていたり
する部分が所々あり、目立つところを800番
で磨きました。





ツイッターのフォロワーさんでキレイめ仕上げが得意な方に以前伺った
際には「600番までしかかけてないっすよ」とのことで、自分も最近は
600番で止めていることが多かったです。

でも最初に180番使った後で、番手上げのステップを大きくすると、
傷を消しきれていないことが多々ありますね。
(180番→400番といった一足飛びの上げはNGのようですね。)

そんな中、最近めっちゃキレイな飛行機を完成させたフォロワーさん
(知る人ぞ知る、作品のバリエーションの振り幅が半端ないすごい方
です♪)に伺ったところ、ガンプラで改造している場合は、
240→320→400→600→800と、非常に丁寧に上げていらっしゃる
ご様子でした。

自分もサボらずちゃんと表面処理やります!(`・ω・´)シャキーン

|

« HGBF RX-178B BUILD GUNDAM Mk-Ⅱ (19) | トップページ | 旧キット 1/144 YMS-06K PROTOTYPE ZAKU CANNON (5) »

■2014-02_HGBF RX-178B ビルドガンダムMk-Ⅱ」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ(^◇^)

私も、昨年夏のオフ会で、ロクさんが

600までしかかけないよ~

って仰ってたので、とりあえず800までしかかけてませんでした。

しかも、基本400→800。
もちろん、形状変更なんかで180を使用した時も、180→400→800。

普段は、そんなに気にしてなかったんですが、今回ヴァカビーはガイアのエヴォブラックを吹いたら、傷が消えない消えない。

以前、オフ会で920さんがエヴォブラックは、サフとしての機能はあまり良くないと言ってたのを思い出しました(T_T)(言ってはりましたよね!?)

サフ地のところをヤスって、厚めにサフってごまかしました。


長くなっちゃいましたが、やっぱ表面処理は大事ってことですね~!(^^)!

投稿: ゲンキ | 2014年2月 5日 (水) 21時51分

ゲンキさん
コメントありがとうございました。
以前「ペーパーの番手の数字は、×2以下にすべし」
と教わったことがあります。
無難に180→320→400→600→800がいいんでしょう
ねぇ。
今回の傷は180から一気に400まで上げた部分が
残っていたのではと邪推しとります。
他のところは600の上からクレオスの1000番サフで
傷が消えていましたので。

エヴォは普通の塗料という印象ですね。最近は
クレオスのサフ色を濃くしたいときにエヴォ黒
を添加するという形で使っています。
シルバーも買いましたが、下地にクレオス吹いて
から使っているので意味ねぇっすね(><)

投稿: type920r | 2014年2月 6日 (木) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HGBF RX-178B BUILD GUNDAM Mk-Ⅱ (19) | トップページ | 旧キット 1/144 YMS-06K PROTOTYPE ZAKU CANNON (5) »