« 初詣と恋するフォーチュンクッキーと新年会 | トップページ | 旧キット 1/144 RX-78-1 PROTOTYPE GUNDAM (13) »

2014年1月 4日 (土)

旧キット 1/144 RX-78-1 PROTOTYPE GUNDAM (12)

昨日もプロトガンダムの追い込みでした。

光沢クリア吹いて仕上げ準備と思いましたが、肩アーマーの合わせ目
に割れを発見したため、表面処理→再塗装を行いました。

瞬着で合わせ目を接着する方法は、作業時間が短縮できますが、
力に弱いことでのデメリットを最近受け続けているので、自分はプラ用
セメントでの接着に回帰しています。

リカバ後に光沢クリアで全パーツをコート。その後、クレオスさんから
先月発売された新水性塗料「アクリジョン」を使って、顔の塗り分けを
行いました。アクリジョンを使った理由ですが・・・

顎やくま取りの下の赤い部分や、ツインアイの黄色部分は面相筆で
塗るにしても、ラッカー使ってはみ出た際のリカバが大変です。
また、それらをエナメルで塗装してしまうと、ツインアイの周りの黒の
部分にスミを流す際のはみ出しを拭き取ろうとして、赤や黄の部分
までふき取ってしまう恐れがあります。

そこで、塗料としての「強度」を考え、ラッカーとエナメルの中間である
アクリジョンで赤や黄色を塗ろうと考えたのです。
初物ですが、ネットの情報で「エナメル溶剤では溶けない」という報告
を数件拝見しましたので、たぶん大丈夫だと思います。また結果は
ブログに書きますね。

20130104_1144_rx781_decar そして夕方に大阪に帰還。先ほどまで
2~3時間程度、デカールを貼ってました。
寒いからなのか、いつもよりも台紙から
デカールがはがれにくい感あり。
結局13枚程度しか貼れませんでした。

続きは今日ジムに行ってひとっ走り
してから・・・


それとまたまた(;´Д` )な出来事が。盾の接続用に自作したパーツが
なくなってしまいました。もしかするとドボンのときに凸凹さんに忘れて
きたかもしれないので、楽店長にタッパーの中の確認をお願いしたの
ですが、最悪また作らんといかんかも・・・

|

« 初詣と恋するフォーチュンクッキーと新年会 | トップページ | 旧キット 1/144 RX-78-1 PROTOTYPE GUNDAM (13) »

■2014-01_旧キット 1/144 RX-78-1 プロトタイプガンダム」カテゴリの記事

ガンダム」カテゴリの記事

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初詣と恋するフォーチュンクッキーと新年会 | トップページ | 旧キット 1/144 RX-78-1 PROTOTYPE GUNDAM (13) »