« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

ガンダム アーカイヴス 「グリプス戦役」編

今月はめずらしく2回目の実家帰還。寒すぎて手がかじかみ、
プラモやる気になりません(><)。

Img_2013112922985 旅のお供に持って帰ってきました。
前作「一年戦争」編も買いましたが、紹介して
いませんでしたね。

簡単に言うと、「モデグラの過去作例をガンダム
作品毎にまとめた別冊」で、今回はZガンダム編
というわけです。

MSデザインも相まって、どれもスタイリッシュな
かっこよさに溢れた作品ですね。
そもそもZって「連邦内の内戦」なので、連邦寄り
のスタイリッシュなものが多く、泥臭さがないのが
少々残念(><)。製作したいとあまり思えないのは
ここらへんに理由があるのかも・・・




収録作品でいいなと思ったのは、岡プロ他合作の「Mk-Ⅱジオラマ」の色味と、黒ディアス
のデカールワーク&ディテール♪これはパクペクトものっす(*´д`*)ハァハァ。

| | コメント (0)

2013年11月29日 (金)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (12)

3日連続ABの作業やってる自分に驚きw

2013112801_hgab_dunbine_converter 昨日のブログで書いた「難儀な残件」はこれ。
延長に伴いぶった切っていたオーラコンバータ
の両サイドと中央部分を再接着したところ、
ガッツリ隙間が・・・(;´Д` )。
エポパテこねて隙間にねじ込みました。





しかし寒くなったせいなのか、根性だして欲しいときに瞬着根性ださへんわ、
エポパテは変なとこで根性だして手にくっつくわで散々(;´Д` )。
ハンドクリームつけてこねるといいよと教えてくださったフォロワーさん、
感謝感激です♪

うし、これで今度こそエングレに着手できる・・・かな?

| | コメント (0)

2013年11月28日 (木)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (11)

昨日の成果です。

一昨日切り出した脹脛のフィン状パーツ、脹脛のアールにどうしても
合わない・・・試行錯誤した結果、もう少し元パーツの半径を大きく
したほうがよいかと思い、半径10mmの円を新たに切り出し、
大:2.5mm、小:2.0mmのフィンを作りました。

2013112703_hgab_dunbine_parts 最初瞬着を使って接着していたのですが、
微調整ができないので、アクアリンカーに
変更。なんとか接着できました。

まあなんというか、精度が低くて別パーツ感
に吐きそうになりますが、自分の技術では
これが精一杯かな・・・




さて、いよいよエングレ・・・と思いきや、まだ難儀な残件が残っとりました(;´Д` )。
それは次回で・・・

| | コメント (0)

2013年11月27日 (水)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (10)

昨日の作業です。

脹脛のフィンの作りがあんまりにもひどいので、自作することに。

2013112701_hgab_dunbine_parts サークルカッターで半径8.5mmの円を切り出し。









2013112702_hgab_dunbine_parts フィンは脚1本あたり4枚、中央付近が若干
大きいので、
・大:外周から3mm部分でカット
・小:外周から2mm部分でカット
した三日月っぽいパーツをそれぞれ4枚
切り出しました。




これを脹脛にくっつけようとしたのですが、カーブのラインが脹脛の形状
と若干合わない状態!(;´Д` )

仕切り直しで、今日形状合わせをします。

| | コメント (0)

2013年11月26日 (火)

情熱とこだわり

ニュースなどでもご存知の通り、一昨日24(日)にGBWCの日本代表
が決定しました。

昨年は東京に住んでいたお陰で決勝戦に残られた方々のすばらしい
作品を直で拝見できたのですが、今回はあいにく出張予定も入らず、
ツイッターのTLに流れるすごい作品を歯軋りしながら拝見していた
次第です(;´Д` )。

いずれの作品も、その「熱量」がすさまじく、この日のために全身全霊
を込めて作りこまれてきたことがヒシヒシと伝わってきます。
気分屋な自分はその「熱」に少しやられた気がします。

20131125_parts で、何が言いたかったかというと、ショボい
自分の作品のグネったスジボリを反省して
埋めたという話ですwww

ダンバインの脹脛もペーパーでならし
ましたという追加の余計な情報も・・・




って、せっかくのいい話を茶化してすんませんm(_ _)m。
真面目な話、この「熱」を小火で終わらせるか、激しい炎にするかは自分
次第ですね。

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

旧キット 1/144 RX-78-1 PROTOTYPE GUNDAM (4)

昨日は終日スジボリやってました。

2013112401_1144_rx781_front 随分慣れたかなとも思いますが、ところどころ
グネらせてしまってますね・・・まだまだ練習が
必要です。

ハンドパーツはビルダーズの1/144のMSハンド03
の大きさがちょうどいい感じなのですが、ハイディテ
すぎるのと、手首の隙間をどうにかせんとあかん
かな・・・

| | コメント (0)

2013年11月24日 (日)

旧キット 1/144 RX-78-1 PROTOTYPE GUNDAM (3)

3月のオフ会以来、延々放置していたこいつを再開しました。

2013112301_1144_rx781_front はい!アムユさんと製作を約束していた
プロトタイプガンダムです。

数日前から合わせ目消しを開始していて、
あらかた終わりましたので、昨日、関節位置の
調整を行いました。

意外なのですが、はじめてのアルミ線接続です。
1.5mmを使って腕の付け根、肘、太もも、膝、
スリッパを接続しました。

この写真だとどうも立ち姿が決まってない感じ。





2013112302_1144_rx781_front 太ももの位置を調整し、もう少し股の幅を広げて
みるとあらすっきり♪
こういう作業で旧キットはかなりかっこよくなるので、
作るのをやめられません(*´∀`*)。

ここからディテールアップなどやっていきたいと
思います。

| | コメント (0)

2013年11月23日 (土)

HGUCmix MS-06JK ZAKU HALF CANNON [考察]

はい!しつこいですが、また自作品の投稿顛末を自己分析するコーナーが
やってまいりましたw 自己満の極みで申し訳ありませんm(_ _)m


20131123_mg582pt1
1週間後の結果はこれでした。
5位で82ptです。

1位どころかベスト3にも留まれず、目標の
「1週間で100pt」は今回も達成できずでした。

3日目くらいまではプロトドムの得票ペース
を凌駕する勢いだったのですが、その後
ほとんど伸びずに1週間が経過しました。

自分の作品の中では、まだまだプロトドム
が一番ご評価頂けているという結果になりました。









少し分析してみます。
プロトドムのときの閲覧数推移は記録していないので、スナⅡと比較して
みますと・・・

・初日はスナⅡよりも更にすくない閲覧数(1600に対して1200)にも関わらず、
得票は砂Ⅱより多い(30に対して48)。

・以降、閲覧数は徐々に伸び、1週間トータルではスナⅡのそれを越えました
 が(2300に対して2500)、得票ペースはさほど変わらず。

・得票の山は初日と3日目。つまりツイッターで「投稿しました」と「週間ランク
 に入りました」の告知をした日です。
得票はひとえにツイッターのフォロワーさんのおかげですね。
 本当にありがとうございますm(_ _)m。

-----
初日得票数だけはプロトドムを越えたということで、作品をご評価頂けた
ことは素直に嬉しいです♪

しかしながら今回の結果で確信したことは、やはりトータルの閲覧数が
伸びないということが得票が伸びない根本原因だということです。

100pt overの作品を拝見しますと、閲覧数が6000overという状況ですので、
それだけ「コレは何だ?」と興味を惹かない限りは、得票のチャンスがない
ということなのでしょう。

昨日、仮組の緊急飲み会でのぼさんにも話していたのですが、「自分は
ファーストの過去の画稿に沿ったガンプラ原理主義的な作りが好きだし、
そういう作品しか作れない。」という部分が、興味を惹くという点での弱み
になっているのだろうと思います。

自分の好きな方向性を貫いて、かつサムネイルやタイトルだけでも興味
を惹ける作品・・・また頭と腕を使って作っていきたいと思います。

作品をご覧頂いた皆さま、本当にありがとうございましたm(_ _)m。

| | コメント (0)

2013年11月22日 (金)

急遽・・・

関西仮組のメンバで集まって飲むことになり、本町で合流しました。

急な声かけにも関わらず、3人集まって安居酒屋で他愛のない話を
して楽しく過ごす・・・なんかすごくうれしい気持ちになりました。
こういうホームグラウンドを持たせてもらえてすごく有難いです。

よくブログに書かせてもらっていますが、思えば1年前のUCオフ会、
ハナバタさんからお誘い頂いた際に参加していなければ、ここまでの
広がりはなかったですし、関西仮組に所属させていただくことも
なかったと思います。

あの時、お誘いにのろうかお断りするか、少しの時間悩んでいた
覚えがあります。
知らない土地で、知らないメンバの会合に飛び込んでうまくコミュニ
ケーションとれるんやろかとか、恐ろしい人たちだったらどうしよう
などと失礼にも考える始末でした。

心配性な自分ならではな悩みでしたが、断っていたら、この貴重な
環境を得られないところでした。あの時の自分、偉い!w

そして、お会いしたこともない方とも笑って会話ができるようになる、
共通の話題である「模型」をやっていてよかったと心底思えます。

これから先、どこに行くか、どこに住むかは分かりませんが、これ
からも「模型」で楽しく人とつながっていければと思えた1日でした。

| | コメント (0)

2013年11月21日 (木)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (9)

昨日One-Stepさんでの作業中に、今日来阪予定だった部長の更に上の
上司から電話。内容は「明日行けなくなった」とのことでした。

今週に入って急に来るといったり、前日になって来れないといったり、
ほんま忙しい方です。
こちらもそのために会議室の予約をしたり、取れなかった時間帯は
他部署に協力してもらってまで確保したりと、かけた工数が無駄になりました。

とにかく次の案件にGoがかからない限りかなり暇なので、今日も休み
を取りました。ええ年こいた大人が・・ゲフンゲフン

2013112101_hgab_dunbine_front 重い腰を上げてAB再開。
鶏足の整形を行い、ようやく自分の脚で
大地に立つことができました。

よっしゃ、これで後はエングレだけや!・・・
と思いきや、ふくらはぎのビラビラどうにか
すんの忘れてた(;´Д` )。

取り付け位置の大穴をパテで埋めて、
プラ板で再構築しますかね・・(´・ω・`)。





| | コメント (0)

2013年11月20日 (水)

ダンボール戦機 LBX デクー (8)

予告通り、今日休みをとりました。
しかしながら、午前中は会社メールのチェックなどしていて
休んでるんだか出勤してるんだか分からん状況(;´Д` )。

2013112000_buyingitem 午後からチャリで道頓堀近くまで・・・
凸凹の楽店長に教えて頂いた笹部洋画材料店
に行ってきました。
写真左側に写っているイタチ毛の面相筆、
5本で300円ちょっとなんてすよ♪
使い勝手がいいし、超コスパ高い(´Д`;)ハアハア
この前難波の画材店で買った油彩も、このお店
だとかなり安かったです。

筆買った後で久宝寺町に移動。メタルボックスさん
で塗料と、ガンダムデカールの新作買って
きました。
RGのストフリ、デスティニー、GP-01、どれも
持ってませんけどw




2013112001_lbx_deqoo_painted そして堺筋本町に移動してOne-Stepさんで塗装。
デクーの筆塗りの続きです。

スリッパや股間などの濃いグレーは、ニュートラル
グレーⅣで、ボタン状のパーツはガイアさんの
ピュアオレンジにGXクールホワイトを少量加えた
もので塗装しました。



2013112002_lbx_deqoo_painted 組んでみました。
ムラといわれればそれまでですが、下地に塗った
デタラメな色が透けてみえておもしろいです。

ここからはアラーキーさんや吉岡さんの実演で
拝見した錆びや汚しの技法にトライしてみます。

| | コメント (0)

2013年11月19日 (火)

もやもやと・・・

する日々が続いております・・・(´・ω・`)

先週開始が決まるはずだった次のプロジェクトの開始が決まらず、
完全な待ち状態となってしまいますた。

それならと休暇制度を使って連続して休みを取ろうと思った途端に、
部長の更に上が来阪するって・・・(;´Д` ) 連休とれねぇ('A`)。
でも明日と金曜休むことにしました。うん、休む!

20131119_mg375pt ネタがないので宣伝ですw
ハーフキャノン、ついに3位になりました。
でも凄腕の方々のピークの隙間をぬって
の3位なので、決して自分の実力では
ないっす・・(><)。
なんせ1位はオクで高額落札されたν、
2位はあのギャプランさんですから・・・
ptでは埋められない差が空いてますし。

でもランキング常連のコウイチさんの隣に
並べたのはうれしいなぁ。
これからもこういう機会にめぐり合えるよう
がんばって作っていこう。

| | コメント (0)

2013年11月18日 (月)

HGBC BUILD BOOSTER Mk-Ⅱ (1)

こちらも土曜の作業です。

2013111603_hgbc_bbmk2_glued ブースターで合わせ目がでるパーツを接着。
断面をあまり溶かさずに接着したので、また
ピンホールでるかも(;´Д` )。







2013111604_hguc_rx178_package そして実家帰還の目的の一つであった、
HGUC黒Mk-Ⅱをサルベージ。
当時、HGUCが発売していなかったネモを
作るために買ったんですよね・・・似てないけどw
パチ組もうかとも思いましたが、ひざが挟み
込みなのに気づき、そっと箱を閉じましたw




2013111605_hgbc_bbmk2_rightfront 結局ブースターの合わせ目の出ないパーツを
磨いただけ。面出しは軽め。

Mk-Ⅱもやりたいけど、その前にずをコンABや!
(何度目w)






------

さてさて、ハーフキャノンをモデギャラに投稿したということは・・・
今週はいつも通りの宣伝週となりますw。申し訳ありませんm(_ _)m。

20131118_mg567pt 今日の正午すぎには10位にランクインしました。
投稿3日目でランクインなんてはじめてなので、
すごくうれしいです(*´∀`*)。

そして帰ってきて覗いたら5位!ひとえに作品を
観て下さる皆さんのおかげです。

ただ先もなんとなく推測できるというか・・・
同日に投稿された現在2位のギャプランさんに
ダブルスコア以上の差をつけられてます(;´Д` )。
まさにプロトドムのときの再現!











ギャプランさんはサムネイルで「なんだこれ!?すごそう!!」と惹きつける
力がすごいですよね。実際に大きな写真でもすごいかっこいいですし、
なによりキットの原型ないくらいの力作ですからね♪

一方、今回はたまたまガトリング背負っているので少しだけ興味を惹いた
かもしれませんが、自分のは基本的に既成の枠からはみ出てないので、
パッと見普通のザクにしかみえないんですよね。

自分が好きなのがMSVをはじめとするファーストのMSなので、それはそれで
仕方がないのだと思いますが、観て下さる方をサムネイルでも圧倒するような
作品を作れるようになりたいものです。

明日も伸びるといいな。引き続き応援よろしくお願い致します(=゚ω゚)ノ。

| | コメント (0)

2013年11月17日 (日)

ダンボール戦機 LBX デクー (7)

昨日~今日と筆塗りしてました♪

2013111601_neutralgray1 昨日は実家でベランダ塗装。
ガイアさんのニュートラルグレーⅠを3倍希釈
して面相筆で塗り塗り。

ツイッターのフォロワーさんがおっしゃっていた
通り、こいつはほぼ「白」ですねw
ガンダムの基本色で多用されるのが理解できます。



2013111602_lbx_deqoo_painted 夕方寒くなるの早杉(;´Д` )。
この写真時点で5度塗り。
今日凸凹さんで続きをやりまして、9度塗りまで
行いました。






2013111701_lbx_deqoo_painted 続けて濃い部分をニュートラルグレーⅢで塗装。
こちらは隠ぺい力が高く、4度塗り+αでここまで
いけました。

さて、塗り残り部分。どんな色にすっかな・・・

| | コメント (0)

2013年11月16日 (土)

HGUCmix MS-06JK ZAKU HALF CANNON [Finish]

HGUCの量産型ザクと旧キットのザク・キャノンのミキシングでMSV-Rの
ザク・ハーフキャノンを製作しました。
モデスポ2013での展示も終わりましたので、ブログやモデギャラさんにうp致します。

Hgucmix_ms06jk_00_bustup まずはお約束のバストアップから。
今回はウェザリング系作品なので、バストアップ
にも耐えられますw








Hgucmix_ms06jk_01_part 各部位のアップ。工作解説にはこっちのほうが
いいかと思いまして・・・








■工作
・左上:
 旧キットのランドセルをベースに、下部をプラ板で形状変更。
 ガトリングガンもジャンクパーツ+3mmプラ棒でスクラッチ。
 給弾ベルトはエバグリ製レクタングチューブ(3.2x6.3mm)にスジボリを施し、
 適当なサイズにカットして中にスプリングを通してガトリングと接続しています。

・右上:
 盾も旧キットから。裏面が寂しかったので、0.3mmでディテール作りました。
 工作精度が低く、ちょっと残念な出来で塗装してしまいました(;´Д` )。

・左下:
 今回、脚部に限らず全身にスジボリを施しました。RGのパタンを参考にして
 います。このパタンにあわせて色のトーンも変更すればさらにステップアップ
 できたのですけどね・・・納期に追われて慌てすぎっす(><)。
 動力パイプは発売されたばかりのビルダーズパーツHD MSパイプ01を使って
  います。

・右下:
 ビッグガンも旧キットから。銃口の奥にプラ板を立てて、GPARTSさんのハトメ
 を銃口内に仕込んでいます。しかしこれじゃあミサイルランチャーじゃねぇw
 左肩スパイクもビルダーズパーツHD。MSスパイク02を使いました。
 こんだけスジボリ入れたら、MSスパイクも違和感ないですね。

Hgucmix_ms06jk_02_leftfront 左前面
■工作(続き)
 スジボリ以外の本体の工作は以下の通りです。
 ・頭部のモノアイガード部分の高さを詰めて、
 低くしました。
 ・太ももは3mm延長。頭部の加工とも相まって、
  F2っぽくなりましたね。











Hgucmix_ms06jk_03_leftrear 左背面
■工作(続き)
 ハンドパーツはコトブキヤさんM.S.G丸指ハンドA。
 一年戦争のジオンMSには鉄板のオプションです♪
 ビルダーズパーツHDはディテール過多で使い辛い・・













Hgucmix_ms06jk_04_rightrear 右背面
■塗装・仕上げ
凡例:(G)ガイアノーツさん、(C)クレオスさん、
(T)タミヤさん、(MG)モデルカステンさん、
(H)ハイキューパーツさん、
(B)バンダイさん

下地:(C)Mr.サーフェイサー1000
 +(G)サーフェイサーEVOブラックの混色サフ










Hgucmix_ms06jk_05_rightfront 右前面
■塗装・仕上げ(続き)
・基本色:(C)タン
・濃緑:(MG)グリッドグレー
・赤:(C)モンザレッド
・金属色:(C)焼鉄色、(G)スターブライトシルバー
・オーバーコート:(G)EXクリア
・デカール:
 ジオンマーク・・(B)ガンダムデカール
   コーション:(G)NCデカール05レッド、
          ホワイトワンカラー
・再度オーバーコート:(G)EXクリア








Hgucmix_ms06jk_06_frontrear 正面、背面
■塗装・仕上げ(続き)
・ウォッシング:(T)フラットブラウン
・チッピング:(T)ダークアイアン、フラットアルミ
・オーバーコート:(C)スーパークリアつや消し






工作面では全身のスジボリやちょっとしたパーツのスクラッチにチャレンジ
した、自分の中で新しい取り組みができた作品になりました。
反面、塗装はアホの一つ覚えで、今回も深みのある「塗り」ができなかった
なあと反省。ほんま、うまい方に是非教わりたいです。

一度東京で塗ろうとして失敗→放置を経たこのキットですが、これにて完成♪
かかった時間も含めて、楽しめたキットでしたね。
ご覧頂き、ありがとうございましたm(_ _)m。

モデギャラにも投稿しましたので、応援よろしくお願いしまっす♪
http://www.modelers-g.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=17600&cid=16

| | コメント (0)

2013年11月15日 (金)

月刊アーマーモデリング 2013年12月号

2013111501_am201312 チッピング塗装特集というタイトルで即買い。
AM誌です。

収録内容の一部は、同社別冊の「戦車模型超級技術指南」
の再録だったりするようですが、ピクトリカルガイドが豊富で
読んでいてためになります♪

自分は今までガンプラでのチッピングはエナメル塗料で行って
いたのですが、ウェザリングを考えるとアクリル塗料で行うほう
がよいようですね。理由ですが・・・










自分のこれまでの順序は①ラッカーで基本塗装→②エナメルでウォッシング→③エナメルでチッピング
ですが、チッピングが不自然になったときに、エナメルシンナーでふきとりますので、その際ウォッシング
した箇所が過剰にふきとられてしまうことがありました。
塗膜の強さ、及びチッピングのぼかしやエイジングを考えると、①→②アクリルでチッピング→③エナメル
や油彩でウォッシングということなのですね。

2013111502_am201312_report そんでもっておまけ。
モデスポ3日目に来場されていた朋未さんのレポ記事の写真に
自分が写ってましたwww

2~3日目と、作家さんの実演に張り付いていましたので、そら
写るわなw
みなさん、今月のAM誌は絶対に買いましょう♪

| | コメント (0)

2013年11月14日 (木)

HGBC BUILD BOOSTER Mk-Ⅱ (0)

今日は日帰りで東京出張でした。

始まりそうで始まらない東京の仕事の社内キックオフ(フライング)
で、いろいろ相談。
周りの方々には「始まる」詐欺みたいな状態になってしまっており
恐縮ですが、順当にいけば今日Go!がかかっていたはず・・・
なんです(;´Д` )。キャクサキカラレンラクナイヨ・・・

2013111401_build_booster_mk2_packag というわけで、客先の様子が分からないまま帰阪。
帰りに梅ヨドで買ってきました。
















2013111402_build_booster_mk2_pachi ダンバインの脚に盛ったエポパテがまだ乾燥
していないので、待ちの間にパチ組んでみました。
ポリ部品が一切含まれていないため、可動部
が弱りそうな作りですが、かっこいいですね♪

実家から黒Mk-Ⅱの積み発掘してこよう。

| | コメント (0)

2013年11月13日 (水)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (8)

ノってるうちに鳥足磨き継続~♪

2013111301_hgab_dunbine_front やっと片側終わりました(-o-;)。

昨日パテ盛ったもう片側はまだ固まってない・・・
明日急遽東京日帰り出張になったので、
作業できへんしちょうどいいか・・・(´・ω・`)

今週~来週のうちに工作は終わらせてしまい
たいものです。

ではでは~(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2013年11月12日 (火)

HGAB DUNBINE (for AB祭) (7)

直近の投稿からまた時間空いたー(;´Д` )。
11月中に工作終わらせないと、とてもでないけど年内完成は無理ぽ・・・
ってことでちょこっとだけ進めました。

2013111201_hgab_dunbine_leg 爪部分磨いてます。
6節中ようやく2節が形になりました。

パテを盛ってなかった片側にも盛りました。
1日1節やれば、あと4日で済む・・・はずw







| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

めっきり・・・

平日は模型の手が動かなくなりました(;´Д` )。

Img_3480 今日もこんなの読んだり、録り貯めたスペイン
サッカーとか、アニソングランプリ決勝大会
とか観てるうちにオワタ(;´Д` )。

ジャンプ、読む漫画がどんどん減ってるな・・・
「次が楽しみっ!」と思える漫画が「トリコ」
くらいしかない状態やし。
買うのもそろそろ潮時?

それとアニソングランプリ。「この人めっちゃ
歌うめぇ・・・」と思える人が全くいなかった。
第一回の喜多さんのは拝見していないの
ですが、第二、三、五回のチャンプの歌
には圧倒されるものがありました。




そんでもってデビューさせたのはいいが、その後芽が出ていない方も
いらっしゃって非常に残念。本人の力不足なのか、それとも売り方が
まずいのか・・・
せっかく興味深い試みとして立ち上がった大会なので、いいアーティスト
さんを輩出して継続して欲しいものです。

・・・って、これって模型ブログだよね?ではでは(=゚ω゚)ノ

| | コメント (0)

2013年11月10日 (日)

ダンボール戦機 LBX デクー (6)/HGUC MSM-03 GOGG (8)

今日も引き続き塗装作業継続。凸凹さんにお邪魔しました♪

2013111001_msm03_painted 以前下地に塗っていたラベンダー系の色の
上に、バーチャロンカラーのアイスコバルト
ブルーをブラシで塗装しました。

写真もそうなのですが、実物も全然コバルト
ブルーという感じじゃないです(;´Д` )。
ハイキューさんのカムフラブルー使ったほうが
よかったなぁ・・・











2013111002_lbx_deqoo_painted そしてデクー。一見「こいつ頭おかしくなったん?」
と思われるような塗り姿w
昨日吹いたサフEVO銀の上から、アイスコバルト
ブルー→バーチャロンカラー・ビビットオレンジ→
バーチャロンカラー・フレッシュミントグリーン→
Mr.カラー・モンザレッドと、筆で塗り重ねました。

これで下地作りは完了。ここから基本色をあにさん
流で塗り重ねていこうと思います。
この下地が基本色におもしろい効果を出して
くれることを祈ってますw








週の途中で作業進められるといいんだけどなぁ・・・東京の仕事がはじまりそう
だし無理か(;´Д` )。

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

ダンボール戦機 LBX デクー (5) (サブタイトル:模型三昧な一日)

2013110901_cards はいっ!週末になると元気になる920ですw
しかも朝からSDモデラーの雄、tiさんから
コメント頂けて有頂天っす(*´∀`*)。

さて取り出したのは3枚のカード。はてさて・・・







ツイッターでも実況していましたが、今日お邪魔してきたお店のカードです♪
モデスポの実演で使用されていたマテリアル群が気になり、木曜キタを徘徊
しましたがお目当ての品を全く入手できず(;´Д` )。
それなら週末はミナミだ!ということで日本橋~堺筋本町と巡って参りました。

2013110902_volks まずは最近よく乗る中央線→堺筋線と乗り継いで
日本橋のボークスへ。
4FのAFV/ツールフロアのエレベータを降りると、
実演でお世話になった吉岡さんのカラーモジュレ
ーション作例が飾られていたので思わずパシャリ。

ここでは錆び塗装用のアクリル・エナメル塗料や
溶剤、そして大きめの丸筆、梅皿を購入。
あいにく油彩は置いていなかったので、この後
行く画材店にも置いていないケースを考え、
アクリルガッシュも購入しました。









そして再度北方向に折り返してNMB48劇場の隣の画材屋さん"U ARTS(ユーアーツ)"
さん
にお邪魔しました。
さすが画材屋さんだけあって、ホルベインの油彩もアクリルガッシュもバッチリ
揃っております。ターペンタインはボークスになかった大瓶があったので、こちらで
買えばよかったです。

最初、吉岡さんが実演ブースに置かれていた6本全部買おうと手当たり次第かごに
ぶち込んでいたのですが、「待てよ、1本いくらや・・・」と棚に貼られた値段リストを
観たところ、安いので400円、高いのだと1000円越えとるわ・・・( ゚д゚)。
結局、使用頻度が高そうなものだけに絞って買いました。意気地なしw

昼過ぎには日本橋を離れ北方面に。会社の同僚が入院していますのでお見舞いです。
手術後体調不良が続いていましたが、今週ようやく元気が戻りかけてきている
とのことで、いいタイミングにお邪魔できました♪

2013110903_onestep 1時間ほど話してからお暇し、谷町四丁目へ。
10分ほど歩くと見えてきましたお馴染みのショーケース。
製作スペース"craft spot One-Step"さんです♪
















久々にお邪魔したかったのと、もしかすると東京に行くかもしれませんので、
出立前の最後のご挨拶に、という感じです。

2013110904_surfacerevo 2013110905_lbx_deqoo_painted 一昨日磨いたデクー
の下地として、
ガイアさんのサフ
EVO銀を吹きました。

シリコーンバリア
塗装をするわけ
ではないのですが、
吉岡さんの実演が
脳内に印象深く、
考えなしに吹いて
しまいましたw







2013110906_lbx_deqoo_painted こんな感じ。ここからあにさん流筆塗り術で
仕掛けます。

まずは赤、青、黄といった原色をカラフルに、
ランダムに配置していきたいですね♪


この後、気になっていたハーフキャノンの
部分的なリペイントを行いました。
投稿用写真も撮り終えていたのですが、
どうしても気になる部分があり、バラいて
修正した次第です。
うpはもう少しお待ちをm(_ _)m。







19:30過ぎにOne-Stepさんから引き上げ。模型界が盛り上がることを互いに
祈念しつつ、お暇いたしました。またお邪魔できる日がくると信じてます。

とどめに本町でも下車。ホビーランドさんに寄りましたが、あいにく目当ての
"GRAVEL & SAND FIXER"はなし。東京行く機会があれば、アキバの
イエサブに探しに行こう。


2013110907_buying_items 今日の購入品たち。
あにさんがおっしゃっていた「イタチ毛の丸筆」は
面相筆しかなかったので、化学繊維の筆ですが、
代替品として使えそうなMr.ブラシ丸筆6号を購入。

ターペンタイン、アクリル溶剤、タミヤエナメルの
ハルレッドとオレンジ、タミヤアクリルのハルレッド
とクリアオレンジ、造形村の梅皿、油彩のランプ
ブラック、ローアンバー、バーントシェンナ、そして
アクリルガッシュのローアンバーです。









早速明日から筆塗りしたかったのですが、あいにくの雨・・・
筆塗りなら関係ないのかもしれませんが、部屋でやるのに窓を開けてると雨が
入ってきそうですね(;´Д` )。凸凹さんに行こうかな・・・

---
そして相互リンクのお知らせです♪

所属サークル「関西仮組」のトップモデラー、超絶彫り師のポテト師匠さんの
ブログ"今宵もプ時間"とリンクさせていただくことになりました\(^o^)/。

最新作である"HGUC MS-06R 高起動型ザク(黒い三連星専用機)"は、
とても1/144とは思えないハイディテールな作品で、師匠のこだわりとそれを
支える情熱のなせる技がテンコ盛りです♪

目標となるモデラーさんが近くに居てくれてうれしいです。今後ともよろしく
お願いしまっすm(_ _)m

| | コメント (0)

2013年11月 8日 (金)

ダンボール戦機 LBX デクー (4)

今日は東京から来た部長と会議室に篭って3時間弱話し合いしてました。
主旨は自分の説得w 先日来愚痴りまくってた次の仕事の件です。

上からムチャなことを言われ、僕みたいな下からもムチャを言われ、
それでもちゃんと受け止めて答えようとする姿勢には頭が下がります。

その姿勢に自分も答えざるを得ない気持ちが半分、そうなるとまた東京転勤、
しかも今度は片道切符・・・と考えるとやっぱ嫌やなぁと思ったり。
嫌や思ってても結局来週には嫌なほうに結論でるんですけどね。
せめて今週末は楽しいことして過ごそう。


と、いうわけでタイトルを観て「なんで今頃・・・」と思われる方もいらっしゃるかと
思います。

2013110801_lbx_deqoo_front 2年以上前にゲート跡処理したまま放置して
いたこれを昨日引っ張り出して、スポンジ
やすりで皮むき。

あにさんの筆塗り塗装を実践してみたくなり、
適当な工作済みキットがないか探してみた
ところ、これがあったのを思い出しました♪

今回はパテによるテクスチャーはつけたく
ないので、まずはサフで下地を作りたいと
思います。
何色で塗ろうかな(*´∀`*)。ではでは~ノシ




| | コメント (0)

2013年11月 7日 (木)

モデラーズエキスポ2013 実演レポート その3 -あにさんの筆塗り-

モデスポ2013実演レポ第三弾、第14回オラザク選手権大賞の
あにさんの筆塗り実演を紹介します。

Img_3448 まずはおもむろに出された筆たち。
塗っているところを写真に撮らせていただけば
よかったと後悔していますが、たしか主に使用
されていたのは、青い軸の筆だったと思います。

「腰があって長めなイタチ毛の筆がよい」と
おっしゃっていました。



実演ではヤマト2199のガミラス艦と、HGUCハイゴックを使われました。

あにさんの筆塗りの手順は以下の通りです。
①下地塗り ②基本塗装 ③ウォッシング

①サフを吹かず、タミヤパテを溶剤で溶きながら塗るそうです。
理由ですが、あにさんは変化に富んだ塗面を表現したいそうで、テクスチャー
をつけるために、溶剤でパテの濃度を変えながら塗るのだそうです。

ポイントは以下。
・筆運びは大雑把でOK。
・ただし形を意識した筆運びをすること。
・筆運び後が残る程度の濃度で。
・ディテール部分は薄めに、クラッシュ部分は濃いめで叩くように置く。

パテは1日乾燥させます。

Img_3453 ②2~3種類の色を混ぜながら塗っていくそうです。
お使いになられたのはこれらのMr.カラー。
特に7番のブラウンがきれいな茶色だと繰り返し
おっしゃっていました。
イエローも使用されておりました。






ラッカーパテの上からラッカー塗料を筆塗りしますので、下地のパテを侵す
恐れがあります。
それを防ぐため、梅皿に出した塗料をブラシで吹くくらい溶剤で薄めて
塗るのだそうです。
たまんちゅさんがおっしゃっていた「水彩画を描くように」の意味がようやく
分かりました。

ポイントは以下。
・塗った部分は、乾くまでいじらない。
・奥まったところは暗いので、黒を置いていく。
・ランダマイズな色の置き方を意識する。
・下地塗装時と同じく、形を意識した筆運びをやるように。
 MSだと、縦をメインにすることで巨大感を引き出す。

あにさんが狙っておられるのは「変化に富んだ塗面」ですので、これは
隠ぺい力の弱いラッカー塗料だからこそできる技法だそうです。

Img_3452 Img_3455 塗り重ねた状態が
こちらです。
下地が透けて様々
な顔をみせる塗面
が楽しいですね♪







Tipsなコメントは以下の通りっす。
・筆が届きにくい部分:エアブラシを使うことあり。焦げ茶、赤黒い色などで。
・白:塗り残しととられるので避けること。
・黄色:クレオスよりガイアのほうが隠蔽力あり。
・ブラウン:クレオスがきれい。


Img_3454 次に実践されたのはウェザリング。
あにさんはタミヤエナメルのフラットブラック
とフラットアースの調色を制御して、様々な
汚しを行うとのことです。
希釈は昨日紹介したペトロールやテレピン
です。






使う筆は先が痛んだものでOK。
筋彫りに沿って塗り、指でこすって落ちない程度に乾かします。
これでスミ入れと汚しを同時に実施しているそうです。


Img_3456 また、筆で叩くように拭き取ると手垢が
ついたような汚れの表現ができます。

ハイゴッグの頭部に「らしい」雰囲気が
出ました。







Img_3458 バーニア周りの煤汚れは、周りを茶系、
中心を黒で仕立てていきます。
それっぽくぼかすことがポイントですね~。

自分みたいな素人がやると、わざとらしく
なるのがいかんです(><)。





こうして楽しい時間もあっという間に終了。翌日、ツイッターであにさんを
フォローさせて頂いた際にお礼のコメントをさせて頂いたところ、フォロー
バック頂いただけでなく、「分からないことがあればDMで聴いてくれて
いいよ」と暖かいお言葉まで頂きました。

本当にありがとうございましたm(_ _)m。早く実践したくてウズウズしてますw

| | コメント (2)

2013年11月 6日 (水)

モデラーズエキスポ2013 実演レポート その2 -吉岡さんのエイジング塗装-

モデスポ2013実演レポ第二弾、本日はAM誌でご活躍中の吉岡和哉さん
のエイジング塗装の実演を紹介します。

当初、モデスポ会場での実演コーナーは、会場奥の物販コーナーに併設
されていた場所だけだと思っておりました。
ところがどっこい!作家さんの展示会場に設置された作業テーブルも
実演コーナーとして活用されているじゃあーりませんか!(;´Д` )
たまたま作家さんの作品を拝見していたところ、吉岡さんがMGザクVer.2.0
を使った実演をされておりましたので、まん前に張り付いて拝見して
おりましたw

吉岡さんのエイジング手順は以下の通りとのこと。
①油彩でウォッシング→②エナメル塗料でウェザリング
→③ピグメントでウェザリング

Img_3439 ①あいにく油彩の実演は前日に行われた
ようで、お使いの塗料の写真だけ撮らせて
頂きました。

バーントアンバー、バーントシェンナ、
ローアンバー、ランプブラック、カドミウム
オレンジ、パーマネントホワイトです。





中でもローアンバーは、「これ1本あればバッチリ」と太鼓判の色味とのこと♪

なお、油彩や、後述のエナメルでの汚しに使用する溶剤は、タミヤなど
のエナメル溶剤よりも、油絵画用の溶剤であるホワイトスピリット
(精製ペトロール)かターペンタイン(精製テレピン)
がよいとのことでした。
乾燥後の質感と、プラスチックの割れ防止が理由とのこと。

②汚し塗料で推しておられたのは、AKインタラクティブのエナメル塗料。
砂ザクで使用しましたが、自分みたいな技術のない人間でも、シチュ
エーション別に作られた塗料性能のおかげでリアルな質感が得られます。

大阪では本町のホビーランドさんで購入できます。

Img_3438

んでもって③。ピグメントはMIG製などを
ご使用の様子。固定はAKのピグメント
フィクサーか、写真の"GRAVEL&SAND"
を使うことになりますが、後者のほうが
乾いた感じが出るのでお奨めとのこと
でした。




Img_20131104_112733 Img_20131104_112808 例えば、転輪周り
の泥汚れ表現
ですが、筆で
ピグメントを置いて
いき、上から
フィクサーをスポイト
で垂らします。












Img_20131104_112900 垂らした直後はこのようにウェットな感じですが、
乾くと、本物の泥がこびりついたような状態に
なるとのことです。
















この作業の途中で来客があったようで、一度中座されました。
午後からまた再開された際には、シリコーンバリアを使ったチッピング実演
も実施されておりました。

自分がHGUCザクの塗装をやり直す理由になった「放置しているとホコリが
積もる」ということを吉岡さんも言及されており、自分だけではなかったのだ
と一安心(-o-;)・・・ってか安心してる場合じゃないっすねw

バリアは2~3分で乾燥するとのこと。マットな見た目になると乾いているので、
すぐ上から塗装すべきだそうです。
ちなみに、剥がし塗装でよく使われるヘアスプレーとの比較ですが、
・シリコーンバリア:シャープなエッジで剥がれる
・ヘアスプレー:微妙な塩梅で剥がれる
とのことで、バリアのほうが剥がれやすいということだと理解しました。

その後、上地塗装を行い、デザインナイフやつまようじでカリカリと上地塗料を
剥がすのですが、デザインナイフは下地まで傷つけすぎるおそれがあるので、
つまようじのほうを進められておりました。

また、エナメル溶剤を塗ることで、上地とバリアの間に溶剤が沁みて上地が
浮くので、油絵画用の筆(豚毛)か歯ブラシでトントン叩くとはがれるという
実演もやってくださいました。

バリア塗装を実施した上地は塗膜が弱いので、ラッカーのクリアでコート
すること。これも覚えておきたい注意点です。

その他、
・錆の表現
 油彩のバーントシェンナ、マースオレンジ or
 タミヤアクリルのオレンジをエアブラシ塗装
 ※タミヤアクリルのほうが塗膜が弱くはがれやすい

・苔の表現
 AKインタラクティブのスライミーグライムライトや同・ダーク

・ファレフォを使ったチッピング
 塗膜が弱いことを利用して、エッジにのせたあとでつまようじではがす。

といった技法も実演して下さいました。

全てを連続して拝見できなかったのが残念ですが、これだけの作業を
直に拝見できただけでも非常に有益な実演でした。
また、ずうずうしい質問にも嫌な顔一つせず答えてくださった吉岡さん
のお人柄にも惚れました♪あざまっすm(_ _)m

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

モデラーズエキスポ2013 実演レポート その1 -荒木さんの錆塗装-

3日間の熱狂の後の反動がすごすぎて、天国から地獄に落とされた
気分の920です。頭ん中、次に作りたい作品がグルグル回っていますw

さて、今日から3日間は、モデスポで拝見したプロの作家さんの実演
の写真やお話を整理してうpしたいと思います。
第一回目は「情景師アラーキー」こと、荒木さとしさんの錆塗装です。

Img_3339 荒木さんの錆塗装といえば、これが
有名ですよね。
錆びたピカチュウです。
金属製にしか見えないですよね。















Img_20131103_160650 荒木さんのブログにもやり方が掲載されて
いますが、「ダイレクトカット法」と呼ばれる
技法を提唱されています。

塗装前にカッターなどで表面が持ち上がる
ようにプラに刃を入れ、錆び色に見える塗料
で塗装していくことで、錆びて朽ちた状態に
見えるように表現していく技法です。

当日はフィアット600で実演されました。
錆塗装とともに実演されたのはパンク表現。
こちらも分かり易く解説いただきましたので、
同時紹介します。





まず、ダイレクトカットを実施するタイミングですが、①基本塗装後、②塗装前
の2通りが考えられますが、カットしすぎのリペアを考慮し、②をお奨めされて
おりました。

カットで使う道具は「30度カッター」と呼ばれるものをお使いのようでした。
アートナイフを使わない理由は、刃と柄の境界部分がプラとぶつかり易い
ためとのことです。

30度カッターの刃の裏側に指をあてることで、カットしすぎないようにするのが
コツのようです。

ダイレクトカットにより、火山の火口部分のような状態を大小作るというのが
まず第一の作業です。

次は塗装による錆び表現ですが、
・雨降りにより、傷から錆が広がって流れる。
・地面からの湿気で錆びる。
などを前提に、錆びの流れを表現するのがポイントだそうです。

使用する塗料は以下。
タミヤアクリル:ハルレッド、クリアオレンジ
タミヤエナメル:ハルレッド、オレンジ

①アクリル・ハルレッド
 火口にちょいちょいと塗装を乗せていく感じで塗装されていました。

②アクリル・クリアオレンジ+薄め液
 色味は「刺身食った後の醤油の残った跡」のような薄さで、
 平筆でしゃばしゃばの塗料を流す感じで塗装されていました。

 また、筆運びを揺らすことで雨だれ表現もされていました。

 その後、細い筆(精雲堂 5/0 KS)にクリアオレンジをつけて
  流したり、先に塗ったハルレッド部分に筆を入れて、錆の
 流れの本流を作るような塗装を行っておられました。

 やりすぎた場合は、溶剤でふきとり。

③エナメル・ハルレッド
 和筆のぼかし筆で塗料をポンポン置いていく感じに。
 痛んだ筆の先を切ったものでよいとのことです。

④前に大きな傷部分を塗って乾いたアクリルのハルレッド部分に、
 もう一度アクリルハルレッドをのせるとぼそぼそになり、錆びた
  感じが強調されました。

⑤エナメル・オレンジ
 大きな傷部分に面相筆でほんの少しづつのせつつ、やりすぎたら
 指で押さえるという手順をとられておりました。

※赤が強すぎる時は、アクリルのレッドブラウンで押さえるとのこと。


Img_3338 塗装後のサンプルを回覧して下さいました。
ダッズ松本さんに持たせて写真を撮る
自分何様www








タイヤのパンク表現は以下の手順を実演されておりました。

①接地面に切り込み入れて、肉部分をカット。
②瞬着硬化スプレーを吹いたプラ板に押し付け後、はみ出たプラ板部分をカット。
③プラ板のエッジをやすりで整形。

他にも、
・フロントガラスのくすみ
 ①つや消しスプレー吹いて溶剤拭き取り
 ②パステルを溶剤でといて綿棒ふきとり
 ※綿棒はジョンソン&ジョンソンおすすめ。
  綿がボロボロになりづらいのと、軸が硬い。

・ぶつけた部分の凹み
 塗装前に裏からリューターで削って薄くした後、表から押し込む

・参考資料
 googleの画像検索でひっかかった画像を参考にしている。
 入手しづらい本は紹介しても地方のモデラーさんは参考に
  できないかもしれないから。

と、ノウハウを惜しげもなく出していただき、感謝感激でございます♪

---
個人的には、20分程度前から席で待っていた自分に、
「早くから待っててくれたから、観易い後ろから観てくれていいよ」
と行っていただき、荒木さん視点で作業を拝見できたことは
非常に有益でした。ありがとうございましたm(_ _)m。

小スケールのガンプラではオーバスケールになってしまうかもしれない
ので、マシーネンなどでやってみたいなぁ・・ってはよ作れよw

ではでは(=゚ω゚)ノ

| | コメント (1)

2013年11月 4日 (月)

モデラーズエキスポ2013(第3日目)

いよいよ最終日!
今日も非常に濃い、充実した1日を過ごさせていただきました。
ブログ内容、まずは1日遅れ、昨日拝見した作品をうpしまっす♪

Img_3223 Img_3224 ついにお会いできた
Q-konさんの1/60ザクと
旧キット1/100トリコロール
アッガイ!!

丁寧な工作と塗装、ガン
プラブーム頃の思い出が
鮮烈に蘇る作風が
めっちゃツボです。










Img_3330 Img_3332 メカコレ量産型ザクと
旧キット1/144ゲルキャ。

あのメカコレとゲルキャ
がこんなにかっこよくなる
なんて・・・












Img_3331 Img_3333 そして旧キット1/144
06R!
背面の密度感たるや、
MG以上のスケール
にしか見えません。

Q-konさんはこんな
すごい作品を作られて
いるのに謙虚な方♪
これからも素敵な
作品を拝見できること
がすごく楽しみに
なりました。






それでは他の方の作品も・・・

Img_3225 Img_3227 冷奴さんという方の
ノーチラス号です。
見事な塗り!
そしてMa.K.のキャメル。
丁寧な塗装がすがすが
しい一品。






Img_3226 そしてピーナッツ柄のSAFS!
これはたまげた( ゚д゚)

















Img_3228 Img_3229 最近凸凹さんでよく
お会いしたのが
きっかけで、ご挨拶
させて頂いた、大阪
模型界の顔、たけさん
主催のT&Aコンペの
戦車作品です。





Img_3230 Img_3231












Img_3236 Img_3237












そしてここからが今日の拝見内容です。

Img_3440 Img_3441 SOLさんのSTAR
WARSをはじめと
するジオラマ作品。
今日ようやく拝見
することができ
ました。






Img_3442 Img_3443 小さな箱庭の中に
物語があって素敵
な作品ですよね。









Img_3444 Img_3445












Img_3446











今日は朝早めにでかけて、作家さんの作品を全て拝見しようと思って
いたのですが、入って早々POOHさんのブースで釘付けになり、ちょうど
いらっしゃったPOOHさんにお話を伺ったり、設営準備をしていたあにさん
のお邪魔をしてお話を伺ったり、アーマーモデリングの吉岡和哉さんの
実演にガッツリ張り付いてしまったりで、結局全て拝見することは
できませんでした。残念半分、うれしさ半分、複雑な気持ちです。

とどめは15:00からのあにさんの筆塗り実演!筆塗りが上手な方が共通
して話されていたキーワードの意味がようやく分かり、大変勉強になりました。
昨日のアラーキーさんともども、ありがとうございました♪

機会があれば、アラーキーさんとあにさんのノウハウに関しても、備忘録として
ブログに書かせて頂こうと思っています。

Img_3462 Img_3464 最後に僕の赤っ恥
作品をうp♪
ハーフキャノンは
もう少しお待ちをw















Img_3466 Img_3467 そしてついに17:00。
名残惜しいですが、
閉会と作品撤収です。







3日間フル参戦はさすがにヘバりましたが、作家さん、そしてアマチュアモデラーの
皆さまのすごい作品をたくさん拝見でき、直にお話しを伺えたことは、今後の自分
の糧にきっとなると信じたいです。

来年もこの場所に戻ってきたい、心からそう思えた貴重な機会を与えてくれた
関西仮組のメンバに感謝しつつ、今回は筆を置きたいと思います。

| | コメント (0)

2013年11月 3日 (日)

モデラーズエキスポ2013(第2日目)

はい!2日目です。
普段立ち仕事ではないので、こういう楽しいイベントでも立ちが続くと
すごく体力を消耗しますね(-o-;)。朝はちょっと熱っぽかったですし、
帰ってきてからは股関節にペイン!!(;´Д` )

さて、今日は昨日サポーターズエキシビジョンで拝見したすばらしい
作品群をアップしていきますね。

Img_3164 Img_3165 会場前にお願い
して撮らせて
頂いた、学屋さん
の1/60砂ザク!

ずっと拝見した
かったんですよね。












Img_3166 Img_3167 同じく学屋さんの
1/60ジム。
ガンダムから改造
された至高の一品。

僕もこういう作品
作れるようにがんば
ろう♪












Img_3168 Img_3169 こちらも学屋さん。
旧キット1/100ザクと
HGUCシャア専用ザク。
















Img_3170 Img_3171 HGUCガンキャノン
とガンダム。
ガン見させて頂き
ましたが、彫りの
精度がめちゃ高い!














Img_3172 去年の酒餅のプロメウス。
学屋さんの作品、自分がやりたいアプローチ
と同じなのでめっちゃ好きです。
















Img_3173 Img_3174 続いてはキラキラ☆
さんの作品。
MGνVer.Kaと
シナンジュ。ふ

νはあのハイディテ
を更に昇華させた
超ハイディテです♪

シナジオラマも
圧巻!
フロンタルも
いますよw






Img_3175 Img_3176 MGデルタプラス
ハミングバードと、
袖付きヤクト・ドーガ。

こちらもキラキラ☆
さんハイディテール
が炸裂しまくって
ます♪











Img_3177 Img_3178 ジムスナイパー
カスタム。
現在のキラキラ☆
さんディテールとは
方向性が違います
が、こちらもめっちゃ
かっこいいです。












Img_3193 Img_3194 学屋さん、キラキラ☆
さんの卓で展示されて
いた作品です。
作者様のお名前を
存知上げず恐縮です。














Img_3195 Img_3196


















Img_3197 Img_3198 以上が学屋さん、
キラキラ☆さん卓です。

















Img_3180 Img_3181 続いてはSD界の雄!
aspさんとtiさんのSD
作品。
HGUCなどの等身を
詰めてSD化するという
アプローチで、
かっこいいSD作品を
たくさん作られており
ます。
まずはaspさんの
作品から。









Img_3182 Img_3183


















Img_3184 Img_3185 ここからはtiさんの
作品です♪


















Img_3186 Img_3187


















Img_3188 tiさんはSDだけでなく、ABもたいへんかっこよく
作られます♪
こちらはレプラカーン。旧キットには見えないっす。
最新作のビアレスも拝見したかったのですが、
残念ながら展示なしでした(><)。

以上、aspさん、tiさんの卓です。





Img_3199 Img_3200 続いては高槻の模型店
タギミさんの卓。
店長さんにはじめてお会い
しましたが、めっちゃ
ファンキーな方でしたw

お店の常連、くるくる
モデラーさんのタイタン
フォールと、てんぷらさん
の九龍版ν。









Img_3201 Img_3202 お世話になってます♪
craft spot One-Step
1号さん、2号さんの
ジオラマ作品。
2号さんのフィギュアの
塗装が細かくてすげぇ!






Img_3207 Img_3208 roketwoさんの酒餅
スラングルとν。

スラングルはキットの
原型留めてなくって、
カッキンカッキンの
かっこよい作品に
仕上がっております。












Img_3209 Img_3210 隣の卓の京都の
サークル"revolver"
さんのメガザク2体!
超絶ディテールの
素敵な作品です。
















Img_3211 Img_3212 メガと同じ作者さんの
旧キット1/100シャア
専用ザクと、HGUC
ドーベンウルフ改造
のMk-V。

特にシャアザクはメガ
からの振り幅がすご
すぎる芸達者ぶり。











Img_3213 Img_3214 同じサークルの京すけ
さんのAFVジオラマ。
フィギュアの塗りの
精度がめちゃ高くて
かっこいい一品。







Img_3215 京すけさんの作品もういっちょ!
今日のオフィシャルパーティーのビンゴでは
1番乗りでした♪
「持ってる」男っすね。
















と、いうわけで写真は昨日撮らせて頂いたものですが、今日のトピックはと
言いますと・・・

・たくさんのフォロワーさん、お知り合いとお会いしました。
 ムルチングさん差し入れありがとうございましたm(_ _)m。
 たくにさん、遠路はるばるあざまっす♪
 おなじくあかいつくるさんも遠路はるばるありがとうございました。
 GPARTS店長さん、チラリだけでご挨拶できずですみません。
 としさん、また凸凹さんでお会いしましょう。
 そしてほそやん、地元から遠路はるばるあざまっす(*´∀`*)。

 中でも今日最高にうれしかったのは、フォロワーのQ-konさんと
 お会いできたことです♪
 1/60ザク、メカコレ1/44ザク、旧キット1/144 06R、ゲルキャと、
 自分のツボ串刺しの作品を生で拝見でき、お話しを伺えたことは
 非常にうれしかったです。
 すばらしい作品の写真は明日アップしますので、乞うご期待!

・もう一つ嬉しかったこと。アラーキーさんの錆塗装講座を拝見した
のですが、20分前から席取りをしていたことで、アラーキーさんが
「後ろから(つまりアラーキーさん視点)手元を見てもいいよ♪」と
言ってくださったんです。
めっちゃ感激で、製作過程をガッツリ拝見できました。
ポイントは逐次メモにとりましたので、後日うpしますね。

・パーティーもめっちゃ楽しかったです。惜しむらくは、ビンゴが全く
ダメだったこと。ほとんど開きませんでした(;´Д` )。

いよいよ明日はラスト。まる2日いて、まだ作家さんの作品は1/3程度
しか拝見できておりません(><)。明日で全部拝見するど!

| | コメント (0)

2013年11月 2日 (土)

モデラーズエキスポ2013(第1日目)

ついにこの日がやって参りました!\(^o^)/

9:00前に最寄り駅集合で、11:00会場目指して設営準備♪
これだけでもめちゃめちゃ盛り上がってしまい、会場前には
既にお腹いっぱい状態(;´Д` )。

今日はサポーターズエキシビジョン中心に、作品を拝見
したり、モデラーの皆さんと交流させて頂きました。

手前味噌ですが、今日は関西仮組の作品だけうpします。
他のモデラーさんのすばらしい作品をご覧になりたい方は、
明日か明後日会場まで来てねw

Img_3159 まずはテーブル右側に位置するガンプラ以外
のコーナー。エヴァ、バルキリー、ガルパン戦車
など、バラエティに富んでおります。








Img_3160 メインアイテムは、0083「熱砂の攻防戦」ジオラマ!
じむこん!用に作ったジム+モデスポ用作り起こし
のジオン残党軍とRGゼフィランサスで構成しました。








Img_3161 SDガンダム、アイスオーレさんのフォレスト・ガンプ
のビネット、そしてゲストモデラーである、がっとねろ
さんとちょいさんの作品です。








Img_3162 ガンダムUC登場MS群!!
カーモデル風に仕上げたポテト師匠のクシャ
が目を引いておりました。








Img_3163 ファースト世代のMS達。まだこの時点では
目玉作品が到着しておりません・・・









Img_3216 Img_3217 はい!ついにロール
アウトしたポテト師匠
の06R!
写真だけだととても
HGとは思えない
密度感!!
愛知から展示にこら
れていた学屋さん、
キラキラさん、そして
ひがしさんも絶賛の
超絶作品です。








Img_3203 Img_3204 仮組とは別に個人
ブースで参戦されて
いたfixyさんの作品
もついに解禁!
デコ「ジャブローに
散る!」と、ローバー
ミニ。
超絶修行状態(;´Д` )




Img_3218 カワバタマスターもご自身のiibaブースで参戦!
くまもんベアッガイwww
















Img_3219 Img_3220 こちらもマスターの
作品。グフ&ザクの
ジオラマと、ナウシカ
に登場するクリーチャー
でしょうか・・・(自分、
よくわかってません
(><))。



サポーターズエキシビジョンだけでもまだ拝見しきっておらず、明日~明後日の
うちにプロ作家の方々の作品も含めて全て拝見できるかどうか、心配になって
参りました(;´Д` )。
要チェックな実演もありますし、まだまだ楽しみがいっぱい待っております。

皆さまも是非是非ATCまで足をお運び頂けましたら幸いですm(_ _)m。






| | コメント (0)

2013年11月 1日 (金)

いよいよ・・・

明日11/2(土)から11/4(月)の3日間、大阪南港はATCの10階、デザインギャラリー
にて、「モデラーズエキスポ2013」が開催されます。

これまでブログでも何度か書かせていただきました通り、所属する模型サークル
「関西仮組」でサポーターズエキシビジョンに出展致します\(^o^)/。

去年東京に住んでいた頃、「う~ん、ガンプラEXPOとどっち行こうかな・・・」
なんて迷っていたのが懐かしく思えるほど、この1年で目まぐるしく環境が変化し、
こんなすごい展示会に作品を置いて頂けるようになったことに感慨もひとしおです。
これも、前身のオフ会に自分を誘って下さったひでぞーさんと、自分を快く
迎えてくださった現メンバのお陰です。ありがとうございますm(_ _)m。

Img_2013110157421

この3日間で、ネット上でしか交流したことがない
全国のモデラーの方々の素晴らしい作品を拝見し、
新たなつながりが持てることが非常に楽しみです
(*´∀`*)。
なんといっても、自分の中で模型熱が上がってきた
きっかけは昨年末のUCオフ会、リアルでモデラーさん
にお会いできたことからでしたので、今回も俄然
ワクワクしております。

←これを読みつつ、頃合に寝ようと思いますが、
さて、寝られるかなw


| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »