« モデラーズエキスポ2013(第3日目) | トップページ | モデラーズエキスポ2013 実演レポート その2 -吉岡さんのエイジング塗装- »

2013年11月 5日 (火)

モデラーズエキスポ2013 実演レポート その1 -荒木さんの錆塗装-

3日間の熱狂の後の反動がすごすぎて、天国から地獄に落とされた
気分の920です。頭ん中、次に作りたい作品がグルグル回っていますw

さて、今日から3日間は、モデスポで拝見したプロの作家さんの実演
の写真やお話を整理してうpしたいと思います。
第一回目は「情景師アラーキー」こと、荒木さとしさんの錆塗装です。

Img_3339 荒木さんの錆塗装といえば、これが
有名ですよね。
錆びたピカチュウです。
金属製にしか見えないですよね。















Img_20131103_160650 荒木さんのブログにもやり方が掲載されて
いますが、「ダイレクトカット法」と呼ばれる
技法を提唱されています。

塗装前にカッターなどで表面が持ち上がる
ようにプラに刃を入れ、錆び色に見える塗料
で塗装していくことで、錆びて朽ちた状態に
見えるように表現していく技法です。

当日はフィアット600で実演されました。
錆塗装とともに実演されたのはパンク表現。
こちらも分かり易く解説いただきましたので、
同時紹介します。





まず、ダイレクトカットを実施するタイミングですが、①基本塗装後、②塗装前
の2通りが考えられますが、カットしすぎのリペアを考慮し、②をお奨めされて
おりました。

カットで使う道具は「30度カッター」と呼ばれるものをお使いのようでした。
アートナイフを使わない理由は、刃と柄の境界部分がプラとぶつかり易い
ためとのことです。

30度カッターの刃の裏側に指をあてることで、カットしすぎないようにするのが
コツのようです。

ダイレクトカットにより、火山の火口部分のような状態を大小作るというのが
まず第一の作業です。

次は塗装による錆び表現ですが、
・雨降りにより、傷から錆が広がって流れる。
・地面からの湿気で錆びる。
などを前提に、錆びの流れを表現するのがポイントだそうです。

使用する塗料は以下。
タミヤアクリル:ハルレッド、クリアオレンジ
タミヤエナメル:ハルレッド、オレンジ

①アクリル・ハルレッド
 火口にちょいちょいと塗装を乗せていく感じで塗装されていました。

②アクリル・クリアオレンジ+薄め液
 色味は「刺身食った後の醤油の残った跡」のような薄さで、
 平筆でしゃばしゃばの塗料を流す感じで塗装されていました。

 また、筆運びを揺らすことで雨だれ表現もされていました。

 その後、細い筆(精雲堂 5/0 KS)にクリアオレンジをつけて
  流したり、先に塗ったハルレッド部分に筆を入れて、錆の
 流れの本流を作るような塗装を行っておられました。

 やりすぎた場合は、溶剤でふきとり。

③エナメル・ハルレッド
 和筆のぼかし筆で塗料をポンポン置いていく感じに。
 痛んだ筆の先を切ったものでよいとのことです。

④前に大きな傷部分を塗って乾いたアクリルのハルレッド部分に、
 もう一度アクリルハルレッドをのせるとぼそぼそになり、錆びた
  感じが強調されました。

⑤エナメル・オレンジ
 大きな傷部分に面相筆でほんの少しづつのせつつ、やりすぎたら
 指で押さえるという手順をとられておりました。

※赤が強すぎる時は、アクリルのレッドブラウンで押さえるとのこと。


Img_3338 塗装後のサンプルを回覧して下さいました。
ダッズ松本さんに持たせて写真を撮る
自分何様www








タイヤのパンク表現は以下の手順を実演されておりました。

①接地面に切り込み入れて、肉部分をカット。
②瞬着硬化スプレーを吹いたプラ板に押し付け後、はみ出たプラ板部分をカット。
③プラ板のエッジをやすりで整形。

他にも、
・フロントガラスのくすみ
 ①つや消しスプレー吹いて溶剤拭き取り
 ②パステルを溶剤でといて綿棒ふきとり
 ※綿棒はジョンソン&ジョンソンおすすめ。
  綿がボロボロになりづらいのと、軸が硬い。

・ぶつけた部分の凹み
 塗装前に裏からリューターで削って薄くした後、表から押し込む

・参考資料
 googleの画像検索でひっかかった画像を参考にしている。
 入手しづらい本は紹介しても地方のモデラーさんは参考に
  できないかもしれないから。

と、ノウハウを惜しげもなく出していただき、感謝感激でございます♪

---
個人的には、20分程度前から席で待っていた自分に、
「早くから待っててくれたから、観易い後ろから観てくれていいよ」
と行っていただき、荒木さん視点で作業を拝見できたことは
非常に有益でした。ありがとうございましたm(_ _)m。

小スケールのガンプラではオーバスケールになってしまうかもしれない
ので、マシーネンなどでやってみたいなぁ・・ってはよ作れよw

ではでは(=゚ω゚)ノ

|

« モデラーズエキスポ2013(第3日目) | トップページ | モデラーズエキスポ2013 実演レポート その2 -吉岡さんのエイジング塗装- »

プラモデル」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

関西仮組/オフ会」カテゴリの記事

コメント

モデスポお疲れ様でした。

遅くなりましたが、準備や卓の番等、皆さんに全てお任せしっぱなしで本当に申し訳ありませんでした。
でも、直で色んな作品見て、感じて、素晴らしい体験が出来たと大満足の一日でした。

改めて、こんな素晴らしいイベントに仮組メンバーとして参加させて頂いて、皆さんには感謝、感謝です。

これからも、よろしくお願いしますねm(_ _)m

投稿: ゲンキ | 2013年11月 6日 (水) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モデラーズエキスポ2013(第3日目) | トップページ | モデラーズエキスポ2013 実演レポート その2 -吉岡さんのエイジング塗装- »