« 旧キット 1/144 MS-06D ZAKU DESERT TYPE (32) | トップページ | HGUC MS-06 ZAKU THE GROUND WAR SET (20) »

2012年11月24日 (土)

GUNPLA EXPO WORLD TOUR JAPAN 2012

昨日に続き参戦。今日は仕事&プラモ仲間のしゅうごろーさんと行って
参りました。

新製品情報などは他の方がすでに公開済みですので、ガンプラビルダーズ
ワールドカップ2012 日本代表候補の皆さまの作品をうpしていきたいと
思います。まずはオープンコースから。

#コメントほとんどなしの写真うpだけで恐縮ですm(_ _)m。

011 012 01:終戦
ひび割れ塗装が秀逸です。









021 022 02:戦場の絆 -哀戦士たち-
旧ザクのダメージ加工が
かっけぇっす。








031 032 03:陸戦強化型ドム


















041 042 04:市街地戦 単独行動
仕様。
ドットマトリクス迷彩の
パタンスキームが
いい!!














051 053 05:ガンダムエクシア
リペア
















061 062 06:蘇醒 -shangri-La-
ディテールアップセンスが
非常に高い作品。
















071 072 07:連邦の白い悪魔
1stのジオン全MSがスク
ラップ化されているのが
地味にすごい!!
ダメージ加工と塗装も
勉強になります。





08 08:ジオニックジオガンダム
複数のMS、MAの合体MS。脅威のメカニズム。


















091 092 09:ジム・コマンダー
(フルアーマージム)
近藤和久さんの漫画に
でてきそうなMA。














10 11 左 10:ユニコーンガンダム
3号機「ディナ・シィ」
右 11:YMS-15 GYAN
どちらも1/144と小スケール
ながら丁寧な作りです。













122 123 12:TEST FRIGHT
WC展示の入り口でこれに
度肝を抜かれました。
おそらくメガサイズ改造。
本体だけでなく周辺の
作り込みも高レベル。
群を抜いてました。



132 133 13: 00ガンダム開発計画
仮想試作3号機"ステイメン"
















142 143 14:プロトタイプドム
個人的に肩入れしてしまい
たくなる作品。
これぞ「ガンプラ」!!
ですよ。













151 152 15:GUNDAM AGE-3
~EVOLUTION~
カラーリングとミキシング
のセンス抜群です。







161 162 16: 61式戦車 A5型
(M61A5)
圧巻の戦車模型。
砂漠シチュの塗装の勉強
になる作品です。






171 172 17:日常の中の非日常
UC ep4のオープニング
後日談を想像させる
ストーリー性のある
ジオラマ。いいですね。













181 182 18:飛【fei】ガンダムAGE-Ⅱ
RockHopper
飛行形態をペンギンに
したおもしろかっけー作品。















191 192 19:瞬間
クラッシュ箇所の作り込み
がすばらしい一品。















201 204 20:Jupiterian
ホビーショーのパネル展示
で一番ハートを持って
いかれた作品。
ド迫力ですよ。













211 21:勝利と哀しみ



















221 222 22:Merry Christmas
sister Zabi
旧ザクはもちろん、ホーム
の下のように見えづらい
ところまでしっかり作り
込んでおられます。
久里曳駅ワロタw




231 234 23:出会い
昨年のオープン日本代表
山口さんの作品。
今年もベースはシナンジュ
で網塗装も健在。
クリアっぽく見える塗装
表現もすごいです。




241 242 24:ガンダムアストレイ
BUSHIDOフレーム魁(Kai)
アストレイの暴走っぷりを
作品にうまく取り込まれた
超絶作例。
和=畳とMS。ミスマッチと
思える組み合わせが
見事に合った作品。










255 253 25:Air Transit!
水中表現、特に
ジムⅢの塗装に惚れた
作品。















続いてジュニアコース。お願いです、弟子にして下さいm(_ _)m。

A1 A2 A:戦場の絆 -ジャブローの
破壊者-
物語を感じさせる作品。















B1 B2 B:森のクマさん
ベアッガイネタですが、
今までありそうでなかった
作品。清潔感のある
カラースキームです。






C1 C:シャア専用アッガイ
これも清潔感のある塗装でGood!!


















D1 D2 D:ゴッグの海
まさぼんさんのお嬢様で
昨年のジュニア日本代表
めっこさんの作品。
全てに渡って群を抜いた
作品だと思います。





D3 D4 贔屓してるのでwいっぱい
うpしちゃう(^田^)。








D5 いったいどんなマテリアルを使ったらこんな表現
ができるのか・・・すばらしい~(´Д`;)。








E1 E2 E:REPAIR
1/60エクシア改造。
ここまで仕上げた高い技術
力に圧倒されました。














日本代表に選ばれた候補はオープンが25、ジュニアが5。そのうち、ジオラマは14、
背景のありそうなオラ設定MSが8と、「物語」を感じさせる作品が非常に多い印象です。

実演ブースで川口名人も仰っていましたが、審査基準は①工作②塗装の両スキルと
③創造性やオリジナリティとのことで、結果に納得。
今回川口さんがEXPO用に作られたヴェイガンMSのジオラマ「砂漠の駐屯地2012」を
例に出して語っておられたのは・・・

Img_1400 Img_1404 同じヴェイガンMSでも、
地球降下後のダメージを
負ったままの機体も
あれば・・・






Img_1406 火星から塗料を持ってきていることは考え難いので、
現地(地球)で調達した塗料で塗られた機体もあり、
色味が微妙に違うはずだ・・・

といったジオラマの「物語」で妄想力を爆発させて
作品にぶつけておられます。






例えジオラマでなくても、作品に躍動感を与えるという点で非常に大事なポイント
を教わりました。名人ありがとうございました。

では、明日からちゃんと手を動かしますw

|

« 旧キット 1/144 MS-06D ZAKU DESERT TYPE (32) | トップページ | HGUC MS-06 ZAKU THE GROUND WAR SET (20) »

ガンダム」カテゴリの記事

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧キット 1/144 MS-06D ZAKU DESERT TYPE (32) | トップページ | HGUC MS-06 ZAKU THE GROUND WAR SET (20) »