« HG AGE GAGE-ING PROJECT (1) | トップページ | HG AGE GAGE-ING PROJECT (3) »

2012年3月22日 (木)

HG AGE GAGE-ING PROJECT (2)

昨日のブログの続き。余剰パーツを寄せ集めてAGE-1ノーマルが組めるのですが、
そのままでは面白くない。ちょっと遊んでみようと思い立ちました。

題材は「アセム編のAGE-1」。ご存じの通り、冒頭はアセムが登場、アセムがAGE-2
に乗り換えてからは再びフリットが搭乗しています。

フリット編から二十年強経過しているにもかかわらず、外見の形状はほとんど変わらず、
機体正面のAマークに蓋がされ、ツインアイと頭部のAマークが白(設定画では白に
見えるのですが、映像では黄色に見えます)になっただけです。

「どうみても、四肢はアデルのほうがパワーありそうやん」と思い、アデルで採用された
技術がフィードバックされたAGE-1をでっち上げようとゲイジング。

2012032101_hgage_age1ftype920_front 四肢そのままゲイジングでは面白くないので、
まずはひざ当てをAGE-1のものにすげ替え。
アデルのひざ当てはすそと別パーツですが、AGE-1
のそれはひざ当てとすそが一体化しているため、
ひざ当てとすそを分割し、アデル脚部のダボを短く
カットしてフィットさせました。

また、脚部のボリュームと比較して、どうも肩幅の
ボリュームがないように思えましたので、アデルの
ひざ当てを短くカットし、サイドバーニアっぽくみえる
よう貼り付けてみました。
ボリューム的には満足なのですが、「とってつけた
ような感じ」になってしまっているので、もう少しまとまり
がでるように考えたいと思います。





さてさてこのAGE-1、名付けて「AGE-1フラット[type920]」とでも言っちゃいますw

|

« HG AGE GAGE-ING PROJECT (1) | トップページ | HG AGE GAGE-ING PROJECT (3) »

ガンプラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HG AGE GAGE-ING PROJECT (1) | トップページ | HG AGE GAGE-ING PROJECT (3) »