« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

今日のお買い物(鉄拳6 PS3版)

「今日のお買い物」というよりも、「今日のもらい物」ですw。
めったに行かないヤマダ電機のポイントが期限切れ間近
だったので、全額ポイントでもらってきました。

据え置き型ゲーム機のソフトなんて何年ぶりでしょう。
しかもまだPS3持ってないし(^田^)。
FFXIII効果でPS3が品薄になる前には本体も買おうと
思っとります。

20091031_ps3_tekken6

| | コメント (1)

2009年10月27日 (火)

HG 00 GNX-704T AHEAD (11)

20091027_hg00_gnx704t_leg何回かのやり直しを経て、ようやく
合わせ目消しの不完全部分が
埋まりました。

週末はサフ吹きたいと思います。


| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

HG 00 GNX-704T/AC Mr.BUSHIDO'S AHEAD (16)

2009102501_hg00_gnx704tac_bustup昨日完成しました。4つ目とレールを
塗装後、エナメルのジャーマングレー
とレッドブラウンでスミ入れしました。
黒鉄色とゴールドで鎧っぽい感じが
でたと思います。


2009102502_hg00_gnx704tac_rearリアビュー。GNドライブもスーパー
シルバーで塗装しました。ボルトは
開孔し、WAVEのオプションパーツ
で埋めました。ボルトもシルバーに
したほうがよかったかな・・・


2009102503_hg00_gnx704tac_frontティエレンの系譜を継ぐデザイン
だけあって、キットの構成もティエレン
に似てました。組みやすさも継承して
おり、良キットでございました。


| | コメント (1)

2009年10月25日 (日)

'09 和歌浦ベイマラソン with ジャズ

今年も走ってまいりました。例年通り5kmです。

昨年はついに参加者10000人を大きく超え、運営側が
大変になってきたのか、今年はいろいろと変化があり
ました。
 ・参加者は申し込み先着10000名
 ・これまで現地で行われていたゼッケンの引き換えを
    なくし事前に郵送。
 ※じゃあ記念品のTシャツも送ってこいよ・・・(--;)。
 ・(これは会場事情だと思いますが)例年荷物置き場や
 着替え場所として使用していた大型テントがなくなり、
  青天井で準備。
個人的にはゼッケン事前郵送はよかったです。なにせ
例年は受付の締切時刻が早すぎて、受付終了から
スタートまでえらい待たされていたので・・・

天気は曇り。寒くもなく暑くもなく、走るにはもってこいの
気候。スタート直前に、会社があっちこっちバランバラン
にされる前に同じ職場だったYくんとバッタリ。元気そうで
なによりでした。

さてスタート。折り返し過ぎまではいいペース、スタミナ
切れもなく走れていたんですが、3km過ぎたあたりから
突然ヘバった(--;)。復路のサンブリッジで完全にガス欠
起こしまして、最後の1kmでのスパートなどとてもとても・・・
それでも平均点のタイムでゴール。仮装もなんもしてない
ので、e-TAXのTシャツ着て段ボールロボットの仮装してた
香具師に負けずによかった(^^;)。

来年に向けてまた練習しよっと。

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

HG 00 GNX-704T/AC Mr.BUSHIDO'S AHEAD (15)

20091024_hg00_gnx704tac_painted今日も苦戦しつつ塗装ほぼ終わり
ました。金の部分はMr.カラーの
スーパーシルバー、上からクリア
オレンジです。


瓶に入った塗料の色を見るとかなり濃く見えるんですが、
吹いてみるとそれほどでもなく、吹き重ね量の次第で
シャンパンゴールドのような色にもできます。
ビームサーベルの柄はそんな感じにとどめました。

サーベルの刃部分は、スーパーシルバーを軽く吹いた
上からクリアオレンジです。ショートとロングでクリアの
吹き重ね量が違ってしまい、色味がずいぶん違って
しまいました(--;)。

残りは目の部分とスミ入れです。

| | コメント (0)

2009年10月22日 (木)

HG 00 GNX-704T AHEAD (10)

20091022_hg00_gnx704t_leg太ももの合わせ目のペーパーがけ。
ブシアへ用の大穴は付属パーツを
差し込んでも隙間がでると思った
ので、はじめからエポパテで埋め
ました。


相変わらず接着剤で埋まりきっていない箇所あり(--;)。
瞬着乾燥待ちです。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

HG 00 GNX-704T AHEAD (9)

20091021_hg00_gnx704t_armマスキングして挟み込み接着
してたパーツのうち、二の腕
のペーパーがけしました。




旧キットザクのモチベが全く上がらない件(´・ω・)。

| | コメント (0)

2009年10月20日 (火)

HG00 GNX-Y901TW SUSANOWO (22)

20091020_hg00_gnxy901tw_shoulder今頃になって肩の白いパーツの小型化。
エッジの厚み分、外周をやすりがけ
しました。
思ったよりうまくいきました(^-^)。


| | コメント (0)

2009年10月19日 (月)

HG 00 GNX-704T/AC Mr.BUSHIDO'S AHEAD (14)

20091019_hg00_gnx704tac_thruster週末の塗装に向けて、フィンを残した形で
スラスターのマスキングを行いました。
ついでにタケノコの三角部分のマスキング。
週末には塗装を終わらせたいです。


| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

本日のお買い物(HGUC NZ-666 クシャトリヤ)

2009101801_hguc_nz666_package新製品を買うのを止めると決めて
いたのに、やっぱり買ってしまい
ますた(´・ω・)。
HGのくせに箱デカすぎです。



2009101802_hguc_nz666_runnerランナー13枚。箱デカいはずです。
関節、バインダーアームは保持力
重視でABSです。




2009101803_hguc_nz666_manual1組立説明書。ド迫力のバインダー
です。そういえば、パッケージ
イラストはこれまでのHGUCと
異なり、森下氏ですね。
映像作品と並行リリースする
キットは森下氏と決めているの
かな・・・




2009101804_hguc_nz666_manual2巨大なバインダーを保持するため
にロック機構が設けられている
ご様子。バインダーがダランとたれて
しまったら元も子もないですからねぇ。



バインダーのデカさ、袖をはじめとするエングレービング等、
塗装が大変そうですね。
でもキット化したことに意義のあるキットです。映像化様々
ですね。

| | コメント (1)

2009年10月17日 (土)

HG 00 GNX-704T/AC Mr.BUSHIDO'S AHEAD (13)

昼飯食ってから塗装しようと思っていましたが、曇っている
のでしばらく待とうと座椅子に座ったところ、案の定居眠り。
起きたら15:00でした(--;)。

20091017_hg00_gnx704tac_paintedはじめた時刻が遅かったので、結局
晩飯はさんで19:30までかかったのに
黒鉄色しか吹けませんでした(--;)。



黒鉄色は隠ぺい力が弱いようで、先週吹いたレッド14の
上からかぶせて吹いた部分は赤の発色がなかなか隠れず、
何度も吹き重ねました。

完成までまだもうちょっとかかりそうです。

| | コメント (0)

2009年10月15日 (木)

HGUC RX-78-2 GUNDAM (13)

東京出張帰りの新幹線車中から昨日の成果をうp。

20091014_hguc_rx782_body胴体下端を2mm延長したため、
中央ブロックの下端に「ふち」が
ない状態のまま長らく放置して
おりました。



極小サイズのくさび型に切った1mmプラ板を中央
ブロックの両サイドのエッジに貼り、下端にも棒状
にカットしたプラ板を貼ることで、「ふち」をでっち上げ
たのですが、胸~下端にかけてのラインが「逆反り」
ような形状になってしまいました(--;)。

サフ吹いても違和感なさそうならこのままでいこうかな
と思います。

| | コメント (0)

2009年10月14日 (水)

OOPARTS

the pillowsのニューアルバムでました。昨日届きましたので、
早速iPodに放り込み、東京出張の道中に3回ローテーション。
かなり短めのアルバムです。

さて内容ですが、"PIED PIPER"よりthe pillowsっぽいというか、
むしろ"PIED~"のほうが一般受けするように作っていると
いったほうが正しいかな、と思える仕上がりでした。

自分がthe pillowsの楽曲で好きな路線である、"その未来は
今"のような疾走感のある楽曲がなかったのが少々残念ですが、
"YOUR ORDER"や"雨上がりに見た幻"のような、アップ~ミドル
テンポの実にthe pillowsらしい楽曲が勢ぞろいでよかったです。

少々切なさが足りないかな・・・次回作ではそのあたりもよろしく
おながいしますm(_ _)m。

OOPARTS【初回生産限定盤】 Music OOPARTS【初回生産限定盤】

アーティスト:the pillows
販売元:avex trax
発売日:2009/10/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2009年10月13日 (火)

HG 00 GNX-704T AHEAD (8)

20091013_hg00_gnx704t_armleg週末に塗装したひざ関節とC16、
マスキングして挟み込み接着しました。





今気がついたのですが、量産アヘッドの関節パーツ
は、バーニア等のパーツと違って薄いグレーだった
んですね(--;)・・・このままいくか・・・

| | コメント (0)

2009年10月12日 (月)

HG 00 GNX-704T/AC Mr.BUSHIDO'S AHEAD (12)

20091012_hg00_gnx704tac_masking昨日の成果です。来週末にむけて
マスキングしました。





レッド14は隠ぺい力があるっぽかったので二度吹き
しかしなかったのですが、これがまずかった。
塗膜が薄すぎて、マスキングの最中に爪でひっかく
ひっかく(--;)。テープと一緒に剥がれないかガクブル
(((( ;゚Д゚))))ですわ。

| | コメント (0)

2009年10月11日 (日)

HG 00 GNX-704T/AC Mr.BUSHIDO'S AHEAD (11)

20091011_hg00_gnx704tac_redpainted昨日のサフに続き、赤部分吹きました。
ガンダムカラーのアロウズセットのレッド
14使いました。



続けて量産アヘッドの塗装の前準備として、挟み込みが
必要となるひざ関節と肩アーマー取り付け部にブラック1
を吹きました。
ブシドーアヘッドは鎧っぽさをだすために黒鉄色を使った
んですが、量産アヘッドに使うのはやめときました。

| | コメント (0)

2009年10月10日 (土)

HG 00 GNX-704T/AC Mr.BUSHIDO'S AHEAD (10)

20091010_hg00_gnx704tac_surfacerサフ吹きました。さて、明日は量産
アヘッドのサフを吹くか、それとも
ブシドーさんの塗装を進めるか、
迷うところです。同じ色を再度吹くの
って、めんどくさいですもんね。

| | コメント (1)

2009年10月 7日 (水)

1/144 MS-06 量産型ザク (16)

20091007_1144_ms06_shoes靴にボールジョイントの受けを
接着しました。





脚部との位置合わせをしてみましたが、やはり甲の
可動を確保しつつどこに固定するかが問題です。
行き詰ってきました(--;)。

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

1/144 MS-06 量産型ザク (15)

20091006_1144_ms06_shoes久々の作業。靴の中にイエサブの
ボールジョイントの受け側を仕込む
ために、1mmプラ板×2枚で土台
を作りました。







本来ならばダブルボールジョイントで2段階で曲がるよう
にしたかったのですが、すね側の受け用ポリキャップが
かなりすそ側によっているので、ダブルだと背が高く
なりすぎてしまうんですよね。

シングルでいこうとは思うんですが、そうなると靴の甲を
どこに固定するかが問題です(´・ω・)。

| | コメント (0)

2009年10月 5日 (月)

お試しかっ!ゴールデン3時間スペシャル

今週はテレ朝の深夜バラエティーのゴールデン3時間
スペシャル連日放送。自分は「お試しか!」と「アメトーーク!」
を見てますんで楽しみにしとりました。

「お試しかっ!」は人気企画の「帰れま10」。2チームが
「サイゼリア」と「餃子の王将」に分かれ、どちらが早く帰れるか
のレースを繰り広げました。

「ヒーハーTシャツ」「こっそり注文」「ドデカ注文」等、期待の
定番ボケ連発に加え、坂東英二が2チームともに乱入し
かき回しまくってくれたのは腹立つやら笑えるやらで、あっと
いう間の3時間でした。

竹山や有吉のツッコミもおもしろかったですが、やはりブラマヨ
のような定番ボケがないので、おもしろさ的にはタカトシチーム
に軍配が上がったという感じでしょうか。

深夜の番外編も楽しみです。

#おかげでまたプラモやりませんでした(^^;)。

| | コメント (0)

2009年10月 3日 (土)

ブレードランナー

昨晩から今朝にかけてWOWOWで「ファイナル・カット」と
「オリジナル劇場版」と称した2タイトルが放映されたので、
録画したものを見ています。wikipediaで記事を読んだところ、
5バージョンもあるんですね。

「ポリススピナー」や「デッカードの銃」など、今までは模型的
要素にしか注目しておらず、SWのようなSF映画だと思って
いましたが大きな誤解でした。原作(といっても、アイデアの
踏襲だけのようですが)が「アンドロイドは電気羊の夢を
見るか?」だけあって、ハヤカワ文庫のSFにありそうな
ストーリーでした。

「サイバーパンク」という言葉を生みだしたきっかけらしく、
世界観は後のSF作品や漫画に大きく影響を与えてますね。
他の作品で似たような絵をたくさん見た気がします。

ファンが、主人公のデッカードの正体について論議を
繰り広げているとのこと。さまざまなバージョンで
後付け的に何かを示唆するようなシーンを付け加えれば、
見る人によってはそう解釈することにもなりますわなあ。

自分としては、本作のテーマを大切にしようと考えるなら、
監督の見解には否定的になります。

本作初見ですが、すっかりハマってしまいました。

| | コメント (1)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »