« HG00 GN-006 CHERUDIM GUNDAM (1) | トップページ | HG00 GN-006 CHERUDIM GUNDAM (2) »

2009年2月28日 (土)

今週のお買い物(1/72 VF-25Fアルト機、VF-25Sオズマ機、スーパーパーツ、HG00 MSJ-06III-A セルゲイ専用ティエレンタオツー、MG RGM-79 ジム Ver.2.0)

2009022801_172_vf25f_package今月は月末に散財しすぎ(--;)。先週到着
していたamazonからのVF-25×2、ようやく
開梱しました。

2009022802_172_vf25s_packageこちらはオズマ機。実は水曜の夜にamazon
でなぜか1500円での投売りが行われていた
ので、勢いで更にもう一つポチってしまい
ました(^-^;)。もうすぐ到着予定です。

2009022803_172_vf25_superpack_packaVF-25対応のスーパーパーツ別売り版も
ようやく今週末発売になりましたので、昨日
買って参りました。ジョーシンで値札から
更に10%引きのセールをやっていたので
お得に買えました。

2009022804_hg00_msj06iiia_package追悼祈念のセルゲイタオツーです。箱絵は
#17散りゆく光の中でのワンシーンですね。
アチャ子も一緒に描かれています。

2009022805_hg00_msj06iiia_runnerランナー。タオツーランナー3枚、ティエレン
ランナー2枚、GNビームライフルのランナー
1枚という内容です。ライフルの銃剣部分
は残念ながらライフルと同じ成型色でした。

2009022806_hg00_msj06iiia_manual1「タオツー」と呼ぶのは本来間違いと、公式
見解がでますた。どうせなら本体形状を
変えるとかして、「全領域対応型」の名に
ふさわしい形で登場して欲しかった。物語
での必然性より、磐梯さんの大人の事情
が優先されて出された感が否めないです。

2009022807_hg00_msj06iiia_manual2GNビームライフルは対応機でないと取り
扱いが難しいとのこと。コンデンサーと
思しき部分はGN-Xに似てますね。

2009022808_mg_rgm79_package続きましてはMGジムVer.2.0。箱絵は
ジャブローでしょうか。降下部隊相手
にジャングル内でジムが戦ったイメージ
がないので、違和感のある箱絵です。
箱裏にはRGM-79開発系統図が載って
いましたが、08小隊関連のMS系統図
だけは未だに許せんものがあります。
ジャブロー以前に連邦に量産型MSが
存在したという後付け設定自体に無理
がありすぎるからです。

2009022809_mg_rgm79_runnerランナーは10枚。成型色はHGUCの色と
同じですね。フレーム部分はABS。ポリ
部品はほとんどありません。カットモデル
やフレームで飾るわけではないので、
HGUCのスケールアップ版で十分だと
思うのは自分だけ?

2009022810_mg_rgm79_manual1劇中の開発系統と同じく、ガンダム
Ver.2.0のフレーム流用です。ひじも足首も
よく曲がります。

2009022810_mg_rgm79_manual2すっくと立った凛々しいお姿。外観はHGUC
のスケールアップ版というイメージで、ジム
好きにはウケるんではないでしょうか。
Ver.1.0は、これまた流用元のガンダム
Ver.1.0のアレンジを色濃く受けて、ジムらしく
ないかっこよさが前面に出すぎているように
思えます。

ほんま、買うペースに作るペースが全く追いつきません(--;)。

|

« HG00 GN-006 CHERUDIM GUNDAM (1) | トップページ | HG00 GN-006 CHERUDIM GUNDAM (2) »

ガンプラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HG00 GN-006 CHERUDIM GUNDAM (1) | トップページ | HG00 GN-006 CHERUDIM GUNDAM (2) »