« HGUC RX-78-2 GUNDAM (10) | トップページ | HG 00 GN-0000 00 GUNDAM (8) »

2008年10月14日 (火)

HG 00 GN-0000 00 GUNDAM (7)

昨日~今日の作業うp。
昨日は顔パーツの後はめ加工しました。

2008101301_hg00_gn0000_head1 まず、ヘルメットの下側のふちを切りかくのと
ヘルメットのマスク両脇カードを薄くすることで、
マスクと目のクリアパーツを下から装入できる
ようにしました。ただこの加工だけでは後はめ
するには不完全です。

2008101302_hg00_gn0000_head2 上記の加工だけだと、目のクリアパーツの
後ろ側が後頭部の開孔部よりも大きいため、
つっかえてしまいます。そこで後頭部の開孔
部を少し広げることにしました。これで後はめ
が可能になりました。

2008101303_hg00_gn0000_head3

それと前々から00のマスク部分が若干おたふく
っぽいと思っていたので、この機会にちょっと
手を入れてみました。「ツインドライヴ」での
起動直後の顔アップをイメージソースに、
ほっぺがこけたように見えるようデザインナイフ

で削りました。映像では目が離れすぎのように思えましたが、
皆さんの目にはどう写りましたか?

20081014_hg00_gn0000_gndrive_arms 今日の作業はこれだけ。両肩のGNドライブの
バーニア部分(※)をつないでいるアームの肉
抜き穴をエポパテで埋めました。HJ誌はアーム
のリブ部分も埋めていましたが、ペーパーがけ
がやりにくそうなので自分は埋めていません。

※バーニア部分と書いたのは、GNドライブ=太陽炉自体は、1st
シーズンの最終回でナドレが放出した円柱形のブツであり、あくまで
もコーンはバーニアだと思っているからです・・・とはいいつつも、
公式の00の解説ではコーンをGNドライブと称しているようですし、
製作側も勘違いしているような気がします。

|

« HGUC RX-78-2 GUNDAM (10) | トップページ | HG 00 GN-0000 00 GUNDAM (8) »

ガンプラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HGUC RX-78-2 GUNDAM (10) | トップページ | HG 00 GN-0000 00 GUNDAM (8) »