« HG 00 GN-003 GUNDAM KYRIOS (11) | トップページ | HG 00 MSJ-06Ⅱ-A TIEREN Ground Type (1) »

2008年1月14日 (月)

小説∀ガンダム 月に繭 地には果実(下)

発売以来、読むのに時間がかかってしまいました(^^;)。
下巻はなんかイデオン風味が出まくった作品になってました。
おまけに映像版とは結末が全く異なるようで・・・。

でも自分はおもしろいと思いました。
映像版で描写するにはなかなか難しい個々人の心の葛藤や、
放送コードにひっかかる性癖等も含めて、キャラクターの特徴と
行き着く結末がしっかりと描かれていて、読み終わって気持ちが
よかったです。特に、映像版では完璧な人間のように思えた
キエル・ハイムやハリー・オードが、物語の終盤、実に人間くささ
を出して行動したことが衝撃的でした。

最後もホロリとさせる結末。映像版に対して、福井さんの希望が
現れたカップリングなのかな?時間がとれればまた読みたいです。

ターンAガンダム 月に繭 地には果実(下) (講談社BOX)

著者:福井 晴敏

ターンAガンダム 月に繭 地には果実(下) (講談社BOX)

|

« HG 00 GN-003 GUNDAM KYRIOS (11) | トップページ | HG 00 MSJ-06Ⅱ-A TIEREN Ground Type (1) »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HG 00 GN-003 GUNDAM KYRIOS (11) | トップページ | HG 00 MSJ-06Ⅱ-A TIEREN Ground Type (1) »