« HG 00 SVMS-01 UNION FLAG (5) | トップページ | HGUC RX-78GP03S GUNDAM GP03S "STAMEN" (5) »

2007年11月 2日 (金)

小説∀ガンダム 月に繭 地には果実(上)

映像としての初見は劇場版の2部作。ストーリーがさっぱり
分からず。その後CSで放映のはじまったTV版を見ようとした矢先
に東京転勤で25話くらいまでしか見れず。肝心の月光蝶システム
の謎やターンXとの関係等、この作品の肝となる部分を全く知らない
まま、TV版放映から7年目を迎えてしまいました。今回、出版社を
替えての小説版再リリースは、MG100を記念して?いずれにしろ、
手に取れる機会が再びめぐってきたのはうれしいことです。

「福井さんの小説は状況描写や解説にページを割きすぎ」なんて
ネット書き込みも見たりしますが、僕の性分には合ってます。
絵が見えてくるんですよね。∀は映像版が存在しているので、
やりにくい面もあったのかもしれませんが、富野監督が描いていた
牧歌的な雰囲気が出ています。キャラクターについても、絶妙な
バランスで富野ワールドの雰囲気を纏った人物達が、ページ狭しと
大活躍しています。下巻の発売が楽しみです。

20071102_turna_gundam_01

|

« HG 00 SVMS-01 UNION FLAG (5) | トップページ | HGUC RX-78GP03S GUNDAM GP03S "STAMEN" (5) »

ガンダム」カテゴリの記事

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HG 00 SVMS-01 UNION FLAG (5) | トップページ | HGUC RX-78GP03S GUNDAM GP03S "STAMEN" (5) »