« MG MS-06J ZAKUⅡVer.2 (5) | トップページ | HGUC RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 (5) »

2007年9月16日 (日)

MG MS-06J ZAKUⅡVer.2 (6)

胴体部分のペーパーがけです。

2007091601_mg_ms06j_stomach腹パーツF20、F21のコの字部分は、胴体
パーツF32のダボにひっかけて可動するんです
が、コの字部分の広がりを抑止するために
ランナータグを接着しました。これで保持力が
維持されると思います。



2007091602_mg_ms06j_body塗装前のパーツくみ上げ/はずしを繰り返すと、
可動部分の保持力が弱まるので、こんなもん
で止めときます。初めてMGを組んでますが、
こういうフレーム部分の技術がHGUCにフィード
バックされてるのがよく分かりますね。

|

« MG MS-06J ZAKUⅡVer.2 (5) | トップページ | HGUC RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 (5) »

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MG MS-06J ZAKUⅡVer.2 (5) | トップページ | HGUC RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 (5) »