« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

HGUC RX-110 GABTHLEY (4)

肩内部ブロックの合わせ目消し後、肩外部ブロックの貼り合わせ。
塗装するなら後ハメしなきゃなんないところでしたが、サクサク
やすって、サクサク接着。

2007083101_rx110_gabthley_arms








胴体は黄色のブロックの合わせ目を消した後で、緑の外枠パーツ
を貼り合わせ。塗装する場合は、マスキング激しくマンドクセ状態
な構成。割り切って部分塗装にしといてよかったです。

2007083102_rx110_gabthley_body

| | コメント (0)

2007年8月30日 (木)

HGUC RX-110 GABTHLEY (3)

昨日書いたABSの二重挟み込みパーツをうp。太ももフレーム部分
になります。左右ともに内部ユニットの合わせ目をペーパーがけ
した後で、外部パーツで挟み込み。今日はこれだけです。

20070830_hguc_rx110_gabthley_thigh

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

HGUC RX-110 GABTHLEY (2)

ABSパーツを中心に貼り合わせ。

腕はラッパ状の袖をフレームパーツに通してから肩の内部ブロック
を接着しなければならない構造だったり、太股部分はABSの
ブロックが二重構造になっている上に更にPSのパーツをかぶせる
ようになっていてかなりの塗装派泣かせなキットです。

動力パイプ部分も奥まったところに配置されているので、部分塗装
もなかなかままならん感じです(-_-;)。

| | コメント (0)

2007年8月28日 (火)

HGUC RX-110 GABTHLEY (1)

投売りを見ると衝動買いするという悪癖が重なり、積みプラが全く
減らない。この状況をなんとかするため、衝動買いアイテムや、
塗装剥げが起こる可能性が高い可変MSは「合わせ目消し+部分
塗装」までにとどめることにした。その第1弾がこれ。投売り衝動
買い+可変MSのコンボです^_^;。

MS誌なんかでは、「とにかくパーツを切り出すことで単純作業を
早く終わらせるようにすべき」との記述が、ガンプラ特集の都度
掲載されていますが、ビビリの自分は、
 ・切り出し順は組み立て説明書通り。でもひたすら切り出す。
ということを今回やってみました。

組み立て説明書通りに切り出したので、作業のスピードアップ
は少しだけかなあ。やっぱり組立説明書を読み込んで、「どの
パーツかは見れば分かる」状態になった上で、パーツ切り出し
のみを集中して行ったほうが早いんでしょうね。

切り出したパーツはユニット毎にチャックつきの袋に仕分けてます。
終わったので、次は接着不要パーツのゲート跡消しと、接着要
パーツは接着します。

#最近のキットなのでABS大杉。合わせ目消しのペーパーがけ
 の大変さで萎えます。

20070828_hguc_rx110_gabthley_parts

| | コメント (0)

2007年8月26日 (日)

HGUC RX-78GP03S GUNDAM GP03S "STAMEN" (3)

合わせ目消し終わりました。2001年のキットなのでABSパーツが
比較的少なく、合わせ目消しは比較的早く済んだほうかな。
ただ、凹部分に合わせ目がきてる下脚部分のすその合わせ目が
消し辛かったです。

BD-1はサフ吹き失敗してモチベが上がらないので、こっちから先
に塗装するかな・・・

2007082601_hguc_rx78gp03s_shapen

| | コメント (0)

2007年8月25日 (土)

MG WD-M01 Turn "A" GUNDAM (1)

本日発売の模型誌は軒並みMG髭特集。その中でもMG誌ではシド・
ミード氏のコメントや禿御大のインタビュー、今となってはほとんど
見ることのできないミード氏の画稿が多数収録されていて「こりゃ
買いやん」と即買いしてしまいました。

フィットネス帰りのモスバーガで流し読みしてるうちにキット自体も
欲しくなり、まんまと帰りにジョーシンで買ってしまいました。

ガンダムとしては決してかっこよくないですが、ライフルと楯を持って
すっくと素立ちさせたときの三角形のシルエットを見て、純粋に
デザインの美しさに惚れてしまった次第です。でもいつ作るんでしょう
ねぇ→自分(^_^;)

MG誌ではミード氏デザインを尊重した「おたふく頭」をスクラッチして
いますが、個人的にはすっとした印象のMG(マスターグレードね)版
のほうが好きかなあ。

2007082501_mg_200710 20070825_mg_wdm01_turna_package

MG 1/100 ターンエーガンダム Toy MG 1/100 ターンエーガンダム

販売元:バンダイ
発売日:2007/08/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2007年8月19日 (日)

サーフェイサー

HGUCブルーディスティニー1号機にサフ吹こうとしたんですが
大失敗。表面に気泡ができまくり。半分も吹かへんうちに
取りやめてペーパーがけする始末。なんのためにサフ吹い
てんのか分らんわ・・・

今回使ったのはMr.Hobbyのホワイトサーフェイサー1000。
前回グフイグに吹いた残りを使ったんだけど、グフイグのとき
は泡立ちがなかった。前回より若干天気が悪いとはいえ、
雨の日ほど湿気が多いわけじゃない。缶スプレー吹く前には
よく振るようにってどこかで読んだ覚えがあるので、よく振って
から吹いたのだが、前回より塗料の量が減っていた状態で
振ったのがよくなかったのか。

原因が分からないままというのは、次回も失敗する可能性が
あるということで非常に気分が悪いですねぇ。このブログを
読んでいただいている識者の皆様、原因を教えて頂けません
でしょうか?m(__)m

#次からサフもエアブラシで吹こっと・・・ってそういう問題?

| | コメント (2)

2007年8月17日 (金)

HG SEED ZGMF-2000 Gouf Ignited (7)

完成しました。デカールはガンダムデカールから適当にチョイス。
スミ入れはタミヤのエナメルのフラットアース。今回はつや消し
クリアをエアブラシで吹きました。やっぱりサボらずにエアブラシを
使うべきですね。缶スプレーは圧力と塗料量をコントロールできへん
からねぇ。

2007081707_hgseed_zgmf2000_front 2007081706_hgseed_zgmf2000_rear

| | コメント (0)

2007年8月16日 (木)

HG SEED ZGMF-2000 Gouf Ignited (6)

塗装終わりました。イザークグフのカラーレシピは以下の通り・・・
 白:ホワイト90%+ニュートラルグレー10%
 ブルー:ミディアムブルー70%+ニュートラルグレー20%
      +ホワイト10%
 黒:ミッドナイトブルー100%
・・・のはずなんだけど、このレシピじゃあ組立説明書の写真の
ような水色系の色がでるとは思えないんですが・・・
調色したら、案の定暗いトーンの色になってしもた。

HJや電ホ別冊のレシピ通りにしとけばよかったが、両誌とも配合
比率が載ってないんですよ。まあ今回の調色結果でも雰囲気は
でてるのでいいんですけどね。

関節はニュートラルグレー、胸の三角部分をはじめとする黄系の
色はオレンジ、サーベルは本来黄色なんだけど、明るすぎるの
ではと思ったので、三角部分と同じオレンジに合せた。
同じ理由でバックパックの羽の白部分も本来はホワイト95%+
ミディアムブルー5%だけど、これも、ここだけトーンの明るい色と
いうのは違和感があるかと思い、本体白にした。

バーニアと腕のビームガンはスーパーシルバー。いい感じになった
んではと思います。

明日はデカール貼り、スミ入れ、クリア吹いて完成させたいと思い
ます。

2007081601_hgseed_zgmf2000_painted

| | コメント (0)

2007年8月14日 (火)

HGUC RX-78GP03S GUNDAM GP03S "STAMEN" (2)

グフイグの塗装ができなかったので、代わりにステイメンのペーパー
がけ。('A‘)マンドクセな武器からペーパーがけしたので、今日は
こんだけしかできませんでした。今後のHGUCでは武器のペーパー
がけが少なくなるようなパーツ分割を考慮して欲しいもんです。

2007081401_hguc_rx78gp03_shapened_1

| | コメント (0)

2007年8月13日 (月)

HG SEED ZGMF-2000 Gouf Ignited (5)

旧ザクが完成したので次は種キット。1年前にペーパーがけが
済んでから放置していたグフイグナイテッドをイザークカラーで
塗装しようと思います。

色替えキット発売のおかげでカラーレシピが発表されてよかった
よかった。模型誌の記事だと配合比率が分からないんですよ。
よく使う色の混色で再現可能なのがまた助かりますわ。

というわけで今日はサフ吹きだけ(^_^;)。写真うpは意味ないので
やめときます。盆休み中に完成させたいなあ。

| | コメント (0)

2007年8月12日 (日)

HGUC MS-05B ZAKUⅠ(9)

完成しました。GFFの三連星機のマネっこして、ガンダムデカールで
デコレート。ナンバリングはガイア機にしました。ガイア機はザクⅠ、
ザクⅡRでは「03」なのに、ドムになると「25」になるんですよねぇ。

水性のトップコート吹きましたが、やっぱり缶スプレーは吹きにくい
です。水滴状になって飛び散ったところは表面が汚くなってしもた。
次回からはちゃんとエアブラシで吹こっと。

工作面でも塗装面でも反省点の多かった作品です。

2007081206_hguc_ms05b_front 2007081205_hguc_ms05b_rear

| | コメント (0)

2007年8月11日 (土)

トランスフォーマー

見てきました。トランスフォーマーといえば、「トランスフォーーーム!」
の掛け声とともに変形していたアニメのイメージがめちゃ強いんだが、
劇場版では寡黙に変形、ものすごい火力の打ち合いをしたかと
思えば、次の瞬間には格闘戦と、激しいバトルの応酬にめちゃ
燃えました。ストーリーの出来関係なく、ロボ好きには素直に
おもしろく思える作品だと思います。

サイバトロン司令官コンボイって、アメリカではオプティマスプライム
なんていう難しい名前だったんですね。他にも日本語吹き替え版
アニメとは異なる名称が結構使われてました。僕と同じおっさん
世代にとっては、やっぱりコンボイはコンボイですよ~。

劇場版とは関係ないけど、リボルテックのコンボイが欲しくなって
きたかも・・・

公式Web http://www.unltd-media.jp/tf/top.html

| | コメント (0)

2007年8月 5日 (日)

HGUC MS-05B ZAKUⅠ(8)

うpしても全く意味のない写真ですが、塗装完了記念に。
(とはいっても、ヒートホークだけは塗りきれてません^_^;)
マスキングが必要な箇所はA3(足の甲)だけなので楽でした。

パープルと黒は、トリプルドム用カラーのパープル(4)と
ブラック(3)を使用しました。三連星用ザクⅠの組立説明書に記載
されているカラーレシピとは厳密に違うんですけどね。

今回は黒がメインの色なので、プラ成形色の隠ぺいのための
サフは吹かんでもいけるやろうとタカをくくっていたんですが、
4倍希釈だと黒でもなかなか色が乗りづらいし、やすりを400番まで
しかかけてない状態で黒吹くと、傷がめちゃくちゃ目立つんですね。
つや消しクリア吹いたら目立たんようになるかな・・・

細かい傷埋め、下地色隠ぺいのためにも、これからはサフ吹くよう
にしよっと。

2007080501_hguc_ms05b_paint_complet

| | コメント (0)

2007年8月 3日 (金)

電撃データコレクション(19) ガンダムSEED外伝

ありきたりの設定資料集としてスルーしようと思っていたが、オルフェ
千葉さんのブログで「今までのASTRAY本で未発表の設定も掲載
した」的なコメントがあったので、だまされたつもりで購入。

X ASTRAYに登場した「ブルーフレーム・スナイパーパック」や、Rに
登場した「ジン・テンペスト」等、予告通りの未発表設定に燃えた!
もったいつけんと「ASTRAY MASTERS」に掲載してくれてれば、
もっと大判で設定画が見れたのになあ。

デス種外伝もいつかデータコレクション化するとのことで、楽しみに
待ってます。千葉さんがんばってください。

20070803_dengeki_datafile_seed_side

| | コメント (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »