« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

HGUC MS-05B ZAKUⅠ(7)

写真はなしですが、塗装開始しました。カラーリングは
「黒い三連星」仕様で行きます。
しかしながらキットはガデム機を購入していたので、ホビサに
うpされている三連星機の組立説明書を拝見しながら、調色
なしで似てる色をひっぱりまわしてきました。

白部分(ふともも、足の甲):ガンダムカラーのホワイト5。もう少し
グレーっぽい色を使ったほうがよかったかなあ。ともかく、隠蔽力
の低さに泣かされっぱなし。吹き終わったかなあと思いきや、
うっすら下地が見えてるように思えるのでまた吹き重ね要かなあ。

グレー部分(関節、武器):Mr.カラーのニュートラルグレー。いい
感じの色がでています。

来週はパープルと黒を塗りたいと思います。

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

SAK 1/24 ATM-09-ST SCOPEDOG (1)

1980年代のリアルロボットブームの中、「太陽の牙ダグラム」や
「装甲騎兵ボトムズ」といったテレ東系の番組は、自分の住んでる
とこでは放送されていなかった。ガンプラブームも沈静化し、自分
も模型から少し遠ざかっている状況のところに襲いかかってきた
のは「超時空要塞マクロス」。実際に見ることができる映像で、
戦闘機からロボットに変形し、雨のようにミサイルを撃ち込み
つつアクロバティックに飛び回る様を見せつけられると、いくら
2007年まで定番であり続けている名作キットであっても、自分の
ような状況のものには訴求力がなくても仕方がないことだと思う。

そんな名作キットそのものは市場には長らく不在であったが、
WAVEの派生キットに同梱されるなど、20年以上にわたって
ボトムズの定番キットとして君臨し続けてきた。模型誌の作例で
繰り返し見るうちに、番組自体の訴求力の範囲外にいる人間
までも引き付けるその魅力を思い知った気がします。

正直20年前のガンプラで、プロポーションを弄らずに今の
感覚で見ても通用する主役級メカ(※1)のキットがどれだけある
だろうか?事実、スコープドッグの模型誌での改造ポイントと
いえば、胸の幅つめと、頭部を設定画のように扁平じゃない
ようにする(といってもWAVEの追加パーツを使うことがほとんど)
程度で、後はオプション関節パーツによるフル可動化や
ディテールアップに注力していることからも、それが証明されて
いると思います。


※1:戦艦やMAは今の目で見てもよく出来ていると思えるもの
    が多いので。

そんな名作キット、SAK 1/24スコープドッグがついに再販され
ました。しかし期待とは裏腹に、行きつけの家電量販店では、
ブルーティッシュドックと合わせて入荷はたったの4個(※2)。
バンダイ製の1/20スコープドッグも、売れ方を見てると決して
好調とは言い難いので、再販されただけでもありがたいかな。

※2:そこはアクティックギアも1つも入荷しないんです。

やはりガンダム以外のリアルロボットも好きで、プラモまで作る
人口は圧倒的に少ないと言わざるを得ないです。R3も大苦戦で
ニューレイズナー以降のラインナップも発表されない状況が
続いています。
そんな状況の中での今回の再販なので、ガンプラのように
本来あり得ないような速度で新製品が出たり再販がかかったり
するプロダクトを普段から目の前にしていて「またいつか再販
されるよ」と麻痺した感覚でスルーしている場合でないという
結論に達し、今回もまた積みを増やすことになってしまいました。

以上、長い言い訳でございました。9月、11月にはカメも出ます
し、更に飢餓感があおられることでしょう(^_^;)

20070728_124_sak_atm09st_scopedog_packag

| | コメント (0)

2007年7月24日 (火)

Advanced/W-ZERO3 [es]

同時期に発表された東芝製WX320Tとずいぶん迷ったが、こちら
のほうが遊びがいがありそうだったので思い切って購入。週末は
ずーっとイジってました(^_^;)。

さすがに動きはモッサリしてるけど、携帯メールの入力が嫌いな
自分にとって、キーボートで入力できることは非常にありがたい。
初代京ぽんで見れなかったFlashサイトもWindows Mobile用の
OperaやIEで見ることができるのもいいですね。

また、無線LANを搭載しているので、家なんかだとPHS機能を
使わずネットができるのもうれしい。ただ、サクサク巡回できる
かなあと思いきや、通信速度以上にマシンパワーがネックに
なっているのか、取説に記載している通りキャッシュクリア
しないといけないのか、理由はよくわからないけどやっぱり
モッサリしてます。

まだマルチメディア系のアプリはほとんど使っていないので、
これから遊んでみまーす。

2007072401_advanced_wzero3_es_close 2007072402_advanced_wzero3_es_open

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

永遠の戦士エレコーゼ (2) 剣のなかの竜

旧版の3巻に相当する物語が、旧版と同様1冊構成で登場。
いや~、すっかりストーリー忘れてました^_^;。てっきりエレコーゼ
として活躍するのかと勘違いしてましたが、そこは「エレコーゼ」
サーガ、<永遠の戦士>の中で唯一転生の記憶を持つ人物が、
エレコーゼのまんまなわけねーわな。

ストーリーの雰囲気は「ギャラソームの戦士」と「タネローンを
求めて」とエルリック新3部作を足して3で割ったような雰囲気。
<永遠の戦士>御用達の<黒い船>、別の人物への転生、そして
キリスト教の聖杯伝説、ここらあたりがそう感じた理由かな。

本作は<永遠の戦士>の中でも比較的新しい時期の話なので、
エルリック新3部作でも語られていた、権力をもつ独裁者に
対する作者の思想が途中全面にでてきていて、少々読みづらく
なるけど、新3部作ほどでもなくサクサク読めました。

<永遠の戦士>がその役割に苦悩しない世界に転生できたと
いうことで、シリーズの中では比較的ハッピーエンド感が出てる
ように思えました。

で、次回作の主人公はなんとフォン・ベック。新3部作のそれ
でもなく、本作にでてきたフォン・ベックでもない別のフォン・ベック。
作者は同名の別人をいろんな作品に出すのが好きやからなあ。
旧版では<永遠の戦士>シリーズに組み込まれていなかった
(それどころか、邦訳は初?)はずなので、<黒き剣>や<天秤>、
<法と混沌>の概念が登場するんだろうか?登場せんかったら
<永遠の戦士>っぽくないけどなあ・・・

20070722_the_dragon_in_the_sword

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

DVD "MG 100 countdown ROAD to 100"

会社帰りにまた調子こいでMGザクJ型Ver.2.0を購入してしもた。
今日からMG購入特典でついてくるDVDがこれ。内容は、先行
キャンペーンで配布されていた冊子版のカタログ部分を映像化
し、池田秀一さんのナレーションと、川口名人+ホビー事業部
岸山さんのオーディオコメンタリーの2バージョンの音声を収録
したもの。池田さんはシャア関係のキット紹介時、往年の
名セリフをしゃべらされてました。

サプライズとして、MG101目の開発画稿の紹介がありました。
なんとデス種から運命がラインナップされるとのこと。バンダイ
さんは過去のキットで、ストフリよりも運命に力を入れてきた
としか思えない出来の差を見せつけてきてますんで、MG運命
も神キットの予感です。

20070719_mg_100_counddown_road_to_100

| | コメント (0)

2007年7月16日 (月)

HGUC RX-78GP03S GUNDAM GP03S "STAMEN" (1)

2001年12月、発売当時速攻で買っておきながら6年弱積んで
おりました・・・。GFFのカトキさんイラストに惚れて組み立て開始。

2007071601_hguc_rx78gp03_leg ひざの丸イチモールドパーツはひざ下パーツ
で挟み込みになっているので後ハメ加工。
丸イチパーツのピンをカット。ひざ下パーツの
ふくらはぎ側のダボをカットし、足首接続用の
フレームの上に0.5mmのプラ板(5×14mm)を
接着することで、ダボをカットした丸イチパーツ
の支えになるようにしました。


2007071602_hguc_rx78gp03_ancle_guard

アンクルガードはくるぶしのパーツの穴に
はまるピン部分を若干短く切ることで、
強引に後ハメできるようにしました。左側が
カットしたパーツです。



2007071603_hguc_rx78gp03_body 胸と腹の後ハメは定番工作。胸側の軸受け
をC型に切り欠いて、腹側はピンを短く切る
ことで後ハメできるようにしました。





2007071604_hguc_rx78gp03_shoulder 肩アーマー。ブロック部分の中央に合わせ
目がきてしまうので、ブロック部分をカットして
接着、合わせ目消しを行い、分割部分は片側
によせてパネルラインとして処理するように
しました。


2007071605_hguc_rx78gp03_skirt スカートはサイドのみエポパテで裏打ち。
テールバインダ接続部分の裏側に肉抜き穴
があるのでエポパテで埋めました。
フロントスカートは独立可動できるように
真ん中でカットしました。


2007071606_hguc_rx78gp03_temporary 四肢を組んでみるとこんな感じです。残念
ながらホールディング・アームと前腕は後ハメ
加工が困難なので、ホールディング・アーム
の塗装後にマスキングしてから前腕で挟み
込み、接着する予定です。('A‘)マンドクセ。

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

ap bank fes '07 (5)

一人ap bank fesです。'05のDVDを見て一人で盛り上がって
ました(^_^;)。

どうやら最終日は公演することになったようです。公式Webに
よると、初日、2日目のゲストの一部がスケジュールを調整
して参加されるとのこと。めっちゃ豪華な最終日になりそうで、
参加される方にはよかったなあと思う反面、我々にとっては
くやしい気持ちで一杯ですわ。

サプライズ企画として、「Bank Bandで'07リベンジライブハウス
ツアー」とかやってくれへんかな・・・

公式Web http://www.apbank-ecoreso.jp/index.html

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

ap bank fes '07 (4)

本日正午過ぎに明日の公演の中止が公式Webでアナウンス
されました。

今日朝から浜松に移動する計画やったんで、アナウンスが
あるまでは出発を控え、フィットネスで運動してました。
中止決定と同時に友達に電話し、敗戦処理をすることに。
宿泊先のキャンセル料(1泊分の80%)とカーナビレンタル費
で1マソ弱ですよ(ToT)。

チケ流で手配したチケットの払い戻しはチケ流が関知しない
ので、個人で売り手とコンタクトをとる必要が発生するかも。
まだ公式でも払い戻し手順のアナウンスがないので
しばらく待ちですな。

ほんま、小林さんの発言に乗るわけじゃないけど、今回の
借りは絶対に来年返したいです。

公式Web http://www.apbank-ecoreso.jp/index.html

| | コメント (0)

2007年7月13日 (金)

ap bank fes '07 (3)

前夜祭であるeco-reso+と初日公演が中止になった。そりゃ、
こんだけ大型の台風が来たらしゃーないよなあ。むしろ決断
が遅いくらい。

今日の夕方、FM802のFriday Cosmic Coasterで現地からの
中継があり、そこでの小林武史氏の話っぷりから推測すると
おそらく15(日)も中止になる可能性が高いように思えた。

どうせなら早い段階で中止発表してくらさい。持ち出しコスト
がたまりません。宿泊キャンセル費、カーナビ費用、おまけに
チケ流経由で買ったチケット。払い戻しにチケ流が介在しない
ので、定価より高く買った分はまず取り返し不可能ということ
になるんですよ~。なーんも楽しんでないのに15000円は
どぶに捨てることになりそう(ToT)。

今回はいろいろ勉強になりました。

公式Web http://www.apbank-ecoreso.jp/index.html

| | コメント (0)

2007年7月12日 (木)

ap bank fes '07 (2)

いよいよ今週末に近づいて参りました・・・が、このままでは台風
直撃です(ToT)。

今日、事務局からのメルマガにて「台風の規模を考えると予断を
許さない状況」というアナウンスも流れてきたりして、このまま
では非常に旗色悪し。

一緒にいく友達には宿泊先とかカーナビレンタルとかいろいろ
手配してもらっているので、中止になると申し訳ないなあ。

奇跡よ起これ!

公式Web http://www.apbank-ecoreso.jp/index.html

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

マスターグレード モデリングガイド ザク編

電ホのニューキットピクトリカルガイドは結構気に入っている。正に
写真版の組み立て説明書になっており、キット付属の組み立て
説明書から読み取りにくい内容も読みやすくなっているからだ。

そんな構成で別冊を出してみようというコンセプトの本がこれ。
SEED編ではガキ向けの表紙・サイズだったが、逆シャア編から
は通常のムックと同サイズに。ザク編は発売日にはスルーして
いたが、シャアザク Ver.2.0を買っているのでそのうち役に立つ
だろうと思い、週末に買いました。

個人的にはエナメル塗料をハンブロールで薄めてウォッシングと
ドライブラシをする簡単フィニッシュの記事が役に立ちそう・・・って
これ、無料でもらったMGアーカイブと同じ記事でした^_^;。
もともとピクトリカルガイドが欲しかったんだから、これでよしと
します。

20070709_master_grade_modeling_guide_zak

| | コメント (0)

今日は(BlogPet)

今日は、わるなどをかっこしなかった?
#920は、実物はもう少しだけ長いほうが雑誌など思ってたけど、実物はなかなかいいもんです
首はもう少しだけ長いほうがいいかも
と、びあんこねろが考えたの。


*このエントリは、ブログペットの「びあんこねろ」が書きました。

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

HGUC RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 (4)

合わせ目消しがほとんど必要のない良キットだったので、今日
1日の作業で、ゲート跡や合わせ目消しが終わってしまいました。
買ってすぐ組んでこんなに短い時間でここまで持ってきたキット
は初めてやわ。

2007070801_hguc_rx79bd1_arm ひじ関節と下腕の後ハメ。D13、D14の下腕
接続部分を写真のようにカットしました。
シールド接続部はそこそこで、関節側のほう
にも厚みが残る位置でカットしたほうがいい
ですよ。


2007070802_hguc_rx79bd1_thigh1 ふんどし部分。稼働域を広くするために、
D20の横バー部分の下部を削り込みました。
写真は左だけ削った後です。




2007070803_hguc_rx79bd1_thigh2 削ったほうの左足。水平よりも高く上がるよう
になりました。





2007070804_hguc_rx79bd1_thigh3 削ってないほうの右足。水平まで上げるのが
限界です。これはなかなかお手軽改造。
特に膝立てがメモリアルアクションである
陸戦型でやると効果的ですね。



2007070805_hguc_rx79bd1_body1 胸と腹の後ハメ。腹パーツC14、C15の
でっぱりが、胸パーツ下側に位置する溝に
はまって固定される仕組みなんだけど、
そのでっぱりを切ってしまうと腹パーツが
胸にのめり込んでしまうので、ストッパー
を設けました。(1mmプラ板 3mm×13mm)

2007070806_hguc_rx79bd1_body2 でっぱりをカットした腹パーツです。






2007070807_hguc_rx79bd1_arm2 下腕の右側はシールド接続しないので、接続
穴を隠すためのふたを1mmプラ板(3×8mm)
で作成しました。




2007070808_hguc_rx79bd1_uncleguard アンクルアーマーの後ハメ。足の甲パーツ
との接続部分のうち、それぞれの足の内側
にあたるB12、B13を図のように分割。後で
アンクルアーマー側にひっかけ用のプラ板
を貼りつけました。


こりゃ今月中に全塗装までいけるんちゃうん?(^田^)

| | コメント (1)

2007年7月 7日 (土)

HGUC RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 (3)

仮組み終わり~。HGUCの最近の製品は買って積むばっか全然
組んでなかったんやけど、肘、膝の二重間接化でバリバリ動く
ようになってて感動。HJの陸戦型の記事を参考にして、もっと
アクションできるようにしたらおもしろいかも。
アクションの邪魔ちゃうん?と思ってたアンクルアーマーは、
動かしてみるとそれほどでもない様子。むしろズボン内側のすそ
が邪魔ですな。

合わせ目消しの箇所やけど、一見消さんとあかん箇所たくさん
あるやんと思わせといて、パネルライン扱いしている部分が大半
みたい。消さんとあかんところは以下の通りかな。
 ・肩内部パーツ(E7-E9、E8-E10)
 ・下腕(B25-B27、B26-B28)
 ・腹(C14-C15)
 ・胸(A21-A22)(パネルライン部と消さなあかん部が混在)
 ・アンクルアーマー(B12-B14、B13-B15)
 ・足首(D8-D9、D10-D11)
  (ABS('A‘)。しかもパネルライン部と消さなあかん部が混在)
 ・ひざ関節(D4-D6、D5-D7)
 ・マシンガン(D35-D39)

後ハメかマスキングしなきゃなんない箇所は以下の通り。
 ・ひじ関節と下腕
 ・腹と胸
 ・アンクルアーマーと足首
ももとひざ関節、ひざ関節とひざ下は、ももの合わせ目がパネル
ライン処理されているのと、ひざ下の絶妙なパーツ構成のおかげ
で後ハメの必要がなさそうで一安心。

かなり良キットですよ。しいて言えば値段かな。二重間接化の
はしりやったヘイズル改が定価1300円(税抜)やったことから
考えると、1500円は少し高いかな。最近の製品は軒並み割高
なんで仕方ないか。

20070707_hguc_rx79bd1_temporary_assembli 20070707_hguc_rx79bd1_temporary_assembli_1

| | コメント (0)

2007年7月 6日 (金)

HGUC RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 (2)

遅くに手をつけ始めたので仮組み終わらず(--;)。
雑誌掲載のテストショット写真ではおたふく顔に
見えて「かっこわる~」思ってたけど、実物は
なかなかいいもんです。首はもう少しだけ長い
ほうがいいかも。

20070706_hguc_rx79bd1_temporary_assembli

| | コメント (1)

2007年7月 5日 (木)

HGUC RX-79BD-1 BLUE DESTINY UNIT 1 (1)

セガサターン用ソフトに登場したゲームオリジナル機体のプラモ化
第2弾。ゲームは全くやったことないし、2号機も買ってないんだが
「ジム頭」というだけで買ってしまいました。量産機じゃないんだ
けどなあ。

BD-2からはじまった、「マスクと一体のヘルメット」はやめて、
分割を工夫して欲しかった。
二重間接肘ユニットも、ヘイズルや旧ザクに比べて肩部分との
接続は改善されているが、下腕部は相変わらずの挟み込み。
脚部もそれ自体のパーツ割りは秀逸なのに、最後の最後、
アンクルサポートアーマの分割位置がど真ん中・・・。しかも段落ち
モールドがあるので合わせ目消しにくそう・・・

さあて、全塗装するか、簡単フィニッシュにするか、それとも
積むか^_^;。モチベ高いうちになんとかせんとなあ・・・

20070705_hguc_rx79bd1_package

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

アイシールド21 (25)

王城戦も序盤から中盤に突入。セナ対進の対決はまだまだ進に
軍配が上がっている状況。しかし後半に向けてセナの覚悟が
更に高みへ。走力+腕力で進に挑もうとするセナの運命は?
そして、まだ終わっていないモン太対桜庭の対決にも決着が
つくか?

20070704_eyeshield21_25

| | コメント (0)

2007年7月 2日 (月)

しかも(BlogPet)

神山とおんなじやん^_^;


しかも、林田やネット番長に顔そっくりなやつがでてきたし
クロマティ終わらせなくてもよかったんでは…
と、#920が考えてるみたい♪


*このエントリは、ブログペットの「びあんこねろ」が書きました。

| | コメント (0)

2007年7月 1日 (日)

HG SEED MVF-M11C MURASAME (10)

墨入れとガンダムデカールを貼って完成。塗装してしまうと、剥げ
が気になってポーズつけたりすんのに神経質になるけど、付属の
スタンドで飛行ポーズなんぞをつけてみました。

まだ何体か塗装待ちのがあるので、この夏中に塗りきりたいです。

2007070101_hgseed_mvfm11c_complete_front 2007070102_hgseed_mvfm11c_complete_rear 2007070103_hgseed_mvfm11c_complete_flyin

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »