« HG SEED UT-1D CIVILIAN ASTRAY DSSD CUSTOM (5) | トップページ | HGUC RMS-106 HIZACK[E.F.F.] (2) »

2007年5月11日 (金)

HGUC RMS-106 HIZACK[E.F.F.] (1)

東京にいた頃、暇つぶしに「星を継ぐ者」を見て衝動買い。仮組み
したまま放置していたのに手をつけることにした。
ティターンズ版が出たのが2000年7月ということで、なんの改良も
されていない色替えバージョンである本作は、今のHGUCに慣れた
目で見ると相当に厳しい出来なんだが、それゆえ悪夢のABS攻撃
もなく素直に組めるほうかな。膝のパワーサプライヤとモノアイ
シールドのマスキングがちと厄介ですが、なんとかなるでしょう。

2007051101_hguc_rms106_stmach 後ハメのために腹パーツの凸部分を切り
とばし。反対側は胸パーツの凹部分に心持ち
ひっかかるように少しだけ残してます。



2007051102_hguc_rms106_chest_1 この頃のHGUCの肩は引き出し式などはなく
軸が1本生えてるだけなので、切りとばして
四角に開孔。



2007051103_hguc_rms106_chest_2 イエサブの関節技ボールジョイント中を両肩
に仕込みました。磐梯さんの純正引出し関節
(ザクのやつね)のほうが可動範囲広いよなあ。
あとは、腹パーツの接着基準ラインになるよう
胸の下部に1mmプラ板のガイドを設けてます。

2007051104_hguc_rms106_monoeye 他のザク系モデルと異なり、モノアイシールド
の後ハメが難しそうだったので、先に塗装/
WAVEのH-EYES3ミニ(ピンク)の2.8mmを接着
しました。塗装は('A‘)マンドクセだったので、
ガンダムマーカブラックでやっつけてます。
この後マスキングテープを貼って、頭部パーツ
に組み込み、接着しました。マスキングテープをすんなりはがせる
ほどのクリアランスがないのでどうなることやら・・・

|

« HG SEED UT-1D CIVILIAN ASTRAY DSSD CUSTOM (5) | トップページ | HGUC RMS-106 HIZACK[E.F.F.] (2) »

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« HG SEED UT-1D CIVILIAN ASTRAY DSSD CUSTOM (5) | トップページ | HGUC RMS-106 HIZACK[E.F.F.] (2) »