« 掲載されて(BlogPet) | トップページ | HG SEED UT-1D CIVILIAN ASTRAY DSSD CUSTOM (4) »

2007年5月 8日 (火)

HG SEED UT-1D CIVILIAN ASTRAY DSSD CUSTOM (3)

本格的に組み立て開始。まずは胴体部分の後ハメ加工から。

2007050801_hgseed_ut1d_body_1 腹部のグレーパーツの底の穴を大型化し、
胸部の赤パーツのボールジョイント部が通過
できるようにしました。このパーツはこの加工
だけで、そのまま接着しています。


2007050802_hgseed_ut1d_body_2 本来ならは、胸部を挟み込む構成になって
いるんですが、マスキングとペーパーがけを
しやすくするために、胸部のダボにはまる
ピン部分は全て切りとばして接着しています。


2007050803_hgseed_ut1d_body_3 胸部パーツのほうも同じく、腹部のダボに
はまるピン部分を切りとばして接着しました。




2007050804_hgseed_ut1d_body_4 これで後ハメ可能となりました。背中の推進
装置のアーム部分も後ハメできるようになる
ので一石二鳥です。



またもやABSの愚痴。胸部パーツがそうなんやけど、鼻がモゲる
ような匂いのABS接着剤を使いたくないので、瞬着で接着した。
その際、合わせ目を消そうと若干「盛り盛り」っと瞬着をつけると、
瞬着とABSの硬度の違いでヤスリにく~い(>_<)。自分にとっては
百害あって一利なしのABS、磐梯さんやめてください。

|

« 掲載されて(BlogPet) | トップページ | HG SEED UT-1D CIVILIAN ASTRAY DSSD CUSTOM (4) »

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掲載されて(BlogPet) | トップページ | HG SEED UT-1D CIVILIAN ASTRAY DSSD CUSTOM (4) »