« 月刊ガンダムエース・2007年06月号 | トップページ | 装甲騎兵ボトムズ コマンドフォークト ~群狼邂逅~ »

2007年5月 1日 (火)

月刊ホビージャパン・2007年06月号

MGザクⅡJ型Ver.2.0:MG No.100に向けてのカウントダウン祭り
の一環なんでしょうなあ。しかしなぜにまずJ型?まずはF型で
今回の武器構成から脚部ミサイルポッドを外しておいて、J型で
マゼラトップ砲、脚部ミサイル、クラッカーをつけてくるってのが
真のガノタではないかと。
膝立てサイド7ハッチオープンのメモリアルアクション対応のため
か、スカート短め、足長めという池面ザクの印象が強いねぇ。
HGUCのようないい味のザコさが欲しかった。S型との統一感を
考えると仕方ないかな。(シャアザクはかっこよくないと!)

HGUCアガーイ:出ました。MGを積んだままなんでスルーしよう
と思ってましたが、これは買うしかない。めちゃめちゃ出来がよさ
そうやし、なにより「組みやすい」というコメントに惹かれた。嘘か
ほんとか、一度チャレンジしてみたいです。

HGUC BD2:個人的にはジム頭の1号機が気になっています。

EXオッゴ:igLooを見たことがないのであんまり興味がなかった
んやけど、スライド金型で成型されたバーニアだけでも拝んで
みたいです。

Hi-ν:全く興味なし。ぶっちゃんのそのときの趣味だけでこんなに
スタイリングが変わるMSってのもどうなんでしょうか。コレジャナイ
ロボの典型です。

ターンA:セイラマスオ氏の「面に対する情報量の追加手法」は
すごいです。凹凸組み合わせ、しかも今回は直線だけでなく
円も使って効果的なディテール配置を行っています。不覚にも
ヒゲがかっこよく見えたじゃないか(笑。

モスピーダ特集:放映当時、終盤しか見てなかったんやけど、
おもしろかった記憶がある。でも記憶がなさすぎて、残念ながら
今回の特集に燃えるものは感じなかったんです(笑。

バンダイ1/20スコタコ:ボトムズは地元では放映していなかった
んで、最低野郎の仲間入りができるほどのこだわりがないん
ですが、今風のタコと比較して、肩が小さく、二の腕に力がない
気がしました。ギミックのほうはさすが、ガンプラで培った技術を
投入しきってますねぇ。肩のヒンジ関節なんか秀逸です。

20070501_hobbyjapan_200706

|

« 月刊ガンダムエース・2007年06月号 | トップページ | 装甲騎兵ボトムズ コマンドフォークト ~群狼邂逅~ »

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月刊ガンダムエース・2007年06月号 | トップページ | 装甲騎兵ボトムズ コマンドフォークト ~群狼邂逅~ »