« HGUC(like) RGM-79Q GM QUEL (1) | トップページ | 週刊少年ジャンプ・2006年第45号 »

2006年10月 9日 (月)

HGUC(like) RGM-79Q GM QUEL (2)

昨日の続き。後ハメ加工化と可動箇所広域化を中心に作業。

2006100901_rgm79q_arm ABS関節ですが,上腕部分の凹部を開孔し,
四角に整形。上の円盤部分も切り飛ばして
2mmピンバイスで開孔。先の四角部分にWAVE
のPC-02の大きさを調整して挿入。下腕も後ハメ
のために輪っか部分を切り飛ばし,下腕の開孔
部分の幅より薄くなるよう削り込み。

2006100902_rgm79q_shoulder1 肩の内部パーツについては,ABS円盤部分が
入る予定だった隙間に5mm四方の0.5mmプラ板
を挿入することで,2mmプラ棒接着のための
土台とした。2mmプラ棒はもちろんABS関節の
上腕側のポリに入ることになる。また写真は加工
前だが,肩アーマーとの後ハメ加工のために
凸部分を低く削り込むことも忘れずに。

2006100903_rgm79q_shoulder2 肩アーマー側は言わずもがなの定番加工。肩
内部パーツの凸部の受けをC型にカットすること
で,内部パーツの凸部分を低く削っていれば
後ハメできるようになる。凸部分を低くしすぎると
外れやすくなるし,高すぎると後ハメできないよう
になるので,接着前に試してみるのがお勧め。

2006100904_rgm79q_body 肩付け根はせっかく引き出し式関節なのに,
隙間がまったくないため引き出せへんやん('A`)
そこで上部分と後ろ部分を大きく切り欠くことで,
八の字にポージングしたり,引き出してライフル
両手持ちができるようにした。後ハメもできるよう
になったので一石二鳥です。

|

« HGUC(like) RGM-79Q GM QUEL (1) | トップページ | 週刊少年ジャンプ・2006年第45号 »

ガンプラ」カテゴリの記事

プラモデル」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/116762/3749659

この記事へのトラックバック一覧です: HGUC(like) RGM-79Q GM QUEL (2):

« HGUC(like) RGM-79Q GM QUEL (1) | トップページ | 週刊少年ジャンプ・2006年第45号 »