« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

2006年7月31日 (月)

週刊少年ジャンプ・2006年第35号

アイシールド21,これで神龍寺戦終わっちゃうんですか!?
いや,まだなんかあるはずや。阿含が反則しとったとかいう
オチで,1つ前のプレイに戻りそうな希ガス。っつーか,そう
してくれ。いや,そうしる!

銀魂もはや手加減しらず。ほぼ青年誌のネタですよ(藁。
下から通常ネタまで緩急織り交ぜがうまいねぇ。来週も
楽しみや。

BLEACHはちょっち切ないね。今後は織姫奪還戦に突入と
いったとこか。なかなか先は長そうです。

あと,以前からの予告通り,漫画やないけど西尾維新さん
作の小説としてDEATH NOTEの新作が刊行されるとのこと。
ノベルズらしからぬ表紙でインパクトがあった「戯言」シリーズ
が気になってたんだが,気づいたときには刊行数がかなりの
ものになってたので手に取る機会を逸してました。読んで
みたいなあ。

20060731_weeklyjump_2006no35

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

HG SEED ZGMF-2000 (2)

今日はもう1つ投稿。デス種グフも作業を進めることができた。
上半身の合わせ目消しが完了。

頭のブレイドアンテナは先細りに削り込んでシャープ化。
手首の円柱部分は根元をハセガワトライツールのケガキ針
でけがいて別パーツに見えるように演出。

上半身で残りやるとしたら,両手の4連装ビームガンのカバー
部分の裏打ちですかね。

2006073003_hgseed_gouf_ 2006073004_hgseed_gouf_ 2006073005_hgseed_gouf_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/1200 量産型ムサイ (2)

1ヶ月以上振りに製作を進めたんでうp。合わせ目消しが終わった。
もなか割りの旧キットは,でこぼこした合わせ目を消すのがめちゃ
しんどい。思わず力が入ってしまい,主砲が鎮座している部分の
エッジがダルくなってしまった。エッジたてのコツを紹介している
ページないかな・・・

あと,艦首近くのでこぼこ筋彫り部分が,合わせ目消しの際にどう
しても埋まってしまう。俺の実力ではあのラインの彫り直しは難しい
ので,ラインを変更して彫り直す予定。

2006073001___ 2006073002___

| | コメント (0) | トラックバック (0)

'06 和歌浦ベイマラソン with ジャズ (1)(BlogPet)

びあんこねろが、東京でないからだ心肺や、
ランニングポーを転勤すればよかった?
というのは,心肺的に10kmには,昨年12月-6月の間の東京転勤中,ジムに行けない期間が多くてすっかり体力が落ちてしまっており,5kmでくると,大会までに違和感がでてくる
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「びあんこねろ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

'06 和歌浦ベイマラソン with ジャズ (1)

第2回から参加している大会で,今年は6年目(自分の参加は5回目)。
今年も10月の第4日曜,22(日)に開催される。

例年は5kmで参加してるんだが,今年は10kmにしようかと考えている。
というのは,昨年12月-6月の間の東京転勤中,ジムに行けない期間
が多くてすっかり体力が落ちてしまっており,5kmのタイムが上がりそう
にないからだ。それならチンタラでもええから10km走ってみようかなあ
と思った次第。

さて実際に10km走れるかどうかを先週から試しているのだが,距離が
かさんでくると,サッカーで痛めた膝とか足付け根とかに違和感がでて
くる。さすがに9.5km/hで走ってる分には,心肺的には全然苦しくない
ので,大会までには「足の痛みを発生させない走り」を何とか身につけ
ることができればと思う。

ランニングポータルサイト"RUNNET" http://www.runnet.jp/top/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

復刻版 機動戦士ガンダムMSV (1) ザク編

22年前に講談社ポケット百科シリーズから刊行されていた
伝説の3冊がこの度めでたく再販。しかし当時中学生で
ガンプラ世代直撃の漏れやけど,この本でてたの全然
知らへんかった・・・。MSVといえばなんといってもバンダイ
から月イチで発売されていた「模型情報」の別冊が伝道師
的役割を果たしてたからなあ。

さておき,自分が持ってるMSVの設定画が載ってる本は
「Zガンダムを10倍楽しむ本」だけで,しかもモノクロなので
3冊ともゲットしますた。

さて1冊目の中身はザクバリエーションテンコ盛り。カラー,
モノクロの設定画だけでなく,エースパイロットのエンブレム,
プラモのボックスアート,果ては妄想的企画(失礼m(__)m)の
「06R-1Aテクニカルマニュアル」まで,よく纏めてくれました!
同種の本でもMS大全集ではやっつけ程度にしか扱われて
いないので,自分にとっての資料価値はめちゃ高いです。
特に旧キット製作にはかなり有用っす。

あ~あ,MSVキット再販せーへんかなあ・・・

20060728_msv1

機動戦士ガンダムMSV 1 ザク編 (1) Book 機動戦士ガンダムMSV 1 ザク編 (1)

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

フォトストーリー版 DESTINY ASTRAY (下)

先月に引き続き下巻が発売。今日読了しました。書き下ろし3編と
巻末漫画を除いては,コミック版,小説版でも描かれた既出エピソード
でした・・・あっと,マディガンのコロニーでのイルド,ディアゴ大暴れの
エピソードははじめて読んだんやった。イルドといい,ディアゴといい,
ASTRAYはまだまだ癖のあるキャラがでてきそうな予感。

しかし,「量産型アストレイ」って,アストレイの量産型はM1やろっ!
ちょっと無理ありすぎるんちゃうん?あと新MS繋がりで,ターンデルタ
ってのが開発系譜図にでてきてたり。これもしかして,スタゲのプラモ
ラインナップで挙がってた「DSSDアストレイ」の正体か?はよ設定画
公開してくれーい。

種の映像作品の展開はしばらくはゆっくりモードなので,ASTRAY
シリーズにはこれからも気をはいて欲しいです。

20060727_destiny_astray

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 下 -絆を求める者- Book 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 下 -絆を求める者-

著者:矢立 肇,富野 由悠季,千葉 智宏
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

鋼の錬金術師(14)

いやあ,またまた伏線張りまくりの14巻。おもしろいので続いて
くれるのはありがたいが,終局に向かっている気配すらないのも
少し残念。

反面,明らかになった伏線もあり。人造人間達の親玉がホーエン
ハイムではなかったこと。リン達とメイの関係。でも親玉の謎の
力場内でもメイや傷の男だけが錬金術を発動できたり,ホークアイ
の背中に謎の刺青があったりで,まだまだ話広がり続けてます。
年3冊しか出ないからねぇ。あと5年は続くかな・・・

でもちゃんと連載こなしてはるのは,以前苦言を書いた某漫画より
100倍すごい。これからも連載落さずに無事完結させて下さい。

20060726_14

鋼の錬金術師(14) 初回限定特装版 Book 鋼の錬金術師(14) 初回限定特装版

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (13)

TV版第1話以前に話が巻き戻ってから結構長いねぇ。
実にもう5巻目です。伝説のブリティッシュ作戦からルウム
戦役の序盤までが描かれとります。

読んでいて「にやり」とさせられたのは,シャアと三連星との
因縁やドレンとの邂逅,ちらちらと出てくる宇宙世紀の
名(迷?)将,戦士達ですな(軍議にコンスコンが出てたり,
ランバ・ラルのところに出征前のコズンが挨拶にきたり,名前
だけやけど,デニムとスレンダーがでてたり。)。ガノタのツボ
を押さえてくれてます。

ヤボなつっこみで申し訳ないが,セクションⅡのラストでの
整備中の三連星ザク,どう見ても06R-1Aなんだが,ダムA8月号
で再登場した際には,ORIGINオリジナルのカスタムタイプに
変わってるんよなあ。直しが入るとしたら愛蔵版だけだろうから
ちと残念。

20060725_the_origin13

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

週刊少年ジャンプ・2006年第34号

アイシールド21はちょっとジミーな展開。ラストにまたもやヒル魔
の奇策が炸裂したが,阿含にはバレバレの予感。どんな結末が
待っているのか,もう一波乱も二波乱も期待しとります。
(しかし最後の見開きのヒル魔のパスの構図,かっこええなあ。)

新連載の「斬」は,読みきりの時の話の焼き直し。さてこれから
が正念場。長期連載になるよう願ってます。

銀魂,定春→ウルフザマスクって,完全に別物になってるやん!
下ネタ過剰なとこもあるけどおもろいから許すっ!(←って何様?)

最近は続きが楽しみな漫画ばかりで買ってるかいあります。

20060724_weeklyjump_2006no34

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

劇場版 NANA

原作知らへんのですけど,超人気コミックらしいっすね。
その映画化で続編も製作されるとのこと。中島美嘉さんの
歌が好きなので,今回WOWOWでの放送を見てみました。

原作も完結してないので,映画でなんらかの結論出すのは
無理なんかもしれんけど,淡々と話が進んで淡々と終わった
って感じですな。女性だと恋愛部分で感動するんでしょうけど,
自分は最後のシーンに人間同士のつながりの素晴らしさ
を見た気がします。友達ってほんまいいもんですね。

ところで中島美嘉さん,女優じゃないのにえらいいい脱ぎっぷり
でした。お風呂入ってるときのすっぴん(本当はそうじゃないん
だろうけど)顔がかわいかったです。

劇場版公式Webサイト http://www.nana-movie.com/

NANA -ナナ- スタンダード・エディション DVD NANA -ナナ- スタンダード・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する


NANA -ナナ- スペシャル・エディション DVD NANA -ナナ- スペシャル・エディション

販売元:東宝
発売日:2006/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BASTARD!!(24)(BlogPet)

きょうびあんこねろは、作画したかったみたい。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「びあんこねろ」が書きました。

| | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

to U

Bank Band初のオリジナル曲がついに発売。去年からNEWS23や
ap bank fesで歌われてはいたが,ちゃんと聞くのは今回はじめて。

Salyuさんのパートと桜井くんのパートで転調してるのが新鮮。通常
なら二人とも歌えるキーに合わせるんやろうけど,そうするとSalyuさん
の歌声が生きてこないからかなあ。この選択はよかったんじゃない
でしょうか。

「愛」という言葉を堂々と歌いきることができる人。また「羨ましい病」
が発病しました。自分なんか照れくさいもんやから,ラブソング書く
ときでも抽象的な表現しかできへん・・・。

「照れずに使えばええやん。」そう思っても簡単に口にしてしまうには
あまりに重過ぎる言葉。とても使えるとこまで人間レベル上がって
ないですから・・・桜井くんも「分からない」とは歌ってますけど,えらい
違いです。せめて人を好きになれるようにならんとな・・・

さておき,カップリングはオフコースの「生まれ来る子供たちのために」。
オフコースは中学の頃から好きなバンドだが,その頃は「Yes-No」
とか「愛を止めないで」とかラブソングばっかりおっかけてて,この曲
のよさに気づいてませんでしたよ。ガキがいるような年(実際はガキ
どころか相方もいてへんけど)になってはじめていい曲やと思うように
なりました。

結論としては,こんな曲達を書けるように人間レベル上げんといかん
ちゅーことやわな・・・

20060722_to_u

to U Music to U

アーティスト:Bank Band,Salyu
販売元:トイズファクトリー
発売日:2006/07/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月20日 (木)

ゲド戦記Ⅳ 帰還

ようやく読み終わりました。「ゲド戦記Ⅳ 帰還」というよりも,
「テナーとテルー」にタイトル変えたほうがええんちゃうかって
感じの内容。しかも表紙裏の物語概要,中身を的確に表現
できてねぇ・・・。

主役は完全にテナー。ゲドの魔法が復活するのかと思いきや,
最後まで普通のおじさんで終わってしまった。本作では
オジオン師匠の死を契機に,様々な事件を絡めながらテナー
とゲドが気持ちを確かめ合うまでのプロセスが描かれており,
Ⅰ-Ⅲとずいぶん雰囲気の違う作品と感じた。

いよいよ本編は残り1冊(まだ外伝が残ってますけど)になったが
ここで今夏公開の劇場版に一言物申したい。
以前Ⅲの感想で懸念していたことがものの見事にあたっていた。

「ゲド戦記」を名乗りながら,なんでベースストーリーのⅢを
変更する必要があるのか。なぜ,原作Ⅰのゲドを合成したアレン
にする必要があるのか。なぜ暴行の爪痕をソフトタッチにした
テルーを出して歌を歌わせる必要があるのか。これでは「ゲド戦記」
の看板を借りた贋作といっても過言ではないか。

今後も原作付きの映像化作品が出るたび何度でも書きますが,
ここまで原作を変更するのなら,オリジナルタイトルとして世に問うて
下さい。なんぼすばらしい作品であったとしても,少なくとも自分は
決して見ることはありません。

20060720_

ゲド戦記 4 帰還 Book ゲド戦記 4 帰還

著者:アーシュラ・K. ル・グウィン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

魁!!クロマティ高校(16),(17)

マガジンお得意のヤンキー漫画だと思い込み,手に取る時期が
かなり遅かったが,理髪店に置かれていたマガジンを読んでみて
不覚にも笑ってしもた。それ以来の本作も17巻が最終巻。

登場人物の不良学生達が観点のズレた内容で悩み,最終
ページでオトす毎度のパタンを繰り返し続け,こりゃ永遠に終わ
らんのちゃうのと思っとったが,最終回は盛り下がることもなく,
かといって盛り上がることもなくあっさり終わった(藁。

最終2~3巻は,すっかりバンチョーちゃんにもっていかれたメカ沢。
最終巻ではなぜか巨大化して大暴れ。思えばまともな表紙が
1巻もないような・・・

もうちょっと続けて欲しかったですけどね。・・・といいつつ,実は
16巻出てるの気がついてなかったんですよ。17巻の巻末見て
気づいて,慌てて買いにいきました^_^;。

20060719_1617

魁!!クロマティ高校 (16) Book 魁!!クロマティ高校 (16)

著者:野中 英次
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

魁!!クロマティ高校 17 (17) Book 魁!!クロマティ高校 17 (17)

著者:野中 英次
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

BASTARD!!(24)

大学2年の春休み頃に1巻が出たので,もう10年以上もかけて
描かれているにも関わらず,今だに張られたままの伏線だらけ
の本作も24巻目。前巻でたの何時やったかな・・・

内容は前の巻からワープしたような印象大。しかもタイトルで
「背徳の掟編 最終節」と銘打ちながら,全然終わってないやん。
いったい作者は何をやりたいのかさっぱり分からん。

ハイクオリティな作画で作品を世に出したいと考えるのは結構
やけど,他の漫画家さんはちゃんと絵も物語も品質を維持して
週刊連載をこなしてます。おまけに連載とばして何やってんのか
と思ったら,エロ同人誌作成では,連載誌の出版社にブチキレ
られても文句言えへんと思います。

文句言いつつも単行本を買ってる自分も自分。無茶苦茶やってても
買わせるようにもっていってる戦略が成功していると言わざるをえない。
まああんだけ大風呂敷広げられてるんやから,結末見たいよなあ。
ええ加減見限る思いきりのよさが欲しいです。

20060718_bastard24

| | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

ap bank fes '06 (2)

ゴージャスにも前乗り/後泊という形で7/16(日)の2日目公演を
見に行ってきた。先週の天気予報では3日とも曇り時々雨の予想
だったのだが,それを覆しての快晴でラッキー!行った面子が
漏れも含めて二人とも雨男だったので,どうなることかと思って
ますたがよかったです。

今年はBank Band,Mr.Childrenそれぞれのセッションの前に
各日とも第3のバンドのLive Actがあり,16はHYの登場。
「AM 11:00」しか知らなかったんだが,「♪だからお願い~」の
大合唱に大盛り上がり。

Bank Bandセッションではサプライズ。スキマスイッチ登場とともに
どしゃぶり。雲の流れが早かったのでにわか雨だと見切り,レイン
コートも着ずに「シーソーゲーム」でまた大盛り上がり。
BENNIE KはこのFesの客層とちょっと違うかなとオモタが,桜井クン
曰く「ひっかきまわして」盛り上げてってくれますた。Salyuさん,
一青窈さんとしっとり聞かせてくれた後は大御所,小田和正さん。
中学の頃にオフコースを始めて聞いてからずっと好きなアーティスト
の一人である小田さんを始めて生で見れたことに感動。しかも
「愛を止めないで」「言葉にできない」が聞けるなんて!全盛期の
小田さんと比較して,「言葉にできない」の最後のフレーズの伸び
がないのが少し残念でしたが,こんなええ曲よくぞ生んでくれますた!
ほんまよかったです。最後のゲストアーティストはASKAさん。
昔聞いたことある曲ばかりやけど,ほとんど忘れとった^_^;。でも
あんだけよー声出るわっていうくらい,すごいヴォーカル力。勉強に
なりますた。

最後にMr.Children。押してたせいもあるのか,時間は去年の半分
くらい。アルバム「I Love U」とシングル「箒星」からのチューンが
中心だったが,サプライズとして,まだレコーディングしていない新曲
が初披露された。「いろどり(漢字なのかひらがななのか分からない
のでひらがなにしときます」と題されたその曲は,桜井クン曰く
「自分が普段なにげなくやってることも,回りまわって世界の何処か
の誰かの笑顔につながっている」というもの。聞いてるうちに泣きそう
になってしもた・・・

今回もあらためて思ったが,ライブ中の桜井クンの楽しげな様子が
羨ましかった。あれほど人の心を揺さぶる曲が1日で書けたという
ことが羨ましかった。
羨んでもどうしようもないし,1日や2日努力してどうなるもんでもない。
でも1mmでもええから追いつきたい。ap bank fesは今年も僕の音魂
((C)つま恋)に十分な燃料を投入してくれました。

20060716_ap_bank_fes_06

| | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

劇場版 ブレイブ・ストーリー(BlogPet)

きょう#920で、勧めは改悪する?
#920の世界はメイクしたいなぁ。
老神にまくりが信仰するはずだったの。
老神まで物語みたいな制約するはずだった。
きのうは北へメイクしなかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「びあんこねろ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

サボりがちです・・・

ブログ初めてからギターの話題ははじめてですな。
プロフィール写真の通り,路上歌唄いなどというものを30過ぎて
からはじめた。つい8ヶ月前までコンビでやってたんだが,
いろいろあってコンビ解消。直後に東京転勤となり,もう1年近く
路上で歌ってない。

東京転勤中は超短納期のシステム開発案件の担当になり,
日々腐りがちだったが,音楽のお陰でどうにかこうにか踏ん張れた。
忙しくて一人でいてると仕事のことしか考えてへん時期があり,
仕事を忘れるためにやってた曲作りが特に印象深い。忙しい
のに,コンスタントにギター触って,あーでもないこーでもないって
考えて,1ヶ月弱で1曲できてた。

関西に帰ってきた今,あの時に比べて時間に余裕があるはず
やのに,やれワールドカップや,やれプラモや,いろいろやること
があるのを言い分けにして,全然ギターを触ってない。東京で
作りかけてた2曲目も中座したまま。そろそろ誰かのライブ見て,
気持ち入れ直さんとなあ。

ほんま,音楽はいい。自分の今があるのも音楽のおかげ。
この先,誰かに自分の歌を聞いてもらって,そう思ってもらえる
ようになれるやろか・・・。なりたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

小説版 DESTINY ASTRAY (2)

これまた昨日読了。旧ASTRAYもそうだったんだが,2巻で
完結すんのはあまりに惜しい。ザ・スニーカーが2ヶ月毎刊行
なのと,SEEDシリーズのリニューアル周期を考えると仕方が
ないのかもしれないけど,全エピソードを小説版で扱うくらいの
勢いが欲しかった。⊿はコミック版だけなんで,小説版もデス種
ASTRAYで終わりかと思うと少々寂しい。

さて内容はというと,ユニウス条約編が描かれていた1巻から,
一気にテスタメント編の総集編にワープ!そのまま「一族」編
とそのエピローグで終了という感じ。コミック版では描かれて
いなかったイルドとの決着も一応はついた感じ。

本編とは関係ない感想だが,各エディションそれぞれに「厚く」
描くエピソード,「薄く」触れるだけのエピソードと切り分けてる
ところは,いろんなメディアで展開する作品を「売る(下世話な
こと書いて千葉さんすんません。)」お手本になるんではと。
通常は全エピソード平等に描いて,ちょっとづつマイナーチェンジ
するってのがこれまでの常道やからなあ。

いつかまた小説版が復活することに期待しつつ・・・

20060712_destiny_astray_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

フォトストーリー版 DESTINY ASTRAY (上)

遅ればせながら昨日読了。前作ASTRAYでもそうだったが,
フォトストーリー版では,コミック版,小説版も含めて,時系列
が整理されているので,ハンドブック的に使えたりします。

さて内容は,コミック版でも描かれていた南米独立戦争編と
南米・・・編後~インパルス編直前までの単発エピソードを
まとめたユニウス条約編の2編が収録されている。

南米独立戦争編は,登場人物がSEED MSVの面子ばかり
なので,個人的にはデス種外伝というよりも,種外伝に思える。
それと,コミック版4話とREAL SHOT6はストーリーの雰囲気
がかぶっていて,年表を確認するまでは「コミック版と似てる
ようで違う・・・話改変したか?」と思い込んでますた。

ユニウス条約編はカイトのカスタムMSをはじめ,フォトストーリー
初出のMSVが多数出てくるところが気にいっている。カイトの
シンボルマーク「白ベースに赤い外枠の十字架」がイカすんだが
漏れのようなヌルモデラーではマスキングむりぽ・・・

ということで,月末にはインパルス編~「一族」編が収録された
下巻が発売予定。楽しみでっす。

20060711_destiny_astray

Book 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 上 -真実を求める者-

著者:千葉 智宏,富野 由悠季,矢立 肇
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (0)

週刊少年ジャンプ・2006年第32号

今日はもう1本。
今週の燃え展開はワンピースとアイシールド21。エニエスロビー編
が結構長かったのだが,ようやく終盤。ジャンプ的展開では"ギア2"
の反動が来てルフィーピンチ!,追い込まれて再逆転ってな展開が
想像できるが,まあ邪推はこれくらいにして,来週も楽しみにしよっと。

アイシールドはいよいよ泥門ピンチっ!しかしひそかに微笑むヒル魔。
さあ,いよいよトリックスター最後の魔法が炸裂するっ!セナ,もう
ひとっ走り頼みます。

20060711_weeklyjump_2006no32

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006 FIFA WORLD CUP GERMANY (4)

会社で先に結果を聞くのが嫌やったんで,生放送で鑑賞。
イタリアが4度目の優勝を飾ったんだが,手放しで喜べない。
なんといってもジダンの頭突き事件が残念でならないのと
それを引き起こした原因と思われるマテラッツィへの腹立たしさ
からだ。

マテラッツィが何を言ったのかはジダンにしか分からないので
真相を知らないうちから犯人扱いするのも問題かもしれへんが,
これまで香具師が繰り返してきた悪質なファールや暴言を思い
出すと,まあ九分九厘香具師が原因やろう。ほんまにムカツク。
残り10分ジダンが出場したままで押さえきってこそ,本当の
優勝と言えるんじゃないやろか。完全にケチつきました。
ネスタが出てりゃこんなことになってなかったやろうに・・・。

開始早々のファール,そして超高度ヘディングからの得点。
そして頭突き。ある意味香具師がMVPでした。もうええよ。
ジズーの代わりに引退してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

箒星

「四次元」から約1年振りのシングル。タイトルチューンは某世界的
自動車メーカのCFで使われているおなじみの曲です。

日々の生活での辛いこと,苦しいことに埋もれそうになりがちだが,
夢や希望は自分の心の中に常に存在しています。探し疲れたとき
には休めばいい。再び探したくなったときは一緒にいくから。桜井
くんがそう語りかけてくれるポップな曲。

「四次元」と比べて全体的にこじんまりまとまった感じですが,いい
曲であることは間違いない。カップリングの2曲は「深海」以前の
ミスチルを彷彿させます。

Ap Bank Fes '06で聞けることを楽しみにしていこう。

箒星 (初回限定盤)(DVD付) Music 箒星 (初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:Mr.Children
販売元:トイズファクトリー
発売日:2006/07/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

劇場版 ブレイブ・ストーリー

見てきました。かなり残念な出来。原作のテーマを改悪するような
酷さはないのだが,ターゲット,上映時間の制約か,綿密に構成
された小説世界をデグレして映画に移植した感が否めない。
・女神信仰と老神信仰
・デラ・ルベシ特別自治州
・北の帝国と南の連合国家 ・・・etc
全く割愛されてました。

おまけにエピソードもデグレしまくり。特に,終盤の自己との戦いの
きっかけとなったティアズヘブンのエピソードが,実に安っぽく
改悪されてしまっている。子供から見れば,小説版でも劇場版でも
父親の身勝手さには差がないのかもしれんが,小説版には多少
なりとも致し方ない理由があった。劇場版の父親は完全にDQNやん。

とどめは,ミツルヘタレ化。小説版ではワタルに友情の欠片すら
与えることなく,突き抜けるほどの冷酷さを見せつけていたのに,
劇場版ではツンデレ状態。ワタルもワタルで,転校してきたばかり
の人間にあれだけ友情感じるってのも無理やりすぎ。最後は完全
にワタルとミツルの友情物語になっておりました。

小説版読んだ人には正直お勧めできない。いっそ2.5時間~3時間
×3部作にリメイクしてくれへんかな・・・

劇場版公式サイト http://www.bravestory.net/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

週刊少年ジャンプ・2006年第31号(BlogPet)

きょうはイマイチは予想しなかったー。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「びあんこねろ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブレイブ・ストーリー(下)

ついに完結。主に中巻で張っていた伏線が次々と繋がっていく。
ちょっと以外だったのは,上巻の大松さん一家は家族ぐるみで
もうちょっと重大な事象にかかわりがあると思っていたのだが,
香織のエピソードだけで終わってしまったのが少し肩透かし。

一度は諦めた,幻界で主人公が追い求めようとしていた願いが
形を変えて成就する。元々の願いが叶っても,それは一時の
逃避でしかなく,生きていく限り果てしなく訪れる苦しみや悲しみ
から逃れるために,毎度時間を巻き戻すことは不可能であること
を悟った主人公。自分が本当に変えたかったのは自分自身。
その写し鏡である幻界を救うことこそが,本当に自分を救うこと
だと気づいての決断。

願いを叶え,幻界を後にし,自分が離れている間の現世の様子を
伺うあたりは,少しウルっときてしまった。

小難しい海外製ファンタジーや,RPGブームに乗ったラノベを
有り難がって読んでいた自分には,これだけのページを使って
綿密に紡がれた和製ファンタジーに出会ったことがなく,この本
に巡り会う機会をくれた映画館での特報にはただただ感謝
である。

いよいよ明日から公開。絶対に見に行きます。

20060630_bravestory_3

ブレイブ・ストーリー (下) Book ブレイブ・ストーリー (下)

著者:宮部 みゆき
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

2006 FIFA WORLD CUP GERMANY (3)

ついに決勝のピッチに並び立つ両雄が決まった。どちらも以前の
ブログで「本調子にならないのになぜか勝ち続けている」と書いた
チームだ。但し今もその印象は僕の中に根強く残っている。

フランスが破ってきたチームは,明らかにフランスよりも若くて
攻撃力に満ちたチームばかりだった。特にスペイン戦では一方的
に攻め込まれる場面が非常に多く,試合には勝ったが内容的
には負け試合に等しいと感じた。

フランスに比べてイタリアは,チームの調子は確かに上がってきて
いるのがよく分かる。カンナバロ,ガットゥーゾをはじめとする堅い
守備でボールを奪って,両翼からの電光石火の攻め上がり。
フランスが下してきたチームと同じような攻撃力を感じさせる。
しかし,フィニッシュがなかなか決まらない。2点とったとはいえ,
トニの決定力は一向に上がってこないし,完全に切り崩して
いながら,点がとれない場面を数多く見せられ続けている。

それゆえこの2チームが決勝まで勝ち上がってきたのが未だに
信じられないのだが,勝利の要因は,両チームのセンター
を支えるメンバが,セリエAで屈指のディフェンス力を誇っている
選手ばかりだからだと思う。確かに得点力も大事なのだが,
なんぼ点が取れても,それを守りきる力がなければ負けるのだ。
日本の体たらくを思い出すと,よりいっそうそう思える。

となれば,ディフェンス力を駆使して相手のキープレイヤーを
押さえることができるかが鍵になる。ガットゥーゾ,カンナバーロ,
ネスタ(出てくれ!)がキレキレのジダンを封じ込めることが
できるか。はたまたピルロによる浅い位置からのワイドな展開
をビエラ,マケレレ,テュラムが迎え撃てるか。月曜早朝に試合
があるのが恨めしい決勝である。

P.S. リッピさん,お願いなのでインザーギを出して下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

ブレイブ・ストーリー(中)

上巻から舞台が移り,ようやくファンタジーらしくなってきた中巻。
驚いたのは,その展開の速さ。ファンタジー(というかコンピュータ
ゲームのRPGかな)の定番は,主人公のペースで街に到着→事件に
巻き込まれる→次の街へのヒントを得つつ解決→次の街へ・・・
といった形だが,本作では主人公は否応なしに事件に巻き込まれ,
顛末として半ば無理やり次の街に移動させられるという,正に嵐
のような展開。その中で様々に張られているはずの伏線が,
下巻にてどのようにその姿をあらわすか,今から楽しみだ。

加えて,とっつきやすい内容の中,「人」を描くことは忘れていない。
主人公が旅する幻界は,彼の心の中を移す鏡のようであり,
しかもその姿を生き物のように変えていく。しかしその世界と
真直ぐに向き合い,心身ともに成長していく主人公は頼もしく,
思わず応援したくなる。

早いこと下巻も読みきって,今週末公開の映画にて,宮部みゆきさん
が描きたかったテーマをどのように表現しているかを確認したい。

20060630_bravestory_2

ブレイブ・ストーリー (中) Book ブレイブ・ストーリー (中)

著者:宮部 みゆき
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

ADDRESS

発売日当日に買ってからずっと聞いていたのだが,ようやく
ブログでコメント。3年ぶりのオリジナルとのことで,ヒッキー
のULTRA BLUEと同じく,耳慣れた曲が多い。良くも悪くも
山崎風味に仕上がったアルバムと感じた。

「良くも悪くも」と書いたのは,進行,曲調,歌詞など,一発で
「山崎」と分かる作りであり,安心して聞けるのだが,反面
強烈に印象に残る曲がないように感じたから。
タイアップゆえに前から知っている曲が多く収録されている
ことも,今回の感じ方に拍車をかけているのかもしれない。

といいつつも,One more time,One more chanceから入った
ミーハーな漏れとしては,この路線の曲も期待しつつ,
Fat Mamaを初めて聞いたときのような衝撃も感じたい。
しいて言えば,メヌエットは少しだけそんな気持ちを満足させて
くれる曲でした。

20060701_address

ADDRESS(初回限定盤)(DVD付) Music ADDRESS(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:山崎まさよし
販売元:ユニバーサルJ
発売日:2006/06/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HGUC MS-05B (2)

今日(もう昨日か)はもう一つ投稿。書かずにはいられない。

直リンやめときますけど
ttp://www6.ocn.ne.jp/~midori-b/newpic/nes-g0423.htm
によりますと,黒い三連星ザクⅠが8月発売だそうです。
マーキングシール付くそうですよ・・・そうですか,ああそうですか。

今までHGUCでMSVはガルマザクだけだったんで,キラー
アイテムとしてしばらく寝かすと思ってたのに・・・

・・・色塗りゃ一緒っ!がんばって作るぞっ。(泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

週刊少年ジャンプ・2006年第31号

先週の予想通り,アイシールド21はセナと阿含
の一騎打ちに突入っ。一見勝負がついたような
終わり方をしたが,まだやと予想。きっと何週か
先に新技で阿含をブチ抜くセナを見れるはず。

最近,銀魂を読み始めた。人物相関がイマイチ
分かってないんだが,なかなかおもろいやん。
しかしなんでゴリラと式あげてんだよっ(ワラ

BLEACH,ナルトはひとやすみって感じ・・・
D.Gray-Manはアニメ化はやすぎ。連載ストップ
してたから,話のストックほとんどないのに
大丈夫かよ・・・

20060703_weeklyjump_2006no31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 2日 (日)

デスノート 前編

公開後かなり日が経ったが,ようやく本日鑑賞。
原作物にありがちなパタンだが,ストーリーの
細かいところは原作と微妙に違ったが,そこそこ
楽しめました。

ちょっとネタバレ入りますけど,前後編に分ける
都合,前編最後の盛り上げのためとはいえ,
南空ナオミの最後の扱いがあまりにかわいそう。
元FBI捜査官もなんもあったもんじゃねぇなあ。

キャスティングでちょっと違うなあと思ったのは
夜神総一郎役の鹿賀丈史さん。でも他に合う
人って思いうかばへんのやけどね。弥海砂役
の戸田恵梨香さんはハマってたんじゃないで
しょうか。

最後に・・・香椎由宇さん綺麗すぎです。

映画公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

ap bank fes '06 (1)

一昨日チケットが届いた。今年はどうも一次先行が
あったようなのだが,全く知らず。二次先行に気づいて
申し込み,チケット当選したのはよかったが,(まだ
ブロック割が発表されていないので,なんとも言えない
がおそらく)かなり後ろのブロック(泣。
(去年は一番前の真ん中やったのに・・・)

今年はLive Actがミスチルの他にもあるということで
開演が14:00と2時間早い。関西から当日乗り込む
にはなかなか厳しい時刻だ。前泊で行くか・・・
とりあえず後泊先を探しているが,ネット検索では
浜松駅周辺はどこも満室。あと2週間しかないのに,
完全に出遅れてしもた。急いで準備しよっと。

ap bank fes'06 公式サイト
http://www.apbank-ecoreso.jp

20060702_apbankfes06

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

ブレイブ・ストーリー(上)

昨年,映画館で特報が流れ始めたときに気になっていた
作品。ミステリーコーナーで必ず著書が目に入る宮部
みゆきさんの作品と聞いて,「この人,ファンタジーも
書くんだ。そういや,山田章博さんが表紙の著書があった
なあ。」なんて感じで書店を探してみたんだが,いっこうに
見当たらず。ネットで検索すると未文庫化作品ということ
で,「映画化直前には文庫になるやろ」と待っていたが,
先月ようやく発売。ゲド戦記Ⅲに続き,たたみかけるよう
に上巻を読み終えた。

ファンタジーといえば,架空世界の物語なのだが,スタート
が現代のごくありふれた普通の家庭からということで,
通常のファンタジーよりも登場人物がいきいきしている
ように感じた。読み進めるにつれ,重たいストーリーになって
いくのだが,今んとこはファンタジー部分よりも,重たい
原因になっている事件のことが個人的には非常に印象深い。

10年以上一緒にいて,なんでダメになってしまうんやろ
なあ。やはり物語の中で語られていた「間違い」だった
からなのか。最近,周りで離婚したという話が頻繁に聞か
れるようになり,よけいに考えさせられる。

いやいや,この作品,それがメインテーマじゃないはず
ですから。変なとこを掘り下げてしまって,なんか着眼点が
普通じゃねぇなあと思った今日この頃。
うん,ストーリーはちゃんとおもしろいですよ。

20060630_bravestory_1

ブレイブ・ストーリー (上) Book ブレイブ・ストーリー (上)

著者:宮部 みゆき
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »