トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

musicream(BlogPet)

前面にでているサウンドも気に入り,即買いに走りましたよ
基本的に料理していた
びあんこねろは、大阪でお勧めとか、音源とかアーティスト:FriedPride販売元:
ビクターエンタテインメント発売日:
2
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「びあんこねろ」が書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006 FIFA WORLD CUP GERMANY (2)

ベスト8が出揃い,いよいよ佳境のW杯。前回大会と異なり
レギュラーシーズンが早く終ったので,選手は疲れをある
程度とることができ,それゆえ順当勝ちが多い状況になって
いる。毎大会騒がれるような「〇〇旋風」という見出しが
踊らないのが少々寂しい。

そんな中,現時点で残念な点が3点ほどあるので,物申して
みる。
1. チェコの早期敗退
 ユーロ2004の成績や最近の戦績から言って,優勝しても
おかしくないチーム。ネドヴェドも復活,アメリカ戦での鮮やか
な速攻とロシツキのミドル炸裂で,「こりゃいくぞっ!」と
思っていた矢先,対ガーナ悪夢の敗戦・・・。おまけに
イタリアにはユーロ'96の仇討ちをされる始末でガッカリ。
にわかさん達に「チェコここにあり!」を見せて欲しかった。

2. フランス
 本調子には程遠いにも関わらず,なぜか勝ち進んでいる
このチーム。アンリ1トップへの繋ぎをジダンのゲームメイク
にかけたドメネク。しかしながら,アンリのゴールシーンと
いえば,中盤付近からのロングパスを左に流れながら
ドリブルし,ゴール右隅に流し込むという絵が最も鮮烈に
脳裏に刻まれている僕にとって,アンリ=ターゲットマン
という戦術には,イマイチピンとこない。ゴールという結果
が伴っていないのも当然だと思う。
ここでドメネクに一言。「トレゼゲを出せ!」。ユーベでの
優秀なターゲットマンぶりは周知の通り。さあ出せ!

3. イタリア
 グループリーグ第2節以降,フランスと同じく,パリっと
した勝ち方ができていないこのチーム。セリエAで絶好調
だったトニがブレーキになっており,日替わりヒーローに
救われている状況が続いている。でもリッピさん,同じ
リーグで終盤に活躍したあの選手を忘れていませんか?
そうです。ピッポです。この人も確かに好不調の波が激しい
が今は好調のはずっ。逆に今しか使いどこないぞっ(ワラ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

月刊ホビージャパン・2006年8月号

ファーストをリアルタイムで見ていた世代なので,この雑誌
の別冊"HOW TO BUILD GUNDAM"はまさにバイブルだった。
(ボロボロながら,今でも2冊とも持ってます。)
ストリームベースの作例を見て「すげ~」と感心しきり。真似
しようとしても技術はないし,作例記事に書いてある道具
なんか売ってる店がこんな田舎にはないし,なによりガキ
には金がない。それでもあの頃は今と違ってなんだかんだで
買ったらちゃんと作ってた。

2000年付近で出戻りした頃から再びHJを買うようになったが,
ストレート組みでもそこそこかっこよくなるキットが連発される
ようになるにつれ,作例は教科書的なものにまとまっている
感じがする。そんな中で今月号のEXマゼラアタック特集。
ジオラマやオラ作例が,ガキの頃のわくわくした気持ちを
蘇らせる。中座しているザククロニクル等,ファースト世代の
ハートわしづかみの特集をこれからもおながいします。

20060625_hobbyjapan_200608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

月刊ガンダムエース・2006年8月号

前々回東京に転勤していたときに,休みのあまりの
暇さ加減にふと手にとったのがこの雑誌。それまでは
THE ORIGINだけ立ち読みしていたのだが,買ってみる
とASTRAYとかガンダムさんとかトニたけとか,なかなか
おもしろいやん!・・・と今日まで買い続けている。
気がつけばTHE ORIGINは開戦前に戻ったり,ASTRAY
は4作目に突入したり,ガンダムさんは増ページだったり
トニたけはガンプラ漫画になったりで,なかなかの変わり
ようだが,このラインは相変わらずおもしろいです。
クロボン復活もいい感じなんだが,犬ガン,妹ガン・・・
そのうち「ガンダムギャク漫画誌」になるんやないかと
思うような勢い・・・執念のイメージくんテラワロス。

20060625_gundama_200608

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

週刊少年ジャンプ・2006年第30号

佳境が続くアイシールド21。ジャンプらしい主人公対
宿敵の一騎打ちにもつれ込むと思いきや,忘れた頃
に炸裂するトリックスター・ヒル魔の奇策!でもこの
展開だと,次週こそセナ対阿含のガチンコか!?
BLEACHもええとこで終わりやがってこんちくしょー!
毎週月曜がまた楽しみになりはじめますた。

20060626_weeklyjump_2006no30

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

コミック版 DESTINY ASTRAY (4)

デス種ASTRAYもついに完結。個人的には「一族」編に
なってから展開が早くなり,STARGAZERに追い立て
られるようにして終わった感が否めない。
特にイルド()やセトナに決着がついていないままなので
よけいにそう感じるのかも。
まだ未読な小説版やジオラマ版ではケリがついている
 のかなあ・・・

そんなことを書きつつも,やはり本編よりもおもしろいのが
ASTRAYシリーズ。相変わらず最後の盛り上げがうまいです。

種関係は今後,本編劇場版までの間はSTARGAZER
と⊿ASTRAYで食いつなぐのだとは思うが,せめて⊿では
デス種ASTRAYでやりきれなかった,デス種時代の最後
までを描いて欲しいです。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (4) Book 機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY (4)

著者:ときた 洸一,千葉 智宏(スタジオオルフェ),矢立 肇,富野 由悠季
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

BOLERO

飲み会から帰還して,よっぱらった頭で書いているので,
めちゃめちゃになるかもしれんが,我慢して読んでくらさい。
(・・・って誰も読んでねぇよ。)

先日"深海"について一言物申してみたが,今回はその対
とも言うべきMr.Childrenの"BOLERO"について書いてみる。
"深海"から1年と待たずにリリースされたその内容は,
"深海"の世界観に合わない先行シングルとアルバム用に
書き下ろされた新曲のごった煮ではあったが,シングル各曲
の知名度から言って,当時のミスチルベスト盤的なものに
なっていた。

ただオリジナル曲は"深海"から更に「これでもか」というほど
世の中を嘆きに嘆いている曲ばかりであり,当時の僕の
精神状態によほどハマったのか,リリース後1年以上に渡り
カーオーディオで"深海"とともにヘビーローテーションしていた
ことを覚えている。

"タイムマシーンに乗って","傘の下の君に告ぐ","ALIVE"
の嘆きっぷりから,"幸せのカテゴリー"での割り切りと
"Brandnew my lover","BOLERO"の退廃的 な愛,でも
やはり"Everything(It's you)"。
よくもここまで考えに考え抜いたと思う詞達に絶句。"深海"
と合わせて聞いてみて下さい。

BOLERO Music BOLERO

アーティスト:Mr.Children
販売元:トイズファクトリー
発売日:1997/03/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

musicream

昨日AmazonからFried Prideのニューアルバム
"musicream"が到着していた。
僕がFried Prideを知ったきっかけはラジオ。
大阪のFM802"HIRO T'S Morning Jam"で,
近日リリース予定の音源から毎日1曲づつ紹介
していくというコーナーで,前作アルバム
"two,too"を耳にしたのが最初だった。
てっきり外国人が歌っているのかと思っていた
のだが,その迫力あるボーカルが日本人と
聞いてビックリ。
また,アコギが前面にでているサウンドも気に
入り,即買いに走りましたよ。
基本的に洋楽スタンダードを自分達流に料理
しているところがかっこいいのだが,今回は初の
日本語詞の曲に挑戦とのこと。
日本語詞でもやっぱかっこええ。でもやはり真骨頂
は洋楽カバー。「君の瞳に恋してる」と「La La Means
I Love You」がお勧めです。

Music ミュージックリーム

アーティスト:Fried Pride
販売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

深海

ブログを始めて1週間強。やはり平日は趣味にさける
時間はそれほど多くなく,新しいモノも毎日買うわけに
いかないので,興味のあることを棚卸して書いてみる
ことにした。

その第1回目として,僕が最も好きなバンドである
Mr.Childrenのアルバム"深海"に触れてみる。
一言でいうと「衝撃」。いい意味でも悪い意味でも
間違いなく僕の人生を変えました。
ささくれ立った心に自問自答し傷つける一方で,
人の世を嘆き,吼える。だが一昔前のボヤキ歌唄い
と明らかに違う模様に紡がれた言葉達。その中に
微かに見え隠れする愛する人への思い。
当時やさぐれていた僕の心に染みました。

「暗い」「女性ファンがひいた」等賛否両論あります
が,間違いなくMr.Children至上最強のアルバムと
思います。

深海 Music 深海

アーティスト:Mr.Children
販売元:トイズファクトリー
発売日:1996/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

ゲド戦記Ⅲ さいはての島へ

ゲド戦記といえば,ル=グウィンの名作。10年以上前に
「同時代ライブラリー」という少し難しめの文庫シリーズ
ラインナップに「影との戦い」が名を連ねた時は「よっしゃ!
これで装飾ばっかりで高価なだけのハードカバー版
なんか買わずにゲド戦記が読める!」と喜んだのだが,
結局同シリーズで発売されたのはⅠだけ。時は流れて
2006年3月,ジブリによる映画化のお陰で,入手しやすい
ソフトカバー版が発売される運びとなった。
3月,4月と立て続けに3冊づつ発売されたが,その頃は
仕事に忙殺されてたにも関わらず買いましたよ。
現在はⅢを読んでいるが,奇しくもジブリの映画化はこの
巻が対象。ジブリ作品は「未来少年コナン」が最強かつ
最後の作品である僕にとっては,映画を見に行くつもりは
毛頭ないが,少し気になり公式サイトを見に行ってみた。
・・・なんか微妙に話が変更されてるんとちゃうの?
新人歌手をデビューさせるための登場人物追加とか,
女子の観客を増やすためのキャスティングとかで,作品
自体の魅力を半減させないよう心から願います。
写真右:同時代ライブラリー版Ⅰ,左:ソフトカバー版Ⅲ
20060620_

ゲド戦記 3 さいはての島へ Book ゲド戦記 3 さいはての島へ

著者:アーシュラ・K. ル・グウィン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊少年ジャンプ・2006年第29号

アイシールド21激燃え!
モン太対一休の対決も互角の様相を呈するようになり,
セナ対阿含の本格対決が再開した。
阿含にデビルバットゴーストを見せつけられたセナが
いよいよ新技を見せるかっ!
こんだけ盛り上げといて,通常のジャンプ漫画の裏をつく
「主人公チーム負けで来シーズンに続くっ!」とかは
なしでお願いしますm(__)m。
その他の今週のお勧め:BLEACH,ナルト,D.Gray-Man
20060619_weeklyjump_2006no29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

2006 FIFA WORLD CUP GERMANY (1)

今週は会社の長期休暇制度を使って休んでいたので,
開幕以来全試合見ることができている。
あらためて書くことでもないが,他のナショナルチームの
試合を見た後で日本代表の試合を見ると,あまりのレベル
の違いにがっかりする。
一番がっかりするのは,パスミス,トラップミス,連携ミスと,
やたらにミスが多いことだ。
サッカー後進国の日本がこのような大舞台に出てこれる
ようになったこと自体すばらしいことなんだが,このような
大舞台だからこそ,それにふさわしいプレイを見せて欲しい
と心より願う
・・・と書いてるしりからセンタリングミス連発かよ OTL

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1/1200 量産型ムサイ (1)

去年夏の再販時に確保したのを仮組みしてみた。
Dsc00068

旧キットということで覚悟はしていたのだが,この合わせ目の隙間の
空きっぷりはなんじゃあ~。
Dsc00064_1

おまけにパーツのすり合わせも全然NG。パーツはまらへんやん・・・
Dsc00070_1

いろんなとこ削り込んでようやく形になった画像をうp。
Dsc00077

1週間程度乾燥させてヤスリがけしまっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

HG SEED ZGMF-2000 (1)

今日はネタがないので,作りかけのグフイグの
途中経過をうp。
(おいおい,旧ザクはどうしたよ→自分^_^;)
作りはHJ 2005年7月号のサルマネ。
<頭>
ヘルメット下部と顔部分をエッチングソーで分割。
ヘルメットを目深に被ったように見えるよう
上下接続部分のピンその他を削り込み。
モノアイスリットが長めに見えたので,0.5mm
プラ板で両端を塞いでます。
2006061601_hgseed_gouf_head

2006061602_hgseed_gouf_head_1

<太股>
素立ちだと短足に感じたので,3mm延長。
手先が器用でないので,いつもきれいに分割
できず,部品と延長用プラ板の間にできた隙間
をエポパテで埋めてます。整形はこれから。
2006061603_hgseed_gouf_thigh

こんな感じで途中経過をうpすることで,ちょっと
でもモチベーションがうpするといいなあ。
(他にも作りかけたまま放置プレイのアイテム
いっぱいなんですけど・・・)

HGグフイグがまたもやアフィリエイト対象外のため,代わりに
参考書にリンク^_^;

Book 機動戦士ガンダムSEED DESTINYモデルVOL.1

販売元:ホビージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

ULTRA BLUE

昨日Amazonから到着してたんだが,聞けていなかったので
今日感想でも書いてみる。
タイアップ曲が多いので,「どっかで聞いたことあるなあ」と
感じる曲ばかり。入りやすくていいですねぇ。
個人的には,全米デビュー前のシングル"COLORS"
いい。歌詞が心に入ってくるのはもちろん,タイトル通り
歌詞の中での"色"のちりばめ方が秀逸。こんな歌書きたいわ。
一方,全米デビュー後の"Be My Last""Passion"の歌詞は,
旦那の作る難解な映像美世界の影響を受けてんじゃないか
と思えるくらいワケワカラン。
まあ「繰り返してきけばよくなってくるかも」という期待も込めて
しばらくローテーションしまっす。
20060614_ultra_blue






ULTRA BLUE Music ULTRA BLUE

アーティスト:宇多田ヒカル
販売元:東芝EMI
発売日:2006/06/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

HGUC MS-05B

買っちまった・・・
先日,東京から引き上げてきた際に押し入れ整理したら
ダンボール10箱以上の積みプラがあるのに愕然とした
のに・・・。
まっ,仕方ない。作りゃいいんですよ。作りゃ。(←懲りない香具師)
製品はガデム艦長仕様なので,一緒に買ってきた
「ガンダムカラー・三連星ドム用」を使って,三連星ザクⅠに
仕上げる予定。
ところで三連星のガイア機,06Rでは指揮官用アンテナついてたけど,
05Bではどうだったんだろうか・・・
20060614_hguc_zaku1 20060614_gcolor_dom






ちなみにザクⅠはアフィリエイト対象外のため,ライバル機紹介^_^;

HGUC ヅダ Toy HGUC ヅダ

販売元:バンダイ
発売日:2006/06/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

少年ジャンプ・2006年第28号

ブログ再開1発目ということで,厨房の頃から読んでいる少年ジャンプ
でもネタにしてみる。

今はただただ惰性で買っているのだが,それでも時代時代におもしろい
漫画がでてくるので続いているんやと思う。

「アイシールド21」,いつも楽しく読ませて頂いてます。今週は「ナルト」
よかった。20060613_weeklyjump_2006no28





週刊少年ジャンプ公式サイト http://jump.shueisha.co.jp/home.html

アイシールド21公式サイト http://www.eyeshield21.com/

アイシールド21 19 (19) Book アイシールド21 19 (19)

著者:稲垣 理一郎
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年7月 »